愛犬、愛猫も脱水症状に注意

愛犬、愛猫も脱水症状に注意

人間に水分補給が欠かせないのと同じように、犬や猫にとっても日々の水分補給はとても重要です。夏の猛暑日はもちろん、冬場の暖房が効きすぎた室内でも、小さな犬や猫にとっては脱水症状を引き起こす恐れがあります。小さな家族の命を守るためにも、犬や猫への水分補給について正しい知識を身につけておきましょう。

犬、猫の脱水時の症状

犬や猫の体は、約60%が水分です。人間は普段の食事で水分をある程度摂取することができますが、犬や猫のドライフードに含まれている水分はわずか約10%。そのためエサとは別に、1日に必要な水分量を把握して与えなければなりません。1日に必要な水分量は、犬の場合40~60ml/kg、猫の場合で20~45ml/kgがおおよその目安になります。

もし犬や猫が脱水状態になった場合、どのような症状が見られるのでしょうか。

皮膚の弾力が失われる

背中の皮膚をつまんでみましょう。正常な場合はすぐにもとに戻りますが、脱水症状を起こしている場合には皮膚の弾力が失われているため、戻りが悪くなります。

歯茎の状態をチェック

犬や猫の歯茎を指で押さえてみましょう。押さえた部分が白くなり、すぐにピンク色に戻った場合は正常ですが、戻るのに時間がかかる場合には脱水症状が疑われます。

目や口の粘膜をチェック

目や口の粘膜がネバネバしていたり、乾燥している場合には脱水症状の可能性もあります。

犬、猫が脱水症状になる原因

犬や猫の脱水症状を引き起こす原因にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、夏場特に多いのが熱中症による脱水症状です。全身を毛皮に覆われている犬や猫は人間のように汗をかくことで体温調節をすることができません。そのため夏の暑い日はもちろん、冬場の暖房が効きすぎた室内でも熱中症による脱水症状に注意が必要です。

また、何らかの原因で下痢や食欲不振を起こしている場合も体内の電解質が一緒に失われ、脱水症状が起きやすいといわれています。脱水症状は病気のサインとして表れることもあるため、普段と様子が違う場合には早めのケアが必要です。

脱水症状になった時の対応

では、実際に愛犬や愛猫が脱水症状になった時には、どのように対応すればよいのでしょうか。

ポイントは「水分だけでなく、ミネラル分も一緒に与える」ということ。ミネラル分とは体内で生命維持のために必要なものであり、水中のナトリウムや塩化物はミネラル分となります。

自宅での応急処置としては、煮沸したお水1Lに砂糖40g、塩3gを加えて混ぜた「経口補水塩」を与えましょう。自分で飲める時にはそのまま与えますが、ぐったりして飲めない時にはスポイトや脱脂綿に含ませて飲ませるようにします。そして脱水症状は最悪の場合、死に至る恐れもありますので、できるだけ早く病院へ連れて行くようにしましょう。

大切な家族の一員でもある愛犬や愛猫の緊急事態に備えて、脱水症状を起こした時の対処方法は覚えておくようにしましょう。アクアクララのお水は犬や猫が飲みやすい軟水ですので、安心して愛犬や愛猫に与えてあげてください。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop