おいしいご飯の炊き方

豊かな食生活の源であるおいしいご飯は、おいしい水がカギ。

おいしいお水でおいしいご飯

ご家庭でもできるおいしいご飯を炊くためのコツとは?

おいしいご飯の炊き方

日本人の食卓には欠かせない白米のご飯。どのご家庭でも、ほぼ毎日ご飯を炊くのではないでしょうか。
あまりにも食卓に並ぶのが当たり前になっていますが、ご飯がおいしいかどうかで、頑張って作ったおかずのおいしさの感じ方も変わってきてしまいます。
ご家庭でおいしいご飯を炊くためには、どんな事に注意すればいいのでしょうか?

炊くお米の計量は正確に!

ご飯を炊く時には専用の計量カップなどで、炊くお米の量を正確に計量しましょう。
ふっくらとおいしいご飯に炊きあげるために大切なのが水加減。米1合に対して水は1.1~1.2くらいの割合が基本ですが、米の量が目分量でいい加減だと、水加減もいい加減になってしまうので、おいしいご飯を炊きあげる事ができません。
1合は180ccの計量カップでちょうど1杯分、炊くとちょうどお茶碗2杯分程度です。3合なら約4人分の量になりますので、お米の量を調整する時の参考にしてみてください。

おいしいご飯を炊くにはおいしい水が大切!

ご飯を炊くというのは、米と水に熱を加えながら、米に水分を吸わせる作業です。そのため、おいしいお米を使うだけでなく、おいしい水でご飯を炊くという事が大切なのです。
できるだけ不純物のない軟水を使ってご飯を炊く事で、米の甘味や風味などがいっそう引き立ちます。
アクアクララは不純物が含まれない軟水のピュアウォーターなので、おいしいご飯を炊く時の最良のパートナーと言えます。
また、米は炊飯時だけでなく研いでいる時にも水分を吸いこんでいきますので、米を研ぐときの水もおいしい水を使うのが良いと言われています。

おいしいご飯の水加減

ふっくらとしたおいしいご飯を炊くためには、1合(180cc)の米に対して、水は200cc程度を目安にすると良いでしょう。
また研いだあとの米は、夏場なら30分~1時間、冬場なら1~2時間程度水に浸すと、炊き上がった米に芯が残りにくく、おいしくご飯が炊きあがります。米を水に浸す時の水温は米の新芽が出てくるくらいの温度、15℃くらいがもっとも良いと言われています。
また、気温・水温が高い方がより早く水を吸うために、夏場や暖房で暖かい部屋で米を水に浸す時には、冷蔵庫などに入れて浸水させるのが良いでしょう。 アクアクララのウォーターサーバーなら、お水の温度調整も簡単で便利です。
米に水を吸わせる時間は短すぎると炊きあがったご飯がふっくらしませんし、長すぎるとべたべたするご飯になってしまいます。
浸水させる時間は、炊きあがったご飯の好みの硬さによって多少の調整をしても問題ありませんが、できるだけ目安の時間通りに米の浸水をする事が、おいしいご飯を炊く秘訣です。

炊き上がったご飯をさらにおいしくするポイント

ご飯を炊いた炊飯器のふたの内側には、たくさんの細かい水滴が付着しています。この水滴をそのままにしておくと、水滴がご飯に落ちてその部分だけが水っぽいご飯になってしまいます。
ご飯が炊きあがったら、炊飯器のふたの内側の水滴をきれいにふき取っておきましょう。
また、炊き上がったご飯は、ご飯の中心から掘り起こすように混ぜ合わせましょう。これはご飯の余分な水分を取り除く効果と、ご飯の炊きむらを均一化する効果があります。
おいしい水でおいしいご飯を炊いて、毎日の食事をさらに楽しみましょう。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop