ウォーターサーバーのメリットと
デメリットをご紹介します!

水道水よりも断然おいしく、ペットボトルのお水を購入する手間も省けることから、オフィスだけではなく、自宅でもウォーターサーバーを利用したいと考える方が増えています。一方、ウォーターサーバーの設置場所や価格(コスト)面の不安から、契約に踏み切れないでいる方も少なくないはずです。ウォーターサーバーを利用する際は、そのメリットとデメリットをよく検討した上で契約するようにしましょう。

ウォーターサーバーを設置するメリット

まず、ウォーターサーバーを利用するメリットをいくつか見ていきましょう。

水道水では味わえないお水を飲める

ウォーターサーバーのお水は、残留塩素などの混入が心配される水道水はもちろんのこと、市販されるペットボトルのお水のおいしさと明らかな違いがあります。ウォーターサーバーには、お水をいつでも新鮮かつ衛生的な状態で飲むための工夫が施されているため、工場で出荷された時の状態をそのまま味わうことができます。

中でも、RO水を採用するメーカーのウォーターサーバーは、赤ちゃんのいるご家庭でも安心して利用できるとして、高い支持を受けています。RO水は、水道水あるいは天然水に含まれる不純物をほぼ完全に除去した「純水に近いお水」。実際にご家庭に供給される際は、ミネラル成分を加え飲みやすい味に調整されるため、安全でおいしいお水をいつも飲むことができます。

冷水・温水をいつでも飲むことができる

冷水・温水機能を搭載したウォーターサーバーがあれば、いつでも手軽にお茶やコーヒーを飲むことができます。ペットボトルのお水をやかんや電気ケトルに入れて沸騰させる手間が省けるので、朝の忙しい時間にも大活躍です。

玄関先までお水を配達してくれる

ペットボトルのお水は、ストックがなくなる度に買い出しに行かなければならず、女性や車を運転しない人にとっては大変な負担になります。その点、ウォーターサーバーで使うお水は、メーカーから配達されるシステムになっているため、お水を買う、運ぶ手間を省くことができます。

災害時も安心

万が一、災害時に水道水の供給がストップしてしまった場合にも、ウォーターサーバーのお水があれば、水道水の復旧を待つことなく飲料水を確保できます。また災害時は、ペットボトルのお水もあっという間に売り切れてしまう可能性があるため、備蓄水としてウォーターサーバーのお水をストックしておくと慌てずに済みます。

ウォーターサーバーを設置するデメリット

一方、ウォーターサーバーを導入することでいくつかの懸念点もあります。しっかりと理解しておきましょう。

ランニングコストがかかる

ウォーターサーバーを導入すると、お水の ボトルとウォーターサーバーレンタル料金に加え、ウォーターサーバーを稼働させるために必要な電気代を毎月負担するようになります。
たとえば、1ヶ月あたり、12L入りのボトルを4本使用する場合、電気代やサーバー代、ボトル代など、すべてのランニングコストを合計するとは、6,000円前後の費用がかかり、ペットボトルのお水を購入するよりも、どうしても割高になってしまいます。

定期的なメンテナンスが必要

ウォーターサーバーの機能が充実していても、メンテナンスを怠ると、安心、安全にウォーターサーバーを使用することができなくなります。普段行うお手入れはもちろんのこと、専門業者にも定期メンテナンスを依頼するとよいでしょう。アクアクララであれば、定期的にスタッフによるメンテナンスを受けることができるので大変便利です。

設置場所の確保が必要

ウォーターサーバーは、おおむね「A4サイズのノートが2冊おけるスペースと電源があれば設置可能」と言われているものの、高さもあるためお部屋のスペースを圧迫する要素となりがちです。ご自宅の環境に合わせ、卓上タイプのウォーターサーバーを選択する方法もあります。

ウォーターサーバーの最大の魅力は、水道水では決して味わうことのできないおいしいお水を毎日手軽に味わえる点にあります。また、最近のウォーターサーバーは、機能面、サポート面ともに進化しており、十分なほどのメリットを得られるでしょう。ぜひ一度、ウォーターサーバーの魅力を体験してみてはいかがでしょうか。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop