お水は腐る? 長持ちさせる飲料水の保存方法

お水は腐る? 長持ちさせる飲料水の保存方法

自然災害などでライフラインが寸断された時に備え、普段から備蓄水を確保する家庭や企業が増えています。ところが、長期間に渡り誤った方法で保管しているとお水に含まれる不純物を介して細菌が繁殖し、それを飲むことで下痢や嘔吐などを引き起こす恐れがあるため、日頃から十分に注意しておかなければなりません。ここでは、ペットボトルなどの容器に入ったお水が変質する理由と、飲料水として長持ちさせる方法について説明します。

お水は腐る?

水道水は、細菌の繁殖を防ぐために塩素による殺菌・消毒が施されていますが、コップに入れて数日間放置すると残留していた塩素の効果が徐々に薄れていきます。すると、空気中に浮かぶ微生物や細菌が入り込み、水道水に含まれていたミネラル分などの不純物をエサに繁殖していきます。これが「腐敗」の始まりです。繁殖がさらに進むとお水が濁りはじめ、さらには悪臭を放つようになります。

ペットボトルに入れた水道水を長持ちさせる方法

ペットボトルを清潔にする

ボトルの中はもちろんのこと、蓋の周りや内側も清潔な状態でお水を注ぐようにします。一度口を付けたものや十分に洗浄・乾燥させていないものを使用すると、あっという間に腐敗が進んでしまいます。また、何度も繰り返し洗って再利用しているものは、内側に水垢が貯まりやすくなるため、定期的に取り換える方が安心です。

煮沸や浄水処理を行わない

水道水を細菌や微生物から守る塩素は、煮沸や浄水器で、ほぼ完全に除去されてしまいます。塩素を除去したお水は、雑菌が繁殖しやすいので、清潔な容器に入れて保管することが大切です。

未開封のウォーターボトルの保存方法

市販されているミネラルウォーターなどは、十分な殺菌処置が成され、空気に触れないようしっかりと密閉されているため、簡単に腐敗するものではありません。また、ペットボトル自体に空気中の酸素のみを通す性質があり、長期間保存することができます。ただし、以下の2点に注意して保存する必要があります。

保存方法を守る

保存方法は、ミネラルウォーターの包装ラベルなどに記載されています。記載された内容に従って保管しましょう。未開封であれば賞味期限内で保存が可能ですが、一旦開封しますと賞味期限内の保管はできなくなりますので、できるかぎり早めに飲みましょう。
また直射日光や高温の場所で保管しますと、ミネラルウォーターの風味を損なってしまう恐れがありますので注意が必要です。

開封後はできるだけ早く飲む

どんなに殺菌されたお水でも、一度開封してしまうと、空気中に浮遊する細菌や微生物がわずかな隙間から混入し、水質が悪くなっていきます。そのため、開封後はできるだけ早く飲みきることが大切です。

容器に入れたお水を長持ちさせるには、お水の種類にかかわらず容器を清潔に保ち、できるだけ空気に触れさせないよう密閉し、水温を上昇させないよう冷暗所で保存することが重要です。アクアクララのウォーターボトルは、未開封の状態であれば製造日から180日間が賞味期限です。毎日の飲み水としてはもちろんのこと、備蓄水としても安心して保存できます。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop