水道水の塩素の除去方法

水道水の塩素の除去方法

日本の水道水は厳しい水質基準によって管理されていて、先進国の中でもトップクラスの安全性を誇っています。ところが人によってはまれに、水道水を使って肌が荒れたり、髪がパサついたりといったトラブルが起きてしまうことも……。これは、水道水の「残留塩素」によるもので、お水を飲んでカルキ臭いと感じるのもこの残留塩素が原因です。なぜ、水道水に塩素が含まれているのでしょうか? 残留塩素の除去方法と合わせて、詳しく解説します。

水道水に塩素が含まれている理由

日本国内では、水道水には「塩素」を入れることが水道法によって義務づけられています。これは、塩素が持つ強い漂白・殺菌作用を利用して、お水に含まれている大腸菌などの病原菌や雑菌、細菌などを消毒するためです。基本的に水道水に添加する塩素は微量のため、人体には影響のない濃度だとされていますが、法律で蛇口から出る水道水の中に0.1mg/L基準値以上の残留塩素があることが義務づけられています。塩素の最低基準が設けられており、水道水の殺菌消毒が確実に行われていると判断しているためです。

ただし、「水質管理目標値」によって残留塩素の上限が決められているので、その数値が高すぎるということはありません。とはいえ、人によってはわずかな残留塩素によって肌トラブルを起こしたり、臭いが気になったりすることもありますので、そうした場合には残留塩素を除去してからお水を使うようにしましょう。

水道水から塩素を除去する方法

残留塩素の除去方法としては、塩素を分解する作用があるビタミンC(レモン果汁など)をお水1Lあたり数滴入れる方法や、汲み置きしたお水を日光に6時間以上当てて紫外線によって残留塩素を分解する方法、市販の浄水器を利用する方法などがあります。

また、水道水の残留塩素は熱にも弱いため、「煮沸」によって除去することも可能です。ただし、その場合には沸騰してから「さらに15分以上」必ず沸騰し続けましょう。なぜなら、水道水には消毒処理の過程で発がん性があるとされる「トリハロメタン」という物質が含まれていない場合があり、水道水を沸騰させることで2〜3倍に増え、沸騰直後に最もその濃度が濃くなるからです。

水道水が沸騰してからさらに15分ほど沸騰し続けることで、水分中のトリハロメタンはなくなりますが、気化したトリハロメタンを空中に逃がすためにやかんのフタは開けたままにしておかなくてはなりません。この時、空焚きには注意しましょう。塩素を除去した水道水は殺菌効果が弱くなっていますので、2日以内を目安に飲みきることも大切です。

アクアクララなら手間なくおいしいお水が飲める

もっと手軽に安全でおいしいお水を飲みたい! という人には、アクアクララがおすすめです。アクアクララは食品衛生法の基準を満たしたお水を原水としているだけでなく、独自技術である「RO膜(逆浸透膜)」でそのお水をろ過しているため、その過程で不純物はもちろん、塩素も取り除かれています。そのため、開封後ウォーターサーバーにセットしていただいて、2週間おいしいお水を簡単に飲むことができるのです。

小さな赤ちゃんのいるお宅や、口にするものの安全性にこだわりたい方は、ぜひアクアクララの利用をご検討ください。

参考:
水道法施行規則(昭和三十二年十二月十四日厚生省令第四十五号)
最終改正:平成二七年八月三一日厚生労働省令第一三三号

<残留塩素を除去する方法>/大和郡山市のホームページ

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop