ウォーターサーバーで味わうことができる
RO水の魅力に迫る!

「RO膜(逆浸透膜)」と呼ばれる特殊なフィルターを用い、水道水などに含まれる雑菌や不純物をほぼ完全に除去したお水を「RO水」と呼びます。RO水は、同じくウォーターサーバーで使用される天然水と比べ、家族の健康を守るための万全な配慮がなされた、安全性に優れたお水です。ここでは、RO水とは一体どのようなお水なのか、RO水ならではの魅力を存分に紹介します。

RO水とはどのようなお水なのか

RO水を作る際に用いられる「RO膜」。「逆浸透膜(Reverse Osmosis)」の頭文字をとってそう呼ばれています。0.0001ミクロンの超微細孔を特徴とするRO膜は、数あるろ過膜の中でも、最も高いろ過性能を有しており、その性能は海水の塩分をも透過させません。RO膜で仕切られた容器に注いだお水に高い圧力をかけると、RO膜を介して、不純物を除いた「純水に近いお水(H2O)」のみを抽出することができます。

RO水を作る技術は、元々1950年代のアメリカで開発されたと言われます。将来予測される水不足に備え、ほぼ無限に採取できる海水を飲料水に変えることを実現したこのシステムは、NASAのスペースシャトルでも採用されています。医薬品開発分野や、半導体製造分野など幅広い分野でも欠かせないものとなっており、その安全性や信頼性の高さが伺えます。

RO水と天然水の決定的な違い

ウォーターサーバーに使用されるお水には、主にRO水と天然水の二種類があります。天然水は、地層から湧き出た天然ミネラル成分が含まれおり、天然由来のものを好む方に選ばれる傾向があるでしょう。しかしながら、天然水の場合、災害などが発生し採水地に影響があると、採水できる量が激減してしまったり、農薬や化学物質などによって、環境(土壌)汚染が起こり地下水も汚染を受ける場合もあります。

その点RO水は、採水地に限らず常に同じ品質のお水を作ることができるため、万が一、災害が発生しても供給がストップする心配はありません。

RO水にまつわる放射能問題

「RO水」と表示されているお水でも、品質はそれぞれ異なります。中でも、アクアクララのウォーターサーバーで使用されるRO水は、厚生労働省の規格 で定められた「食品製造用水(旧:飲用適の水)の基準を適したもの、また水道法によって定められた51 項目以上の水質基準を満たした原水を使用しており、安全なお水です。

また、近年その影響が問題視されている放射能による汚染についても、安全性に十分配慮しています。「独立行政法人 放射線医学総合研究所」より、放射性ヨウ素(I-131)を除去するには、RO膜によるろ過が唯一有効な手段であると発表されています。

さらにアクアクララでは、外部検査機関による放射性物質検出検査を定期的に実施しています。その安全性はWebサイトに公開されており、小さなお子さんがいるご家庭でも安心してご利用いただけます。

アクアクララのウォーターサーバーで使われるお水は、安全性の高いRO水に現代人に必要な4種類のミネラル成分(カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム)を加えたデザインウォーターです。お水の硬度は、日本人の口に馴染みやすい軟水に設定されているので、飲料水はもちろん料理にも大活躍です。放射能汚染の心配もなく、赤ちゃんの粉ミルク作りにも安心してご利用いただけます。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop