1. ウォーターサーバーのアクアクララTOP
  2. ウォーターサーバーの辞典
  3. ウォーターサーバー選びのポイント! 天然水とRO水の違いを徹底比較

ウォーターサーバー選びのポイント!
天然水とRO水の違いを徹底比較

ウォーターサーバーは、安全性やコストだけでなく、お水の「味」にもこだわって選びたいものです。同じお水でも、メーカーによって少しずつ味が異なりますが、種類が多過ぎてどれを選んだら良いか悩んでいる方も多いでしょう。
現在、国内で流通しているウォーターサーバーに使用されるお水の種類は、「天然水」と「RO 水」に大別されます。それぞれの特徴をあらかじめ把握し、自分に合ったお水を選んでいきましょう。

ウォーターサーバーにおける「お水」の違い

天然水、ピュアウォーター(純水)など、ウォーターサーバーに使用されるお水の名称には、実に様々なものがあります。これら全てのお水を、成分とろ過の仕方の特徴によって大別すると、「天然水」と「RO 水」の2種類に分けることができます。

天然水

特定の水源を源水としたお水を総称して、「天然水」と呼んでいます。水源によって、お水に含まれるミネラル分(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)の含有量が異なり、それによってお水の味にも特徴が現れます。自然のミネラル成分を逃さず摂取できるよう、不純物を取り除くろ過処理も必要最低限のみ。また、メーカーによっては紫外線照射による雑菌処理を行わないものもあり、あくまでも「天然」にこだわったお水と言えるでしょう。

「天然」であるがゆえの不安もあるため注意が必要です。たとえば、環境省が清澄な水を再発見して選定する「平成の名水百選」の選定要件には、「飲用できるか」が含まれていません。
つまり、水質や水源周辺の環境は優れていても、飲料水としての適正は評価に含まれていないため、飲料水としては必ずしも安全ではないと考えることができます。 また天然水は、水源周辺で災害や土壌汚染が発生すると、源水を採水できなくなる、または飲み水に適さない水質になってしまうケースがあるため、ウォーターサーバー用のお水として継続的に確保できない可能性があります。

また、厳密には沈殿、ろ過、加熱殺菌以外のUV殺菌などの処理をしたものは、ナチュラルウォーターではなくなるので、ボトルの水がナチュラルウォーターであってもウォーターサーバー内部でUV(紫外線)殺菌しているものは、ナチュラルウォーターとは言えません。

天然水(ミネラルウォーター類)それぞれの品質表示に関する規定は、下記に記載する内容となります。

・ナチュラルウォーター
特定の水源から採水した地下水を厳水 として、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の物理的、科学的処理を行わないもの。
・ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターの中でも、鉱化された地下水(地表から浸透し、移動、もしくは、滞留中に無機塩類が溶解した地下水)を原水としたもの。
・ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、ミネラルの調整やばっ気 、複数水源のナチュラルミネラルウォーターを混ぜたもの。
・飲料水、ボトルウォーター
ナチュラルウォーターやナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター以外のもの。

RO水

水道水や地下水などを源水 とし、RO膜(逆浸透膜)と呼ばれる特殊なフィルターを介し、限りなく不純物をゼロにまでろ過したお水を「RO 水」と呼んでいます。RO膜(逆浸透膜)は、ウィルスなどの汚染物質、不純物などを完全除去することができます。

この時、お水の味わいを左右するミネラル成分も一緒に除去するため、ろ過後は味の低下に繋がり、後味のキレが悪くなります。そのため、ウォーターサーバー用のお水として流通しているRO水は、カルシウムなどのミネラル成分などをバランスよく加えておいしさを作り上げています。

市販されるミネラルウォーターのうち、殺菌や除菌を施したものは検査項目が全39項目、殺菌や除菌を施していないものは全14項目となっています。(*1)一方、RO水に用いられる主な原水の検査項目は全51項目。より厳しい基準をクリアしたRO水が、優れた品質であることが裏付けられます。

またRO 水は、厚生労働省が食品、添加物等の規格基準で定める「食品製造用水(旧・飲用適の水)」を使用しており、さらにそれをろ過して不純物を除去しているため、非常に高い安全性を保持することができます。

天然水とRO 水でボトル方式にも違いが出る

ウォーターサーバーに使用するお水を充填する容器には、一度空になった容器を資源ゴミとして廃棄する「ワンウェイボトル方式」を採用したボトルと、空になると回収、洗浄し再利用を行う「リターナブルボトル方式」を採用したボトルの2種類があります。

このうち、天然水は「ワンウェイボトル方式」を採用するメーカーが大半を占めます。ワンウェイボトル方式では、お水が空になれば廃棄することができます。ただし、段ボールやプラスチック容器で分別する必要があるメーカーもあったり、ゴミ出しができる日まで、ある程度自宅で保管しなければなりません。

一方、リターナブルボトル方式は、RO 水に多く採用されています。ゴミとして廃棄しない分、環境に優しい方式と言えます。こちらも同様に、空の容器の保管が必要となりますが、ゴミ出しなどの必要はなく、業者が回収をしてくれるので、手間がかかりません。
また、アクアクララでは、ボトル専用の収納ラックやボトルを重ね置きするための専用スタッカーなどの取り扱いもあるので、このようなサービスも活用すると保管時の整理整頓も簡単にできるでしょう。

赤ちゃんからお年寄りまで、いつでも手軽においしいお水が飲めるウォーターサーバーを導入する際は、ウォーターサーバーの性能はもちろんのこと、お水の味や安全性についても配慮しながら選ぶことが大切です。事前に試飲できない場合は、上記の内容を参考に比較、検討してください。

参考:
【PDF】 平成26年12月22日 食安発1222第1号「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令及び食品、添加物等の規格基準の一部改正について」
【PDF】平成26年12月22日 食安発1222第4号「清涼飲料水等の規格基準の一部改正に係る試験法について」

ウォーターサーバーのお申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop