• ウォーターサーバー百科事典

筋トレと水分の関係性を知って身体をメンテナンスしよう

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
筋トレと水分の密接な関係

みなさんは筋トレといえば何を想像しますか?腕立て伏せやベンチプレスなど激しいトレーニングや食事制限のイメージが浮かぶと思いますが、筋肉と水が深く関わっていることはご存じでしょうか。

そこで今回は、筋トレと水分補給の関係や筋トレ中の水の摂取方法、筋トレ中にベストな飲み物などについて解説します。また、おいしく飲めるプロテインドリンクの簡単アレンジレシピもご紹介しているので、ぜひご参考にしてください。

筋肉と水の関係

人間の身体の約60~70%は水分でできており、筋肉にもたくさんの水分が含まれています。では、筋肉に与える水の影響にはどのようなものがあるのでしょうか。

運動パフォーマンスの向上

運動時は汗をかきやすく、それにより体内の水分が失われます。仮に体重の2%の水分を失うと、持久性パフォーマンスが低下します。そして、体重の3%の水分が失われるとスプリントパフォーマンスが低下してしまうのです。くわえて、水分不足のままトレーニングを行うと、筋肉増強の効果も小さくなることがわかっています。

つまり、運動時の水分不足は運動パフォーマンスの低下を招くのです。これは、言い換えれば「水分を補給することによってパフォーマンスを発揮できる」ということ。そのため、水を飲むことには運動パフォーマンスを向上させる働きがあるといえます。

栄養を届ける

食べ物から得た栄養は、血液によって筋肉、ひいては全身に運ばれています。そのため血流が悪くなると、全身に十分な栄養を届けることができません。

血流を整え身体に栄養を行き届かせるには、水を飲むことが大切です。水には老廃物の排出を促し、血流をよくする働きがあります。つまり、水分補給をすることで筋肉に必要な栄養を届けることができるのです。

疲労回復を早める

筋肉にはグリコーゲンと呼ばれる糖の一種が蓄積されており、これを「筋グリコーゲン」といいます。筋グリコーゲンは、筋肉を収縮するためのエネルギー源となるため、私たちの身体にとって必要不可欠です。

そんな筋グリコーゲンが分解される際には、同時に疲労物質である乳酸も生成されます。身体に十分な水分があれば血液が効率よく乳酸を運ぶため、疲労回復が早まったり、筋肉痛が緩和されたりする可能性があります。

尿酸値を下げる

尿酸とは、プリン体の分解によって生じる老廃物の一種です。肉や魚、ビールなどにはプリン体が含まれており、これらの摂取量が多いと血液中の尿酸値が高くなります。この状態を「高尿酸血症」といい、痛風や高尿酸血症、腎結石などの原因となり得ます。

「高尿酸血症を予防するには、プリン体が含まれる食品やビールの摂取を控えればよい」と考える方もいますが、実は筋トレをはじめとする無酸素運動も尿酸を産生させる要因のひとつです。なぜなら、新陳代謝が活発になることで尿酸値が上昇するからです。

尿酸は尿と一緒に体外へと排出されるため、尿酸値を下げ高尿酸血症を予防するには、普段から水を飲むことが欠かせません。この点から、水には尿酸値を下げる働きがあるといえます。

筋トレ中の水の摂取方法

筋トレ中に水分を補給するなら、「喉が渇いた」と感じる前に飲むことが重要です。喉の渇きは、すでに体内から約2%以上の水分が失われているというサインです。脱水に近い状態になっていますので、喉が渇く前に水分を補給するようにしましょう。

水分補給時の水の量は、1回あたりコップ1杯程度(150~250ml)を目安にしましょう。運動強度や気温、汗の量にもよりますが、10~15分ごとに1回程度の割合で水分補給を行うのがベストです。なお、温度は低めのほうが体内に素早く吸収されますので、冷たい水やドリンクを飲むのがおすすめです。

飲み過ぎには要注意

筋トレ中の水分補給は欠かせないとはいえ、1回でたくさんの量を飲んでしまうのは危険です。なぜなら、水を過剰摂取することによって「水中毒」を引き起こしてしまう可能性があるからです。

水は、体内で利用された後に腎臓で処理され、尿となって体外に排出されます。しかし、腎臓の処理には限界があり、それを超えてしまうと水中毒の主な症状である「低ナトリウム血症」を引き起こしてしまうのです。具体的な症状には頭痛や嘔吐があり、重症な場合は脳浮腫による意識障害が起こります。このような事態を防ぐためにも、水の飲み過ぎには十分に注意することが大切です。

筋トレ中は何を飲めばよい?

では、筋トレ中の水分補給には何を飲むのがよいのでしょうか。

スポーツドリンク

スポーツドリンクには、グルタミンやアルギニン、必須アミノ酸のBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシンの総称)など、身体に必要な栄養素が含まれています。たとえば、BCAAはエネルギー源になりやすいため、筋トレ中にスポーツドリンクを飲めば、運動パフォーマンスを向上しやすくなるといえます。

またスポーツドリンクには、汗で失われやすいナトリウムも含まれています。
運動などにより体内の水分を失った際、ナトリウムを含んだ飲料を飲むと、血漿(血液の血球成分(赤血球・白血球・血小板)以外の液体成分)がスムーズに回復するといわれています。そのため、汗により体内の水分を失いやすい筋トレ中の水分補給には、スポーツドリンクが適していると考えられます。

ただし、スポーツドリンクには糖分やカロリーが多く含まれているため、大量に摂取すると太りやすくなる可能性があります。また、普段からスポーツドリンクを好んで飲んでいる場合は、糖尿病を発症する危険性もあるので注意しましょう。

このほか、スポーツドリンクを含む「糖分が多く含まれた清涼飲料水」を飲み過ぎると、「清涼飲料水ケトーシス」を引き起こす可能性があります。具体的な症状には倦怠感や体重の減少、著しい喉の渇きなどがあげられます。
喉の渇きからスポーツドリンクを摂取すると悪循環となるので、飲み過ぎは避けなければなりません。仮に、スポーツドリンクで水分補給をするのであれば、粉末タイプのものを規定量より薄めて飲むとよいでしょう。

プロテイン

筋肉を付ける上で必要なタンパク質を補給できる、プロテイン。筋トレの効果を最大限発揮させるために摂取している方もいるでしょう。

プロテインは市販品が多く、一般的には粉末状のものを水や牛乳で溶かして飲みます。手軽にタンパク質を補給できるメリットがある一方で、製品によってはあまりおいしくいただけないのが欠点です。そこでプロテインをおいしくいただけるレシピをご紹介します。

材料

  • 市販のプロテイン粉末(プレーン)
  • 好きな果物や野菜
  • ハチミツ

果物は基本的に何でも構いませんが、バナナ・リンゴはカロリーが低い上に、ビタミンやミネラルが豊富なのでとくにおすすめです。もちろん、さまざまなフルーツをミックスしてもOKです。なお、レモンなどの果汁を香り付けに入れると風味が変わります。

果物が苦手な方は、ニンジンやトマトなどの野菜を入れてみましょう。
甘さを加えたい方はハチミツを入れるのがおすすめですが、入れ過ぎには注意しましょう。

これらをミキサーでかき混ぜれば出来上がりです。濃さは水の量で調整してください。

麦茶

麦茶は、ミネラル(ナトリウム・カリウム)が豊富に含まれている飲料です。筋トレ中は体内の水分とともにミネラルも失われてしまいますが、麦茶を飲むことでその両方を補うことができます。
くわえて、麦茶の原料である大麦には身体を冷やす働きがあるため、筋トレ中に飲むことで体温上昇による運動パフォーマンスの低下を防ぎやすくなります。

ただし、麦茶には身体を冷やす働きもあるので、冷やして飲む際には飲み過ぎに注意しましょう。

水にはカロリーがないので、筋トレ中の水分補給にはとくにおすすめです。必要な栄養素は食事などで補うようにし、筋トレの水分補給はできるだけ水を飲むようにしましょう。

筋トレ中に水を飲む際は、味にこだわることも大切です。なぜなら、水と一言でいっても水道水や天然水、ミネラルウォーターなど種類が豊富にあり、それぞれで味が異なるからです。
たとえば、水道水には菌を除去するための塩素が含まれており、これが水の風味に影響を及ぼします。そのため、水道水の味を苦手としている方は少なくありません。
一方で天然水やミネラルウォーターは、製品によって含まれているミネラル成分が異なります。ミネラル成分は水の味を左右するもとになるので、選ぶ際は配合量を確認するようにしましょう。

仮に、好まない味の水を選んでしまうと、水分補給が億劫になってしまう可能性があります。身体が水分不足になると運動パフォーマンスが低下するだけでなく、脱水症状や循環不全などを引き起こす危険性もあります。そのため、好みの味の水を選んで、積極的に水分補給する環境を整えましょう。

筋トレ時の水分補給にはアクアクララの水がおすすめ!

「筋トレ時に飲む水の衛生面・味にこだわりたい」という方には、アクアクララの水がおすすめです。

アクアクララの水は、食品衛生法の基準を満たした水道水や地下水を原水としています。この原水に含まれる不純物を独自の技術を使った1000万分の1mmの極小浄化孔フィルター「RO膜(逆浸透膜)」でろ過。限りなく純水に近い水に近づけます。この水はミネラル分をバランスよく、添加しています。「カルシウム9.8mg/L」「ナトリウム5.0mg/L」「カリウム1.7mg/L」「マグネシウム1.2mg/L」の配合量にすることで、おいしい水に仕上げているのです。

さらに、アクアクララの水の硬度は「29.7mg/L」の軟水です。まろやかな口当たりで飲みやすいので、筋トレ時だけでなく毎日の水分補給にもおすすめといえます。

このほか、アクアクララの水がおすすめな理由には、「おいしい水を飲み続けることができる」という点もあります。
アクアクララでは、専用の製造工場を設けて徹底した品質管理を行っています。テイスティング専門のスタッフによって日々おいしさのチェックが行われているため、常に一定のおいしさをキープしています。そのため、水の味にこだわりたい方には、アクアクララのウォーターサーバーがおすすめといえます。

天然水ではなくRO膜(逆浸透膜)でろ過した安心安全な軟水

おいしいお水が誕生するまで

まとめ

筋肉と水分には深い関係があり、効率よく筋トレを行うためには水分補給が欠かせません。今回ご紹介した内容を参考にしながら、喉が渇く前に筋トレ中に最適な飲み物で水分を補給するようにしましょう。

なお、アクアクララの水は「RO膜(逆浸透膜)」でろ過し、不純物を除去した水です。衛生的で安心して飲めるだけでなく、あとから4種のミネラル成分をバランスよく配合しているので味も抜群です。筋トレ中に飲む水にこだわりたい方は、ぜひこの機会にアクアクララのウォーターサーバーを利用してみてください。