飲料水に最適なpH値は?

飲料水に最適なpH値は?

みなさんは酸性やアルカリ性といった言葉を聞いたことがあるでしょうか。小学生の時にリトマス紙を使って勉強した思い出などがあると思います。
飲料水においてはpH値が変わることで味や効能が変わりますが、私たちの体にとって最適なpH値とはどれくらいでしょうか。ここではpH値の意味や飲料水のpH値などについてご紹介します。

pH(ペーハー)とは

水溶液にはそれぞれ性質があり、酸性や中性、アルカリ性といったものがあります。これらをわかりやすく数値で表したものがpH値とよばれるもので、1~14までの範囲で表されます。pH7が中性であり、それより数値が低いものが酸性、高いものがアルカリ性になっており、数値が中性より離れれば離れるほど強い性質であると言えます。一般的に酸性の水溶液は酸っぱさが感じられ、アルカリ性の水溶液はヌルヌル感や苦さを感じます。
酸性もアルカリ性も強すぎる水溶液は人体に影響を与えることがあります。塩酸や硫酸など極端にpH値が低い強酸性の水溶液や、水酸化ナトリウムなどの強アルカリ性の水溶液は皮膚にかかっただけで火傷のような症状が出るため注意が必要です。

色々な食品のpH値

それでは、私たちが普段口にしている身近な食品は、どれくらいのpH値なのでしょうか。以下が主な食品のpH値です。

  • レモン:pH2~3
  • コーラ:pH2~3
  • 酢:pH2~3
  • みかん:pH3~4
  • ポン酢:pH3~4
  • スポーツドリンク:pH3~4
  • フレンチドレッシング:pH3~4
  • しょうゆ:pH4~5
  • ビール:pH4~5
  • 炭酸水:pH4~5
  • ミネラルウォーター:pH7~10
  • 水道水:pH5.8~8.6

一般的に「酸っぱい」と感じる食品は酸性になっているものが多いのですが、スポーツドリンクやコーラなどもかなりpH値が低く、酸性であることがわかります。逆にアルカリ性は苦みを感じるため、pH10を超えるようなアルカリ性の食品はほとんどありません。上記のことから私たちが普段身近に口にしているものは酸性が多いことがわかります。

飲料水に適したpH値

飲料水としては中性(pH7.0)に近いお水であることが望ましいため、水道水の規格としてはpH5.8~8.6に定められています。広範囲のように思われますが、貯水池の環境にも依存されるため、このような基準になっています。
炭酸水は二酸化炭素が溶け込んでいるためpH4.6前後とかなり低めです。またミネラルウォーターは、銘柄によって大きく差があり、中性~pH10前後のアルカリ性が強いものまで多くの種類があります。

私たちの体液はpH7.4前後の弱アルカリ性に保たれています。そのため、pH7~8程度の弱アルカリ性飲料水は体に良いとも言われており、普段の水分補給におすすめです。しかし、pH9を超えるアルカリ性の水は下痢を起こしやすくなったり、胃酸の殺菌作用が弱まることもあると言われているので、摂り過ぎには注意をする必要があります。逆にpH6前後の弱酸性の飲料水を飲んでも人体には影響がなく、体内のpH値が変わることはありません。

pHで変わるお水の味

レモンやお酢が酸っぱいように、酸性が強くなるほど酸っぱくなり、アルカリ性が強いほど苦く感じてヌルヌルします。好みや用途によっても違いますが、一般的においしいお水を飲むのなら中性のお水がおすすめです。
飲料水はおおむねpH6~9程度ですので、極端に酸っぱさや苦みを感じることはありませんが、味に敏感な方はこの違いに気付く方もおられるようです。アクアクララのお水は標準値としてpH7.3になっていますので、とてもおいしく飲むことができます。

いかがでしょうか。私たちが普段飲んでいる飲料や食べている食品は、酸性のものが多いということがわかりました。しかし、私たちの普段の水分補給には、体液のpH7.4前後に近い弱アルカリ性もしくは中性のお水が、身体への刺激も少なく最適とされています。健康のためにも、日頃の飲み物を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop