コーヒーのおいしい入れ方

ちょっとした手間とおいしいお水が、コーヒーを一層おいしくします。

不純物フリーのピュアウォーターでコーヒー本来の味わいを

ペーパードリップ式のコーヒーをおいしくするポイントとは?

コーヒーのおいしい入れ方

コーヒーを入れる方法はいくつかの方法がありますが、本格的なコーヒーを入れる一般的な方法は、ペーパーフィルターを使ったペーパードリップ式。誰でも本格的なコーヒーを入れる事ができますので、広く普及しています。
手軽に本格コーヒーが楽しめるのではいいのですが、どうやって入れたらコーヒーがおいしくなるのでしょうか?

おいしいコーヒーを入れる準備

まずは、ちょうど飲み頃の温度で抽出してコーヒーを楽しむために、ドリッパー(挽いたコーヒー豆を入れる器)やサーバー(抽出したコーヒーを溜めておく器)、カップなどの、必要な器具を温めておきましょう。
コーヒー豆には様々な種類があり、酸味が特に強い種類や苦みが強い種類など、その味わいも様々です。また、焙煎の度合いも8段階あり、浅煎り豆は酸味が強く、深煎り豆は苦みが強くなります。
コーヒー豆の種類、焙煎度合いはお好みのものを準備しましょう。
最後はやはりおいしい水です。雑味がない、コーヒー本来の味わいを楽しむには、コーヒーに最適なおいしい水を用意する事が大切です。
まず水の硬度は軟水がおすすめです。軟水の場合はコーヒー豆そのものの特徴が出やすくなると言われています。一方で硬水を使うと、マグネシウムなどのミネラル成分がコーヒーの主成分であるカフェインやタンニンの抽出を妨げると言われています。
水道水を使っても良いのですが、水道水のカルキ臭を抜いておかないと、コーヒーの風味が損なわれてしまいます。水道水のカルキ臭を取り除くには5分ほど沸騰させ続ける必要があり非常に手間がかかります。
アクアクララのウォーターサーバーを使えば、コーヒー本来の味わいを楽しむ事ができる不純物が含まれない軟水のピュアウォーターを手軽に用意する事ができます。

おいしいコーヒーを入れるポイント

おいしいコーヒーを入れるために、二つ大切なポイントがあります。まず一つ目は、コーヒーを入れる時に熱湯は使わないという事です。
お湯の温度が高いと、コーヒーの苦みが強くなってしまい、雑味の原因にもなりやすいのです。おいしいコーヒーを入れる時に最適な温度は80℃~90℃くらいが良いと言われています。
アクアクララのウォーターサーバーなら、温水は80℃~90℃(省エネ運転時を除く)。
まさにコーヒーをドリップする最適な温度のお湯が、サッとすぐに用意できる手軽さがあります。
二つ目はコーヒーの蒸らしを必ず行う事。サーバーに数滴お湯が落ちてくるくらいのお湯をドリッパーに注ぎ、30秒程度そのままの状態で蒸らします。この間にコーヒーに含まれたガス(二酸化炭素)が放出され、コーヒーとお湯が馴染みやすくなるのです。
アクアクララのウォーターサーバーを使って、本格的なコーヒーを手軽に楽しんでみませんか?

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop