1. ウォーターサーバー・宅配水
  2. ウォーターサーバーで変わるライフスタイル
  3. お水の知識
  4. ミネラルウォーターと水道水どちちが安全?

ミネラルウォーターと水道水どちちが安全?

ミネラルウォーターと水道水どちちが安全?

アクアクララは「RO膜(逆浸透膜)」でろ過したお水にミネラルを配合しご提供していますが、一口にミネラルウォーターと言っても加工方法によって様々な分類があることをご存じでしょうか。また、ミネラルウォーターと水道水を比べると、検査基準や味に大きな違いがあります。あまり知られていないミネラルウォーターと水道水の違いについてご紹介します。

ミネラルウォーターの定義とは

飲料水として様々なお水が市販されていますが、日本では農林水産省のガイドラインで「ミネラルウォーター」は4つに分類されています。

1.ナチュラルウォーター

特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の物理的、化学的な処理を行っていないお水。

2.ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターのうち地層中のミネラル成分が溶解した地下水を原水としたお水。

3.ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させるために人工的にミネラルを添加したお水。ばっ気(浄水処理方法の1つ)、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合等が行われるものもミネラルウォーターと記載される。

4.ボトルドウォーター

ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター以外に「RO膜(逆浸透膜)」でろ過したお水など。
このように、4つの名称に分類されますが、総称してミネラルウォーターと呼ばれています。市販されているミネラルウォーターがどれに分類されるかは、商品ラベルの品名の項目に記載されています。

ミネラルウォーターと水道水の違い

ミネラルウォーターと水道水どちちが安全?

1.品質基準の違い

ミネラルウォーターも水道水も、厚生労働省が定めた基準をクリアした安全なものでないと販売できませんが、その基準はミネラルウォーターと水道水で大きな違いがあります。
ミネラルウォーターは食品衛生法第11条に基づく「食品、添加物等の規格基準」によって基準が設けられています。その検査内容は製造過程で殺菌・除菌を行わない場合は14項目の検査項目があり、製造過程で殺菌または除菌を行う場合は39項目の検査項目があります。
水道水は、水道法第4条に基づいて厚生労働省令によって水道水質基準の検査が義務付けられています。水道水に適用されている水道水質基準はなんと51項目もあり、ミネラルウォーターよりさらに高い基準の品質が求められています。
だからと言って、ミネラルウォーターが危険という事ではありません。ミネラルウォーターの販売会社は、独自の品質基準を設け、水道水質基準以上の検査をしている会社がほとんどです。ただ、法律上ミネラルウォーターは水道水より少ない検査基準で販売ができるので、安全性が気になる方はメーカー側でどのような基準を設けているか一度確認することをおすすめします。

2.味の違い

お水の味はミネラルの含有量によって決まります。ミネラルの含有量は「硬度」で表され、カルシウム・マグネシウムが120mg/L以下のものを「軟水」、120mg/L以上のものを「硬水」と呼びます。硬度が低すぎると淡白でコクがなく、高すぎると口に残るような味になると言われています。
日本人の味覚には軟水が合うと言われています。軟水の特徴として、例えば日本茶は軟水を使って淹れるほうが、渋み・苦味・旨みのバランスが良くなります。日本のお米も軟水で炊くと、ふっくらとつやのあるご飯になります。
お水の美味しさには硬度のほかに、残留塩素がないこと、臭気(鉄くさいなど)が感じられないことも美味しいと感じる条件です。水道水は消毒用の塩素が残留しているため、ほかのお水に比べてまずいと感じる場合があります。またビルやマンションの貯水槽や水道管の管理状態が悪いと、カビが発生したり内部が錆びついてお水の味に影響が出る可能性があります。

3.価格の違い

お水を選ぶ際の判断基準として、価格も大事な要素の1つです。ミネラルウォーターはリットル単位で売られていることが多いので、1Lあたりの料金で計算しやすいでしょう。一方水道水は1ヵ月ごとに料金が請求されるため、1Lあたりの料金を把握している方は少ないのではないでしょうか。大阪水道局の発表では、大阪市の水道代は1Lあたり約0.1円と公表されています。他の水道局を見ても0.1~0.2円/L程度に納まるところがほとんどです。ミネラルウォーターと比べると、国民生活のインフラである水道水は圧倒的に安価で提供されています。このように、安全かつ安価で利用できることが水道水の最大の特徴と言えるでしょう。

様々な用途に適したお水

ミネラルウォーターと水道水どちちが安全?

お水はそのまま飲むだけでなく、お茶やコーヒーなど様々な用途で使われています。用途によって適するお水は変わりますが、軟水のミネラルウォーターなら幅広くご活用いただけます。それぞれの場面での特性をご紹介します。

○飲料水(軟水のミネラルウォーターがおすすめ)

水道水は、残留塩素や水道管の状態によってまずいと感じる可能性があります。水道水に比べると高価ですが、お水をそのまま飲む場合は軟水のミネラルウォーターがおすすめです。

○コーヒー(軟水のミネラルウォーターがおすすめ)

コーヒーはお水の影響を受けやすい飲み物です。美味しさの秘訣は使うお水にこだわること。コーヒーには軟水のミネラルウォーターを使うのがおすすめです。軟水で淹れた方が口当たりも良く、苦味や渋みのない、日本人の口に合うまろやかなコーヒーになります。

○ミルク(軟水のミネラルウォーターがおすすめ)

粉ミルクには赤ちゃんに必要なミネラルが配合されているので、ミルクを作るお水にミネラルが多いと、赤ちゃんの消化器に負担が掛かってしまいます。ミネラルを含まない純水も良いですが軟水のミネラルウォーターで問題ありません。ただし、ミネラルの含有量が多い硬水のミネラルウォーターは赤ちゃんの負担が大きいので使用を避けましょう。

○料理(軟水のミネラルウォーターがおすすめ)

水道水の味は残留塩素の影響を受ける可能性があるので、繊細な味付けにこだわるなら基本的には軟水のミネラルウォーターがおすすめです。含まれているミネラル成分も味を引き立ててくれます。料理の達人になると、作る料理によって軟水と硬水を使い分ける方もいるそうです。軟水はクセや匂いが少なく風味がまろやかなので、ご飯や和風だし、野菜の煮物といった日本料理全般と相性抜群です。硬水は欧米で飲料水として普及していることから、スープやパスタ、パエリアといった洋食との相性が良いでしょう。

○ペットの飲み水(軟水のミネラルウォーター又は水道水がおすすめ)

日本の水道水は世界的に見ても品質が高く、ペットの飲み水として安全性に問題ありません。ミネラルウォーターを与えたいという飼い主の方もいるかもしれませんが、実はカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分はペットの健康を害してしまいますので、ミネラルウォーターをあげる場合は軟水を選ぶようにしましょう。もちろんアクアクララのお水もペットに安心な軟水のピュアウォーターです。

より安全なお水とは

日本では味の違いはあれ水道水もミネラルウォーターも安全性には問題ないことはお分かりいただけたと思います。それぞれの特徴に合った使い方で楽しんでいただければと思います。ですが更に安心・安全なお水をとお考えの方は、ウォーターサーバーもご検討ください。アクアクララは、原水として食品衛生法における「飲用適の水」に適合したものを使用し、さらに「RO膜(逆浸透膜)」で1000万分の1mmの不純物までろ過した、限りなく純水に近いお水です。ミネラルウォーターや水道水より高い安全性を保持しています。さらに、その純粋な水を“おいしい”ものにするため、4種類のミネラルをバランスよく配合しているので、料理やコーヒー、お茶を淹れるのに最適です。もちろん赤ちゃんのミルク作りにも安心してお使いいただけます。身体の大部分を占める水分は、健康な生活のために欠かせないものです。安全でおいしいお水を積極的に摂り、健やかな身体を作っていきましょう。

ウォーターサーバーのお申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop