ファスティングってどんな効果があるの?

ファスティング(プチ断食)でからだ全体を大掃除。

ファスティングでプチ断食

ストレスなどによる食生活の乱れを改善したい

水分補給で睡眠を良くする

それほど空腹でもないのに、ついつい食べてしまう……。何となく胃腸の調子が良くない……。そういった状態が続いている時は、ストレスなどで体へのダメージが蓄積しているかもしれません。
そんな時におすすめなのが、短期間何も食べないファスティング。プチ断食とも呼ばれています。
それほど長い期間行うものではありませんが、いったいどんなメリットがあるのでしょうか?

ファスティングでダイエット

ファスティングは、食べ物を食べないわけですから、ダイエットにつながります。強制的に飢餓状態を作り出すことで、身体は蓄積した脂肪をエネルギーとして活動し始めます。脂肪が燃焼してエネルギーに変わることで、ダイエットにつながるとされています。ファスティングをすることで、内臓脂肪と皮下脂肪の両方を燃焼させることができます。
また、食欲をコントロールするという意味でもダイエットにつながるとされています。現代人の私たちは、それほどお腹が空いていないのに、ついつい食べてしまう、ガマンしようと思っても食欲に勝てないということがよくあります。
現代ではなかなか「空腹」という状態を感じることはありません。「空腹」という状態を感じることで、食に対しての考え方が変わり、必要な分だけ食べようという気持ちになる、ということも期待できます。

身体の中の老廃物や毒素を出す!デトックス

ファスティングをすると、内臓を休ませることができます。胃や小腸、大腸、膵臓や肝臓、腎臓などの消化器系の内臓は、食べたものを分解して、身体の中に吸収し、排泄するためにフルで働いています。内臓への負担を減らすことで、傷ついた内臓組織が再生し、本来の機能を取り戻すことができるといわれています。
例えば、お酒を良く飲む人や、加工食品をよく食べるという人は、肝臓の働きが弱くなっていることがあります。肝臓はアルコールを分解したり、食品添加物などを解毒したりするはたらきがありますが、休むことなく働く肝臓には負担がかかっています。ファスティングをすることで、肝臓を休ませ、肝機能を元にもどすということが期待できます。
また、食べ過ぎたり、脂肪分を摂りすぎたりすると、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪が増え、血流が悪くなります。これは高血圧や心臓病、脳卒中をはじめとしたさまざまな生活習慣病の原因に。ファスティングをすることで、血液の中の余分なコレステロールが取り除かれ、血液の流れが良くなるといわれています。
わかりやすいダイエットの他にも、このようにファスティングには色々な効果が期待できます。ファスティングをして、身体の中全体の大掃除に挑戦してみませんか。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop