夏休みの自由研究 持ち運べる水!?
Ooho!(オウホウ)を作ってみよう!

夏休みの自由研究 持ち運べる水!?Ooho!(オウホウ)を作ってみよう!

透明な膜に包まれたぷよぷよの不思議な物体「Ooho!(オウホウ)」を知っていますか?
これは、ロンドンの芸術大学院に通う3人の学生が、環境のためにペットボトルを減らす目的で「持ち運べる水」として考案したもの。最近は日本でも、インターネットやテレビなどを通じて話題になっています。
今回は、アクアクララのお水を使ってこのOoho!を作る実験に挑戦してみました!

Ooho!を作ってみよう!

持ち運べるだけでなく、環境にも優しいと話題のOoho!。一見難しそうに思うかもしれませんが、実はコツさえ掴めば子どもでも楽しく簡単に作ることができます。夏休みの自由研究にもおすすめですよ!

準備するものはコレ!
  • ・アルギン酸ナトリウム 2g
  • ・乳酸カルシウム 5g
  • ・お水(アクアクララ) 約1500ml
  • ・ボウル3個
  • ・計量カップ
  • ・計量スプーン
  • ・泡立て器
  • ・おたま
  • ・かす揚げ(あく取り)
  • ・タオル

材料の「アルギン酸ナトリウム」は海藻に含まれる多糖類の一種、「乳酸カルシウム」は乳酸のカルシウム塩で、どちらも食品添加物として使用される安全なもの。インターネットの通販や一部の薬局などで購入できます。その他の道具はすべて100円ショップでも揃えられるものですが、ご自宅のキッチンにもあれば、それを使っても良いでしょう。また、手やテーブルを拭くためのタオルなどがあると便利です。

Ooho!を作る手順①:アルギン酸ナトリウム水溶液を作る

ボウルにお水200mlとアルギン酸ナトリウム2gを入れて、泡立て器でよくかき混ぜます。アルギン酸ナトリウムの量は、少なすぎると固まりにくいですし、多すぎるとできあがりが白っぽくなり透明感がなくなってしまうので、計量スプーンを使ってきちんと計るようにしましょう。その後、気泡がなくなるまで10~15分ほど放置します。

ポイント
アルギン酸ナトリウムはダマになりやすいので、白い固まりがなくなるまで15分くらいかけてしっかりとかき混ぜるのがコツ。

Ooho!を作る手順②: 乳酸カルシウム水溶液を作る

もうひとつのボウルに、お水800mlと乳酸カルシウム5gを入れて泡立て器でかき混ぜます。こちらは比較的溶けやすいので、かき混ぜる時間は1~3分くらいが目安です。

Ooho!を作る手順③:アクアクララのお水を用意する

さらにもうひとつ、お水を500mlほど入れたボウルを用意します。
これで準備する3つのボウルが揃いました。左からアルギン酸ナトリウム水溶液、乳酸カルシウム水溶液、何も溶かしていないアクアクララのお水です。

Ooho!を作る手順④:水溶液を合わせる

手順①で作ったアルギン酸ナトリウム水溶液をおたまでそっとすくい、手順②の乳酸カルシウム水溶液の中に完全に浸かるようにおたまごとゆっくりと入れましょう。そうすると、アルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウムが反応を起こして、膜を作り始めます。膜ができたらそっとおたまから外して、10~20分間を目安に浸けておきましょう。

ポイント
乳酸カルシウム水溶液に浸ける時間が短いと膜が薄くなってしまい、Ooho!が破れやすくなるので要注意!

Ooho!を作る手順⑤:アクアクララのお水に浸ける

手順④でOoho!が十分な固さになったらかす揚げですくって、何も溶かしていないお水の入ったボウルの中に入れると、反応が止まります。お水に浸ける時間は、数十秒で大丈夫。かす揚げですくい出したら、Ooho!の完成です!

ポイント
穴あきおたまなどでも代用できますが、Ooho!はとてもデリケートなので、より目の細かいかす揚げの方が、型崩れしにくくおすすめです。

Ooho!が完成しました!

できあがったOoho!を触ってみよう! 手に持つと、ぷるぷるして気持ち良い。太陽の光にかざすとキラキラ! 食べてみると、ちょっと海藻っぽい味で、やわらかいゼリーみたいな食感です。

今回の実験では大きくてきれいな形のOoho!ができましたが、最初のうちは上手く固まらなかったり、きれいな形にならなかったりすることも少なくありません。「上手く作れないな」と思ったときは、アルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウムを少し多めにしてみたり、アルギン酸ナトリウムを乳酸カルシウム水溶液に浸ける時間を長くしたりすると、きれいなOoho!が作りやすくなるので試してみてください。その他にもどうしたらきれいに作れるのか、自分なりのコツを探してみましょう!

応用編!
カラフルなOoho!ドリンクを作ろう

Ooho!はお水だけでなく、ジュースなどでも作ることができます。普通のOoho!が上手に作れるようになってきたら応用としてジュースを使って、色付き、味付きのOoho!を作ってみてはいかが? そんな応用編Ooho!を使ったオリジナルドリンクを作ってみましょう!

準備するもの
  • ・通常のOoho!を作る道具一式
  • ・お好みのジュース200ml
  • ・サイダー 適量
  • ・スポイトまたはケチャップなどを入れるディスペンサー
  • ・グラス

作り方

基本的な作り方は、先ほどのOoho!と同じです。ジュースにアルギン酸ナトリウムを入れてかき混ぜ(手順①)、それをスポイトに入れます。そして、乳酸カルシウム水溶液の中に1滴ずつ落とす(手順④)と、イクラみたいなツブツブのOoho!になります。スポイトを勢いよく押し出せばヒモ状のOoho!ができることも。できたOoho!をかす揚げですくって(手順⑤)、サイダーを注いだグラスに入れると完成です!

完成したOoho!ドリンクはこちら♪

ジュースを使ったツブツブOoho!をサイダーに浮かべたら、おいしいOoho!ドリンクのできあがり! ツブツブを口に入れてサイダーを飲めば、味の変化も楽しめますよ。パーティーで作れば人気者になること間違いなし!

今回はぶどうジュースを使って作りましたが、コーラやスポーツドリンクなど、お好きな飲み物を使ってOKです。ただ、アルギン酸ナトリウムは酸性のものには溶けにくい性質があるので、100%果汁のジュースだと上手くいかないこともあるかもしれません。ご自分でも色々と試して、作りやすいドリンクを見つけてみてくださいね。

最初のうちは難しいけれど、コツさえ押さえれば、誰でもきれいな形のOoho!が作れるはず。何度か失敗をくり返しながら、上手にできたときの感動は格別ですよ! 環境や水のことを考える良い機会にもなるので、夏休みの自由研究に親子でぜひチャレンジしてはいかがでしょうか?

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop