家族に教えてあげたい!お水の思わぬ効果
水のあれこれいくつ知ってる?

家族に教えてあげたい!純水の思わぬ効果 水のあれこれいくつ知ってる?

日常のあらゆる場面で欠かせない身近なお水ですが、お水には不思議な性質がたくさんあることをご存知でしたか? 今回は、「ホント?」がたくさんのお水の不思議ワールドを、一緒にのぞいてみましょう。「なるほど!」というものがあったら、ぜひご家族にも教えてあげてくださいね。少し意外なお水の使いどころも紹介します。

水分補給に最適な飲み物がお水ってホント?

成人の身体の約60%は、水でできています。人間の生命活動は水が支えており、水なしでは生きていけません。暑い季節には、特に水分補給が重要。しかし、水分であればなんでもいいというわけではありません。最適なのは、水か、カフェインが入っていないお茶。カフェインが入っている飲み物やアルコールは、喉が渇いたときにグビっと1杯飲むとおいしいですが、利尿作用が高いため飲み過ぎに注意です。

Plusアクアクララ

「家庭で作れる経口補水液」

軽度の脱水症状が見られるときは、点滴に似た成分の経口補水液が応急処置に使えます。病院やドラックストアで購入できるほか、家庭でもお水1Lあたり、砂糖20~40g、塩3g、レモン少々を混ぜて作ることも可能。不純物のないアクアクララのお水で作るのがおすすめ!

参考:夏の水分補給に5つのポイント

野菜は50℃洗いがイイってホント?

最近話題となっている野菜の「50℃洗い」。50℃のお湯で野菜を洗うだけで、鮮度がよみがえり、味や食感も良くなるという魔法のような話を聞いて、ホント? と思った方もいるかもしれません。これを考案したスチーミング料理技術研究会の平山一政さんによると、50℃の熱によって、葉の気孔が開き、水分が再び吸収されるためだそう。野菜以外にも冷凍食材からキノコ、果物でもその効果が!

Plusアクアクララ

「50℃洗いのときは温度にご注意を!」

ウォーターサーバーのお湯は80~90℃に設定されているため、50℃洗いに使うときは少し冷まして50℃になってから使いましょう。ですが、43℃以下になると細菌が繁殖してしまうので、温度はこまめにチェックして行ってくださいね。

水が老化防止になるってホント?

体内の水の割合は、年齢によって変わります。新生児は80%、子どもは70%、成人は60~65%、老人は50~55%。生まれたときから年齢を重ねるにつれ、水分率が低くなっていきます。これは、基礎代謝量が低下するため。老化と比例して水分が失われていくといわれています。
逆に考えると、身体の水分率を高く保てば、若々しくいられるってこと?
そのために心掛けることは以下の2つです。

①こまめに水を飲む(1日最低1~1.5L)。
②運動して筋肉を増やす。

筋肉には水分を75~80%保つ働きがあり、筋肉量を増やすことで身体の水分率を高めることができるのです。水をこまめに飲み、運動をする。これが若さを保つ方法です。

Plusアクアクララ

「赤ちゃんにとっても水は欠かせないもの」

赤ちゃんの肌がぷるぷるとみずみずしいのは、からだを占める水分率が高いためというのもあるのですね。赤ちゃんは腎臓の機能が未発達で、からだの新陳代謝が活発なため、乳児のからだの水分の入れ替わりは、成人の3~4倍の速さだといわれています。そのため、わずかな水分不足から、脱水症状を起こしやすいのです。不純物がないアクアクララであれば、赤ちゃんのからだへの負担が少なくなることも。母乳や、ミルクのほかにも、適度に水分補給をするようにしましょう。

参考:赤ちゃんのミルク、離乳食に適した水とは

紅茶やコーヒーに合う水があるってホント?

イギリスは紅茶、フランスやイタリアはコーヒーというイメージがありますよね。これはイギリス北部の水(ロンドンなど一部は硬水)は軟水、フランスやイタリア(こちらも土地によって軟水の場合も)は硬水、という水の種類に関係しています。紅茶は軟水の方が、コーヒーは硬水の方が適しているといわれているため、このようなイメージが生まれたのです。
日本の水は、軟水といわれています。紅茶の場合、深い味わいを楽しむのに軟水が適しています。コーヒーの場合は、硬水では苦みが強調され、軟水ではまろやかさと酸味が強調されますので、自分の好みがどちらか探ってみるのもいいかもしれません。

Plusアクアクララ

水の不思議な力ってホント?

なぜ植物は根から水を吸い上げられてるのでしょうか? これは、水の「表面張力」という性質に関係しています。細い管に水を付けると水は管の壁に引き寄せられてせり上がります。そして、この水が高い位置まで移動することを「毛細管現象」といいます。この性質によって、巨大な木も木のてっぺんまで水を送ることができるのです。服が汗を吸うときや、タオルが水を吸うときも同様な現象が起きています。

Plusアクアクララ

「アクアクララで切花を長持ちさせる」

お祝いや発表会でもらう思い出の花束、なるべく長持ちさせたいですよね。そのために大切なのは、栄養とキレイなお水。栄養は、花屋さんなどで売っている切花用の活力剤を買いましょう。このとき切花を入れる水が不純物を含まないアクアクララであれば、植物の栄養吸収がムーズになり、切花が長持ちすることがあります。

いかがでしたか?
みなさんのお水に対する「ホント?」「なるほど!」はありましたでしょうか。お料理しているときのお母さんにひとこと、コーヒーを入れているお父さんにひとことなど、ぜひご家族にも教えてあげてくださいね!

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop