1. ウォーターサーバーのアクアクララTOP
  2. ウォーターサーバーの辞典
  3. sここさえ押さえれば失敗しない! ウォーターサーバーの上手な選び方

ここさえ押さえれば失敗しない!
ウォーターサーバーの上手な選び方

ウォーターサーバーを選ぶ際、最も重視すべきポイントをご存知でしょうか。水質、料金、ウォーターサーバーの機能、ウォーターボトルの種類など、用途や目的によってチェックポイントは異なるかもしれませんが、いずれにせよ長く安心して使えるメーカーを選ぶことが大切です。最近では、インターネットでも多くの情報が得られるようになっていますが、悩んだ時は、無料お試しサービスや店頭試飲などで、メーカーごとの特徴を比較してみるのもおすすめです。ここでは、ウォーターサーバーを選ぶ際に、押さえておきたいポイントをいくつか紹介します。

ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーを選ぶ際は、以下のポイントをチェックするようにしましょう。

お水を選ぶ

ウォーターサーバーに使われるお水には、特定の水源から採水されたお水を原水とした「天然水」と、RO膜(逆浸透膜)と呼ばれる特殊なフィルターを使って不純物を除去した「RO水」の二種類があります。このうち天然水は、天然のミネラル成分をお水と一緒に摂取できることから、天然由来のものを好む方に根強い人気があります。

一方、RO水は水道水に含まれる塩素や重金属類はもちろんのこと、ごく微少な環境ホルモンや放射性物質なども逃さず除去した「限りなく純水に近いお水」です。この「限りなく純水に近いお水」に、おいしさとなるミネラルをバランス良く添加したお水(デザインウォーター)が、ウォーターサーバーのお水として販売されています。土壌汚染の影響を受けやすく最低限のろ過、加熱処理しかされない天然水に比べ圧倒的に安全性が高いため、赤ちゃんが飲むミルク作りにも安心して利用できます。

ボトルで選ぶ

ウォーターサーバーに使うウォーターボトルには、1回で使い切るタイプの「ワンウェイボトル方式」と、再利用可能な「リターナブルボトル方式」の二種類があります。このうちワンウェイボトル方式は、市販されるペットボトル飲料と同じ感覚で利用できます。お水がなくなったら各家庭で処分するため、空ボトルや梱包材(段ボールなど)の廃棄の際に手間がかかるものの、次の配達までお水の置き場所に困ることがありません。

リターナブルボトル方式では、ガロンボトルと呼ばれる半透明のボトルにお水が満たされた状態で配達されます。お水が空になったら、次の配達時に業者に回収してもらいます。その後、工場で洗浄、殺菌し再利用されるため、ゴミが出ず環境に優しい方式と言えるでしょう。また、外側からボトル内のお水の残量が確認しやすいのも特長です。ただリターナブルボトル方式で心配されるのが、ボトルの保管場所です。たしかにお部屋のスペースを圧迫しがちですが、重ねて保管できるタイプもあります。

ウォーターサーバーの形式で選ぶ

ウォーターサーバーには、ボトルの設置位置により「ボトルが上置きタイプ」、「ボトルが下置きタイプ」の二種類があります。上置きタイプは、ウォーターボトルをウォーターサーバーの上端に挿入し、重力の力でお水をタンクに注入する仕組みになっています。また、ボトルを設置する部分にフタがついていないウォーターサーバーであれば、お水が減っていく様子もすぐに確認でき、交換のタイミングも逃しません。また、注水には電力を必要としないウォーターサーバーもあり、停電時にもお水を注ぐことができます。

一方下置きタイプは、ウォーターサーバーの下部にある扉を開き、そこからウォーターボトルを挿入するタイプです。ウォーターボトルを床面から持ち上げる必要がないため、女性やご高齢の方も安心して使用できます。ただし、置きタイプと比較してお水のセット方法が複雑なため、設置に時間がかかってしまったり、 うまくセットできない場合水漏れが発生するケースもあるようです。また、注水に電子制御を用いているため、停電時に使用できなくなってしまうデメリットもあります。

要望に合った機能、サポート体制のメーカーを選択する

ウォーターサーバーを選ぶ際は、用途や目的に合わせて決めることが大切です。以下でよくある要望をいくつか紹介します。

より衛生面に気を付けたい

カビなどの雑菌繁殖が心配な場合は、抗菌、除菌機能を搭載したウォーターサーバーを選択しましょう。また、定期メンテナンスを行っているメーカーなら、安心してウォーターサーバーを利用できます。一般社団法人日本宅配水&サーバー協会(JDSA)も、衛生面、安全面の観点から定期的なメンテナンスを推奨しています。

赤ちゃんや子どもがいる

ウォーターサーバーにチャイルドロック機能が搭載されているでしょうか? 赤ちゃんや子どもが誤ってフォーセット(蛇口)に触れ火傷をする事故が多発しているため、事前に確認するようにしましょう。

置き場所に悩んでしまう

ウォーターサーバーには、床に直接設置する床置きタイプと、棚やテーブルなどに設置する卓上タイプの二種類があります。ウォーターサーバーを置くスペースの確保が難しい場合は、卓上タイプを選択しましょう。

メーカーではなかなか教えてくれない、ウォーターサーバー選びの注意点

大手口コミサイトやQ&Aサイトなどにある、ウォーターサーバー利用者の失敗談などから、メーカーが説明したがらないウォーターサーバー選びの注意点をそれぞれのポイントごとにご紹介します。

解約金・退会手数料

店頭催事などで、長期期間(2~3年)しばりなどの事前説明がなく、契約をしてしまいトラブルになるケースが多いようです。主に、ワンウェイボトル方式のウォーターサーバーメーカーにてこのようなケースが多いようです。解約金・退会手数料に関しては、販売スタッフには、必ず確認するようにしましょう。

ボトルの注文ノルマ

主に、ワンウェイボトル方式のウォーターサーバーのメーカーの中には、ボトルの注文ノルマ未達の場合、無料と謳っていたサーバーレンタル料金が有料になってしまうケースも多いようです。
解約金・退会手数料と同様に、トラブルにならないよう、販売スタッフに必ず説明を求めるようにしましょう。

ウォーターサーバーの設置・撤去

ウォーターサーバーの設置や撤去をメーカー側がする場合と、自分自身(お客様)で行う場合があります。機械類が苦手な方はもちろん、ウォーターサーバーは本体などで20kg以上の重量にもなり、一人で設置することは、難しいでしょう。

設置・撤去の専門スタッフがいるメーカーの場合、専門のスタッフが責任を持って対応してくれるので、安心してウォーターサーバーを購入することができます。
ウォーターサーバーの設置、撤去をする時のことも考えて、メーカーのサポート体制も事前に確認をしておくとよいでしょう。

故障などのトラブル対応

主に、宅配会社に配送を委託しているメーカーの場合、専門のスタッフがいないため、ウォーターサーバーの故障や水漏れが発生した際は基本的に電話でのサポートのみとなります。しかしながら、ウォーターサーバーで発生するトラブルの中には、水漏れなど、早急に対処しなければならないケースもあります。口コミを見ると、サポート体制が整っていないメーカーの場合、数日間も放置されてしまった事例もあるようです。 トラブル発生時のサポート体制も事前に確認しておく必要があるでしょう。

初めてウォーターサーバーの設置を検討する際は、どのメーカーを選んだら良いか悩みがちです。長く安心して使い続けることができるメーカーを選ぶためにも、ここで紹介したポイントを参考にご検討ください。

ウォーターサーバーのお申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop