ミルクを卒業した子どもの飲み物は何がいい?

ミルクを卒業した子どもの飲み物は何がいい?

大人と比べて新陳代謝が活発な乳幼児。ママのおっぱいやミルクを飲んでいる間は、汗やおしっこで出てしまった体内の水分をしっかりと補うことができますが、おっぱいやミルクを卒業した後は、こまめに水分補給をすることが欠かせません。そこで今回は、小さなお子さんのための飲み物について、詳しくご紹介します。

母乳やミルク以外の飲み物はいつからあげる?

ひと昔前までは母乳やミルク時期の赤ちゃんでも、お風呂上がりには白湯やベビー用のお茶などを与えた方が良いといわれていましたが、最近は離乳食が始まる前の水分補給は母乳やミルクだけで充分だという考え方が主流です。生後2~3ヶ月頃からは麦茶や果汁などを与えることはできますが、特に果汁はアレルギーなどの心配がありますので、離乳食開始まではできるだけ避けた方が安心です。

ただし、夏の暑い時期には脱水症状にならないように、水分補給にはいつも以上に気を配る必要があります。目安になるのは赤ちゃんの「おしっこ」。いつもよりも量が少なかったり色が濃かったりした場合には、脱水症状の危険信号です。 そうなる前に、こまめな水分補給を心掛けましょう。この時に与える水分は母乳やミルクで構いません。

母乳やミルクを卒業したら何を飲ませる?

離乳食が始まると、母乳やミルクの回数も自然と少なくなっていきますので、他の飲み物で水分補給をする必要があります。では、どのようなものを飲ませたら良いのでしょうか?

おすすめは、赤ちゃん用の麦茶や白湯です。水分を補給することが一番の目的なので、飲み物に栄養やおいしさを求める必要はありません。当然カフェインやタンニン、砂糖などが含まれている大人用の飲み物も全般的にNGです。果汁100%ジュースや一般のイオン飲料も赤ちゃんの未熟な消化器官には負担が大きすぎるので、この時期は避けた方が良いでしょう。また、水道水には塩素が含まれていますから、赤ちゃんの水分補給には注意が必要です。

小さなお子さんへのお水の飲ませ方

今まで母乳を飲んでいたり、哺乳瓶を使って粉ミルクを飲んでいたりした赤ちゃんは、いきなりストローで水分補給をすることができません。母乳やミルク以外の水分を飲ませる場合には、まずは哺乳瓶からスタートし、赤ちゃん用のトレーニングマグなどを利用して飲み口をスパウト、ストロー、コップへと移行していくと良いでしょう。

また赤ちゃんに飲ませるお水は、水道水や市販の硬度の高いミネラルウォーターなどは避け、赤ちゃん用のミネラルウォーターや軟水のお水をさらに煮沸し、白湯として与えるようにしましょう。

お子さんが口にするお水の安全には特に気を配りたいという親御さんは多いでしょう。厳しい基準で管理・製造されたアクアクララのお水は軟水で、粉ミルクの調乳はもちろん小さなお子さんの毎日の水分補給にも安心です。

参考:
「授乳・離乳の支援ガイド」/厚生労働省

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop