おいしい日本茶の入れ方

おいしいお水がお茶の旨みを引き出します。

お茶の旨みや香りを引き出すには最適なお水選びを

渋みや香りをコントロールしておいしい日本茶を

おいしい日本茶の入れ方

日本茶はどこのご家庭でも馴染み深いお茶だと思いますが、濃くなって渋みが強くなってしまったり、思ったよりも香りが少なくなってしまったり、上手にいれるのは意外と難しいものです。
おいしい日本茶を入れるにはどうしたらよいのでしょうか?

日本茶に合った水の種類とは?

日本茶は香りを楽しむ事はもちろんですが、どちらかというと「旨み」を楽しむお茶だと言えます。
お茶の旨み成分の素はテアニンと呼ばれるアミノ酸で、カフェインの興奮作用を打ち消す効果があり、コーヒーなどのほかの飲み物で同量のカフェインを摂取した時に比べ、穏やかな興奮作用にとどまると言われています。
お茶の旨みを最大限に引き出すには、より旨みを引き出す事ができる軟水の方が適していると言われています。
硬水は、旨みよりも香りを引き立たせる効果がありますので、中国茶などの「香り」を楽しむお茶には、硬度が高めの水の方が相性はいいと言われています。
とは言っても、お茶の種類や個人差によっても味の感じ方はそれぞれです。
自分がおいしいと思える組みあわせで、日本茶を楽しみましょう。

おいしい日本茶を入れるポイント

お茶の味を決める要素は3つあり、渋みの素になるタンニン、苦みの素になるカフェイン、そして旨みの素になるテアニンです。
この3つの成分をどのようにコントロールするかでお茶の味が決まってきます。
そこで一番重要視して頂きたいのが、お茶を入れるお湯の温度。高温のお湯を使ってお茶を入れると渋みの素であるタンニンがよく溶け出しますので、渋みの強いお茶になります。
目覚めの一杯などにはぴったりかもしれませんね。
タンニンにはカテキンが含まれています。生活習慣病を抑制する作用や殺菌作用などがある事でも有名ですね。
逆に温度が低いお湯を使ってお茶を入れると、旨みが強いお茶になります。
これは、旨みの素になるテアニンが、温度の低いお湯の方がより抽出されやすくなるためと言われています。
お湯の温度と並んで重要なのが「お茶を抽出する蒸らし時間」です。
蒸らしによって茶葉が開きますので、茶葉の種類によってきちんと蒸らし時間をとりましょう。
日本茶の中でも香りを楽しむ煎茶などは30秒ほどでも良いですが、玉露などの旨みを楽しむ高級茶葉でお茶を入れる時は、少し長めの2分程度蒸らすと、お茶のおいしさを最大限引き出すことができます。
また、お茶を抽出している間(蒸らし時間)に急須をゆすってしまう方がいますが、抽出している時にゆすると余計な渋みがでてしまいますので、お湯を注いだら静かに待ちましょう。

お茶の種類によって最適な温度が違う?

お茶を入れる時のお湯の温度が高いほど、渋みが強くなり香りも豊かになります。そのため、煎茶などの香りを楽しむ日本茶は、80度くらいの高温が良いと言われています。
一方で、玉露などの高級茶葉の場合は、普通の煎茶などと比べると旨み成分の量が多いと言われていますので、50度程度の少しぬるめのお湯の方が、お茶本来の旨みをより引き立たせる事ができます。
アクアクララを使えば、熱いお湯の温度を下げるのも簡単です。
茶葉によってお湯の温度も微妙に調節して、おいしい日本茶を楽しみましょう。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop