1. ウォーターサーバー・宅配水
  2. ウォーターサーバーの辞典
  3. ウォーターサーバーの気になる疑問。下置きと上置きの違いとは

ウォーターサーバーの気になる疑問。
下置きと上置きの違いとは

ウォーターサーバーは、お水が入ったボトルを本体下部に設置する下置きタイプと、本体上部に設置する上置きタイプの二種類に分けられます。ウォーターサーバーを設置する際は、それぞれのメリット、デメリットをよく把握しておくことが大切です。各メーカー(ブランド)の Webサイトなどを参考にしながら、用途やライフスタイルに合ったタイプを選ぶようにしましょう。

ボトルが下置きタイプのウォーターサーバー

まずは、下置きタイプのウォーターサーバーの特徴やメリット、デメリットをチェックしましょう。

特徴

下置きタイプのウォーターサーバーは、お水が入ったボトルを本体下部にあるボトルトレイに収納する仕組みになっています。ボトルをセットすると、自動でモーターが本体内部にあるタンクに汲み上げられます。ボトルが外から見えないため、全体的にスッキリとした見た目のものが多く、インテリアのひとつとして設置できます。

メリット

下置きタイプのウォーターサーバーを選ぶ最大のメリットは、ボトル交換時の手軽さです。ボトルを持ち上げることなくサーバーに収納できるため、女性やお年寄りも安全にボトルを交換することができます。最近では、キャスター付きのボトルバスケットなども登場しています。

デメリット

ボトル容器が見えないようになっている製品が多く、スッキリとした見た目となりますが、ウォーターサーバー本体の大きさは、ボトルが上置きタイプのウォーターサーバーと比較すると大きくなり場所をとってしまうケースもあります。

また、汲み上げるポンプの音も上置きタイプのウォーターサーバーと比べると大きく、設置する場所によっては音や振動が周囲に伝わってしまう場合があります。一般的に約60dBほど(掃除機の音やトイレの洗浄音と同等の大きさ)の音となることが多いようです。

お水の設置する際は、ボトルを持ち上げる必要がないため、力がない方に向いていますが、ボトルをサーバーに設置(差込み)に手間がかかる製品が多く、かがんでいる時間が長くなってしまうため、腰への負担がかかってしまう可能性があります。 その他、設置(差込み)がうまくできなくて、水漏れなどのトラブルに繋がってしまうこともあるようです。

また、お水を本体下部から汲み上げる電動ポンプ機能が不可欠となるため、停電時の利用が制限されてしまうデメリットがあります。万が一、停電になった場合は、あらかじめタンクに汲み上げてあったお水がなくなり次第、飲むことができなくなります。

ボトルが上置きタイプのウォーターサーバー

次に、上置きタイプのウォーターサーバーの特徴やメリット、デメリットを見ていきましょう。

特徴

上置きタイプのウォーターサーバーは、本体上部にお水が入ったボトルを挿入する仕組みになっています。フォーセット(蛇口)を操作すると、お水の重み(重力)によってお水が流れ出るシンプルな構造のものが多いです。ウォーターサーバーと言えば、このタイプをイメージされる方も多いのではないでしょうか。

メリット

災害時にも利用できるかどうかは、ウォーターサーバーを選ぶ際の重要なポイントです。下置きタイプの場合は、上述したように停電になるとあらかじめタンク内に汲み上げてあったお水がなくなり次第、注げなくなってしまいます。上置きの場合、電子制御を用いないウォーターサーバーもあるので、停電をしてしまっても、常温での利用し続けることができ、災害時の備蓄水としても使用することができます。

また、ボトル交換時にボトル差し込み箇所の状態を確認しやすい点も見逃せないポイントのひとつです。ボトル挿入口に汚れが付着した状態で使い続けると、カビ繁殖の原因となってしまいますが、上置きタイプならお手入れがしやすいので、常に清潔な状態に保てます。

この他にも、お水を注ぐたびにどれくらい減ったのかをすぐに確認できるメリットがあります。ボトル交換のタイミングを逃すことがないため、「気が付いたらお水がなくなっていた……」といった心配もありません。

デメリット

ウォーターサーバーは床に設置する床置きタイプと、テーブルなどに置く卓上タイプに分かれます。たとえば、床置きタイプのウォーターサーバーに、12Lのボトルを挿入するとなると、ボトルをいったん腰の高さに持ち上げてから、さらに肩の高さくらいまでボトルを持ち上げなければいけません。女性やお年寄りがタンクの交換を行う際は、十分な配慮が必要です。特に、ワンウェイボトル方式のボトルには、持ち上げる際に使用する取っ手がついていないため、注意が必要となります。対して、リターナルボトルの場合、持ち上げる際に使用する取っ手がついているタイプなどがあるので、ボトルの利便性なども考慮してみてください。
アクアクララでは、7Lの取っ手付き軽量ボトル軽量タイプのボトルなどもあるので、重さが気になる方も安心してご使用いただくことができます。

ウォーターサーバーは、本体に搭載される機能やお水の味だけではなく、ボトルの交換方法についても理解した上で選ぶことが大切です。上置きタイプを選ぶ場合は、コンパクトで持ちやすいサイズのボトルも取り扱っているかどうかチェックしておくと良いでしょう。

ウォーターサーバーのお申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop