ウォーターサーバーの電気代って
どのくらいかかるの?

いつでも程良い温度の冷水・温水を楽しめるとして、家庭でも普及が進むウォーターサーバー。導入を検討しているご家庭も少なくないかもしれませんが、月々の利用料金が家計を圧迫しないかどうかが悩みどころではないでしょうか。中でも、特に心配されるのが電気代です。ウォーターサーバーを使い続けている間は、必ず電力を必要とします。一体、どのくらいの電気代がかかるものなのでしょうか? 以下で詳しく見ていきましょう。

ウォーターサーバーの気になるコスト「電気代」

ウォーターサーバーの種類によって、1日または1ヶ月に消費する電力が異なります。もちろん、使用環境によって若干の差は生じますが、比較的多くの電力を消費するタイプで「約1,000円/月」ほど、消費電力が少ないタイプで「約500円/月」が大体の目安です。

ウォーターサーバー内部に熱湯を循環させて、汚れや雑菌を除去する機能(オートクリーン機能)が搭載されているタイプはUV(紫外線)除菌タイプや抗菌材タイプと比較して、より電力を消費する傾向があります。

ウォーターサーバーの電気代って高いの?

電気ポットに比べて、一度に大量のお湯を使えるウォーターサーバーですが、それだけ電力を消費するイメージも否めません。ところが実際には、電気ポットとウォーターサーバーでは、1ヶ月に消費する電力量はほぼ変わらず、電気代もほぼ同じであると言われています。
たとえば、標準的なサイズ(2.2L)の電気ポットで1日2回お湯を満タンの状態で沸騰させ、それ以外の時間を保温モードにしておく場合、1日の電気代は約30円前後(1ヶ月約900円)になります。

一方、ウォーターサーバーの場合、常に短時間でお湯を沸かせるよう水温が一定に保たれているため、「冷水を一から沸かす」場合よりも少ない電力でお湯を沸かすことができます。そのため、多くの電力を消費するタイプでも1ヶ月にかかる電気代は、1,000円程度。電気ポットとほとんど変わらない電気代で冷水と温水を両方使える点を考慮すれば、ウォーターサーバーにかかる電気代は、決して割高ではないことがわかります。

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法ってある?

最後に、ウォーターサーバーの電気代を節約する方法を紹介します。

省エネタイプのウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーを設置したいけれど、できるだけ電気代は安く抑えたい方には、独自の電子制御機能を搭載したアクアアドバンスがおすすめです。アクアアドバンスでは、従来品の約1/3まで消費電力量をカットすることを実現。年間の電気代を最大7,800円ほど節約できます。

電源を切らない

電源を切ってしまうと、クリーン機能が停止してしまい雑菌が繁殖する可能性があるので、常にコンセントを繋いだままにしておくのが原則です。また、一からお湯を沸かさなければいけなくなるため、電気代が通常より高くなってしまいます。

ウォーターサーバーは電気代がかかるというイメージが強く、電気ポットを使用するご家庭もあるかもしれませんが、実際に使ってみると、その差はあまり感じられないという声も多く聞かれます。安全性や利便性など、様々なメリットが得られるウォーターサーバーは、一度使い始めたら手放せないものとなるはずです。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop