お水を飲む時は温度にも気を付けよう

お水を飲む時は温度にも気を付けよう

みなさんはお水を飲む際、温度には気を付けていますか?キンキンに冷やしたお水が好きな方や、常温のお水、さらには温かい白湯が好みの方もいらっしゃると思います。しかし、お水は温度によって体への負担や吸収速度が違ってくるのはご存知でしょうか。
ここでは、飲料水の温度による効果の違いや、それぞれの飲み方についてご紹介します。

飲料水の温度による効果の違い

飲料水の温度を、冷水、常温、温水に分けてそれぞれの特徴を挙げてみましょう。

冷水【5~15℃】

冷蔵庫で冷やしてあったり、冷水器から出たりするお水で、夏場に飲むとおいしいと感じる温度のお水です。
夏場や激しいスポーツなどで汗をかいた際などには、冷たいお水を飲むようにしましょう。しかし、体温が下がったり、胃腸への刺激や負担が大きかったりする温度でもありますので、飲みすぎには注意しましょう。

常温のお水【20~35℃】

いわゆる「湯冷まし」と言われる温度のお水で、冷たくも温かくもないぬるいお水です。飲んだときの感覚はあまりよくないかもしれませんが、胃腸への刺激が少なく、体温が奪われることもありません。吸収速度は冷水に比べると劣るものの、身体への負荷も少ないため普段の水分補給に適しています。薬を飲む際なども常温のお水を使うとよいでしょう。

温水【60~80℃】

白湯とよばれる温かい温度のお湯です。常温と同じく胃腸への刺激や負担が少なく、体内へ吸収される速度も比較的ゆっくりです。体温を上げる効果があるため、リラックスしたいときや就寝前などに飲むと効果的です。夏場でもエアコンの温度が低くて寒いときは温水を飲むようにしましょう。

スポーツ時に飲むお水の最適な温度

スポーツ時は激しい運動とともに、大量の汗をかき、短い時間で急速に体内の水分が奪われます。また夏場の屋外での運動は、脱水症状の他、体温が上がりすぎる熱中症の危険もあります。冷たいお水(5~15℃)を飲むことによって体温が下がり、熱中症予防にも効果があると言えるでしょう。風呂上がりにも冷たいお水はおすすめです。

寝る前に飲むお水の最適な温度

就寝前には、身体や内臓を休める準備をしなければなりません。冷たいお水は刺激が強く体を冷やしてしまうので避け、常温か温水を飲むようにしてください。冬場などは体温を少し上げておくと、眠りにつきやすいと言われています。就寝前は、温水を飲むことで体をあたためながらリラックスするとよいでしょう。

おいしいお水の温度

日本人がおいしいと感じるお水の温度は5~15℃と言われています。特に喉が渇いているときは、冷たいお水がよりおいしく感じられるはずです。0℃近くまで冷やした氷水は舌がマヒしてしまい、おいしさをあまり感じられません。また体への負担も大きく、一気に飲むと頭が痛くなることがあるので、冷やし過ぎには注意しましょう。
冷蔵庫で冷やしたお水は5℃程度ですが、場所によってはもう少し下がってしまうこともあります。冷蔵庫から出してしばらくおいておくか、野菜室で冷やすのもおすすめです。また、冷蔵庫から出して保冷瓶に入れておけば、5~15℃で保たれるので便利です。

このように、水分補給をする際でも、水温によって体への負荷や吸収速度に差が出ます。ですからコンディションやシーンによって飲料水の温度を変えることが大切です。上記を参考にしながら温度にも気を使ってみてはいかがでしょう。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop