• ウォーターサーバー百科事典

胃もたれ時は飲み物に注意?!おすすめと避けたほうがよい飲料品とは

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

「胃が重い」「胃が気持ち悪い」などの不快な症状を引き起こす胃もたれ。食べ過ぎ・飲み過ぎや消化の悪い食べ物を食べることによって、誰もがなり得る症状です。
そんな胃もたれの症状は、普段口にしている飲み物によって悪化する恐れがあります。そのため、胃もたれ中は飲み物に十分気を配るようにしましょう。

今回は、胃もたれのときにおすすめの飲み物や避けたほうがよい飲料をご紹介します。症状を悪化させないためにも、ぜひご参考にしてください。

気になる疑問!そもそもどうして胃もたれするの?

本来、食べ物を口にすると胃の中で2〜3時間かけて消化され、十二指腸・小腸・大腸を通って排出されます。しかし、食べ物がなかなか消化されず胃に長時間残ってしまうこともあり、その場合「胃もたれ」の症状が現れます。

胃もたれの主な原因には、まず「食べ過ぎ・飲み過ぎや消化の悪い食べ物を摂取したこと」があげられます。この場合は一過性の胃もたれなので、食事を抜くことによって改善されます。

このほか、胃もたれが起こる原因には「胃が荒れている」という点もあげられます。とくに寝る前に食事を摂ることが多い方は、胃が荒れやすい傾向にあります。なぜなら、消化器の働きは就寝中に下がるため。つまり、食べ物が消化されず長時間残った状態になることで胃が荒れてしまい、最終的に胃もたれを引き起こしてしまうのです。

胃もたれの原因に心当たりがないのにもかかわらず症状が出ているときは、「自律神経の乱れ」が関与していると考えられます。自律神経が乱れると胃のぜん動運動がうまくいかなくなり、食べ物の消化に時間がかかります。そうなると、口にした食べ物が長時間胃の中に残ってしまうので、胃もたれを誘発してしまうのです。

胃もたれのときにおすすめの飲み物

胃もたれのときは、胃に負担をかけない飲み物を飲むことが大切です。

常温の水

水には胃を刺激する成分が含まれていないので、胃もたれのときも安心して飲むことができます。
ただし、冷えた水だと胃を刺激してしまう可能性があるため、常温水を飲むよう心がけましょう。

白湯

白湯は水を一度沸騰させて温度を下げた飲み物なので、常温水と同じく胃に負担を与えません。くわえて、白湯には消化作用を促す効果があるため、胃もたれを早く改善できる可能性が期待できます。
ただし、白湯の温度が高過ぎると胃に刺激を与えかねないので、40℃程度に冷ましてから飲むのがおすすめです。

牛乳

牛乳には、胃の粘膜を保護する作用があります。胃が荒れているときに牛乳を飲むことによって、胃酸による刺激から胃を守ることができ、結果として胃もたれの緩和につながります。

ただし、冷えた牛乳は胃に刺激を与える可能性があるので、なるべく温めてから飲みましょう。

経口補水液

胃もたれのとき、人によっては「消化のよい食べ物を食べるのもきつい」ということも。その場合は、経口補水液を飲むようにしましょう。
経口補水液には、身体に必要なナトリウムやカリウムなどのミネラル成分が含まれています。食事を摂れないときでもミネラル成分が補えるので、積極的に飲むのがおすすめです。

ただし、水や牛乳と同じく冷えた状態で飲むと胃に刺激を与える可能性があるので、常温にしてから飲むようにしましょう。

りんごジュース

りんごには、「セルロース」「ヘミセルロース」「リグニン」「ペクチン」などの栄養成分が含まれています。これらには整腸作用があるほか、腸内乳酸菌の増加を促す働きもあるので、りんごジュースで体内に取り入れることにより、内臓機能を活性化し胃もたれを解消へと導くことができます。

さらに、りんごには「クエン酸」「リンゴ酸」も含まれています。クエン酸・リンゴ酸には消化促進作用があり、胃の中に残った食べ物の消化を助けます。そのため、胃もたれのときにはりんごジュースを飲むのがおすすめです。

胃もたれのときに避けたほうがよい飲料

一方で、胃もたれのときに避けたほうがよい飲料は以下のとおりです。

アルコール飲料

胃もたれを起こしているときにアルコール飲料を飲むと、症状の悪化を招きます。なぜなら、アルコールは胃の粘膜や消化液に影響を与えるだけでなく、ぜん動運動を抑制する働きも持っているためです。胃もたれの状態が長引いてしまう恐れがあるので、飲酒は避けるようにしましょう。

炭酸飲料

独特の爽快感がある炭酸飲料に対し、「胃もたれを起こしているときに飲むとスッキリしそう」というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。
しかし実際には、胃もたれを起こしているときに炭酸飲料を飲むと、胃の粘膜が刺激され不快感が長引いてしまいます。そのため、胃もたれのときに炭酸飲料を飲むのは避けるようにしましょう。

カフェイン入り飲料

カフェインには、胃液の分泌を促す働きがあります。そのため、胃もたれしているときに飲めば食べ物の消化を促すことができ、症状を早めに改善できる可能性があります。
ただし、カフェイン入りの飲料を空腹時に飲むのは望ましくありません。なぜなら、空腹時にカフェインを摂取すると分泌を促された胃酸によって胃の粘膜が荒れてしまうため。胃が荒れていることが原因で胃もたれしている場合は、症状がさらに悪化してしまうので摂取を避けましょう。

なお、食べ過ぎや脂っこい料理を食べたことが原因で起こる胃もたれであれば、カフェイン入りの飲料を濃いめで少量だけ飲むのは有効です。胃液の分泌を促せるので、胃もたれ解消につながります。
ただし、飲み過ぎると消化管系を刺激し下痢や吐き気などをもたらすことがあるので、不安な方は飲まないのが無難です。

胃もたれ解消にはアクアクララのウォーターサーバーがおすすめ

胃もたれを解消するには、基本的に冷たい飲み物を避けることが大切です。そこでおすすめなのが、アクアクララのウォーターサーバーです。

アクアクララのウォーターサーバーは冷水だけでなく温水も使用可能なため、温かい飲み物を手軽に準備できます。
前述したように、胃もたれのときは白湯がおすすめです。通常なら白湯を作るには水を沸かさなければなりませんが、アクアクララのウォーターサーバーがあれば温水・冷水を組み合わせることで簡単に作れます。胃もたれによって体調が芳しくない中、お湯を沸かして冷めるまで待つ必要がないので非常に効率的です。

このほか、アクアクララでは「RO膜(逆浸透膜)」を使ったろ過システムで水中の不純物を除去したピュアウォーターに、4種のミネラル成分をバランスよく配合しています。「硬度 29.7mg/L」の軟水に仕上がっているので、胃に負担をかける心配もありません。

「よく胃もたれすることがある」という方は、ぜひアクアクララのウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか。

天然水ではなくRO膜(逆浸透膜)でろ過した安心安全な軟水

おいしいお水が誕生するまで

まとめ

胃もたれの主な原因には、「食べ過ぎ・飲み過ぎや消化の悪い食べ物を摂取した」「自律神経の乱れ」「胃が荒れている」などがあげられます。それぞれの原因で詳細な対処法は異なりますが、飲み物によって症状の悪化を招く恐れがあることから、原因を問わず口にするものに気をつけなければなりません。とくに冷たい飲み物は胃を刺激してしまうので、基本的には常温もしくは温かい飲み物を飲むようにしましょう。

アクアクララのウォーターサーバーは、冷水のみならず温水も使用できます。胃もたれのときは常温の水や白湯を飲むのがおすすめなので、ウォーターサーバーがあれば手軽に準備できます。
度々起こる胃もたれに悩んでいる方は、ぜひアクアクララのウォーターサーバーを利用してみてください。