コスト(料金)

ウォーターサーバーにかかるコスト(料金)は?

ウォーターサーバーで気になるのがランニングコストです。
利用した場合、どんなことに料金が発生するのでしょうか。

電気代

いつでも冷たいお水やお湯を楽しめるウォーターサーバーは、衛生状態を保つためにも、電源を常に入れておく必要があります。
ウォーターサーバーの電気代は平均で約600~1,000円ほど。
最近増えている省エネタイプのサーバーを選べば、消費電力を抑えることができます。
一般的にポットでお湯を沸かすと電気代が月に1,000円ほどかかるため、何度もお湯を沸かす場合には、冷水だけでなく温水にも対応しているウォーターサーバーのほうが、電気代を抑えられることもあります。

ボトル代

ボトル代は利用したボトルの種類・容量・本数によって決定します。
繰り返して使えるリターナブルボトルと比べ、使い捨てのワンウェイボトルの方が一般的にボトル代が高い傾向にあります。
4人家族で調理などにもご利用いただいた場合、月平均48~60L消費されることが多いようです。
ボトルの特徴はウォーターサーバーのタイプや機能をご覧ください。

ウォーターサーバーの保守・メンテナンス代

ウォーターサーバーをあんしんしてご利用頂くためには、定期的にメンテナンス(クリーニング)などの保守コストが必要となります。
メーカーによっては、故障やメンテナンス自体が別途有償のところもございますので、注意が必要です。

料金や支払い方法

基本的にはウォーターサーバーのレンタル代(無料やウォーターサーバー買い取りの場合はなし)+ボトル代が月々の料金になります。
あわせて、メンテナンスやボトルの配送、ロック付温水フォーセット(蛇口)、ウォーターサーバーの破損保証や水漏れ・やけどの見舞金などの有料保証、といった付帯費用が発生する場合もあります。
また、契約期間内に解約した場合は、解約手数料が発生します。最低契約期間は各社によって異なります。
支払いはクレジットカード、銀行口座引落に対応している会社が多いようです。

アクアクララのこだわり

電気代を抑える、“W省エネモード”搭載

使わない時間帯の消費電力を抑える“W省エネモード”を、一部のウォーターサーバーに搭載し、従来品と比較して最大65%の消費電力を削減しました。もっとも電気代がかからない「アクアアドバンス」ですと、毎月の電気代は約350円~です。(使用状況により異なります)。

環境にやさしくコストが安いリターナブルボトルは2種類ご用意

一般家庭でも使いやすい、7L(900円)と12L(1,200円)の2種類をご用意。どちらも宅配料込みで、責任を持ってお水をご自宅までお届けいたします。

追加費用の心配のない「あんしんサポート料」

アクアクララでは、安全・安全にウォーターサーバーをご利用頂くために、専門スタッフ(アクアクララポーター)による配達・設置、ウォーターサーバーのメンテナンス、故障対応を含むサービスとして「あんしんサポート料」をいただいております。

料金体系、支払い方法

支払いはクレジットカード、銀行口座引落に対応しています。法人のお客さまは銀行振り込み(請求書支払い)にも対応しています。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop