水あたりの原因と対処

水あたりの原因と対処

「水あたりで下痢になった」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、水にあたるとは具体的にどのような原因で、どんな症状が起きるのでしょうか。衛生状態が悪いお水を飲んだので下痢になるというのは何となくイメージされると思いますが、原因は実はそれ以外にも……。ここでは水あたりの症状や原因、予防策などについてご紹介します。

水あたりとは

水あたりは、お腹をこわすのと似たような状態で、下痢や軟便、嘔吐などの症状が現れます。一般的な下痢の症状である腹痛や不快感、倦怠感なども水あたりの症状として見られます。お水の性質が合わないなどが原因である場合、合わないお水を飲まないようにすれば改善しますが、合わないお水を飲み続けた場合や、雑菌に汚染されたお水を飲んでしまった場合は、なかなか症状が改善されない場合もあります。

水あたりの原因

水あたりの原因としては、以下のようなお水を飲むことが考えられます。

細菌やウイルスに汚染されたお水

食中毒と同じような状態で、症状がひどく、重篤化する場合もあります。病原性大腸菌や寄生虫、ノロウイルスなどが代表的ですが、特に衛生面が悪い発展途上国などで、生水や水道水を飲むと感染するリスクが高まります。海外旅行先ではミネラルウォーターや沸騰させたお水を飲むようにしましょう。

ミネラルが多い硬水

お水はミネラル分の含有量によって軟水と硬水にわかれています。日本のお水はミネラル分が少ない軟水ですが、ヨーロッパなどのお水はミネラル分が多い硬水であることが多いです。私たち日本人は軟水に慣れてしまっているため、急に硬水を飲んでしまうと、胃腸がびっくりして対応できず、下痢になってしまうことがあります。

冷たいお水

冷たいお水を飲み過ぎた場合、胃腸機能が一時的に低下してしまうため、下痢になったり腹痛を起こしたりします。しかし、症状は一過性で、すぐに改善される場合が多いようです。

水あたりになってしまった場合の対処

水あたりになってしまったら、その原因であるお水を特定して飲まないようにすることが大切です。海外であれば飲み物に使われている氷や、生野菜を洗ったお水なども考えられますので、ジュースやサラダなどにも要注意です。
また下痢による脱水症状に注意しなければなりませんので、塩分を含んだ水分補給も忘れてはいけません。海外であれば軟水のミネラルウォーターや、お水で薄めたスポーツドリンクもよいでしょう。冷たいお水は胃腸を刺激してしまうため、温かいお水を飲むようにしましょう。
症状がひどい場合は、細菌やウイルスによる中毒症状の場合も考えられるので、ためらわずに病院へ行くようにしてください。

水あたりしないためには、安全なお水を

日本国内でも海外のミネラルウォーターは販売しており、種類によって硬水の場合もあるので注意しましょう。日本の水道水は安全ですが、場所によっては塩素臭が気になって、なかなかそのまま飲むのは大変という方もいらっしゃいますよね。
これを機会に多量なミネラルを含まず、塩素もろ過されたアクアクララのお水を試してみてはいかがでしょうか。普段の水分補給はもちろん、コーヒーやお茶を淹れてもおいしくいただくことができます。安全で水あたりの心配もないアクアクララのお水を飲んで健康な毎日を過ごしましょう。

このように水あたりは海外だけでなく、冷たいお水の飲み過ぎや硬水のミネラルウォーターを飲むことによっても起こる場合があります。安全で飲み慣れたお水を無理なく補給することが大切と言えるでしょう。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop