冬場も水分補給を忘れずに

冬場も水分補給を忘れずに

水分補給が必要なのは、汗をかきやすい夏場だけと思われやすいですが、実は冬場も水分が不足しがちになります。冬場は空気の乾燥により体表の水分が蒸発し、また喉の渇きも感じにくいため、気付かないうちに水分不足になっていることも……。
ここでは、冬場の水分補給の大切さや、効果的な水分補給方法をご紹介します。

風邪などの予防にも水分補給が大切

冬場は空気が乾燥し、風邪をひきやすくなります。また、インフルエンザウイルスは空気が乾燥すればするほど活発になり、感染するリスクが高まります。
通常、ウイルスは口や鼻から空気と一緒に入り込みますが、気道の粘膜にある線毛がウイルスを絡め取り、咳や痰となって体外へ排出されます。しかし、体内の水分が不足すると線毛が乾燥し、粘膜細胞にウイルスが付着しやすくなり、体外に排出されずにそのまま取り込まれてしまうのです。また、体温低下も線毛の活動が鈍る原因の一つです。
このことから、体を暖かくし、水分補給をしっかり行うことが風邪やインフルエンザ予防には効果的と言えるでしょう。

脱水症状の危険

脱水症状と言えば夏場をイメージしますが、危険なのは逆に冬場だと言われています。
空気が乾燥すると、皮膚や粘膜などから水分が蒸発し、気付かないうちに体内の水分が失われていきます。特に空気が乾燥しやすい室内のほうが脱水症状になりやすいと言われており、汗をかかず喉の渇きもあまり感じられないため、予想以上に脱水症状が進行していることがあります。

主な脱水の症状としては、「めまい」「立ちくらみ」「唇の渇き」「意識低下」「尿の量が少なく、色が濃い」などが挙げられます。このような症状が出た場合は、脱水状態になっている可能性があるので、早急に水分を補給しましょう。
脱水症状を避けるためには、喉の渇きを感じなくても1~2時間ごとにコップ1杯程度のお水を飲むことが大切です。就寝前や起床直後、入浴前後などのタイミングにもこまめな水分補給を心がけましょう。
スポーツドリンクは糖分も多く含まれているため、定期的な水分補給にはおすすめできません。また、冬場は汗をあまりかかず体の塩分が失われることも少ないため、普段はお水やお湯で水分補給を行い、塩分や糖分は食事で摂取するようにしましょう。

水分が不足すると冷え性になりやすい

冷え性の原因としては、ストレスや運動不足による血行不良、メタボリックシンドロームなどが挙げられますが、水分不足によっても発症しやすいことが知られています。
体内の水分が不足すると、血液の循環が悪くなり、代謝が低下し、身体のむくみや冷え性の原因になります。人間の体の60~70%は水分でできており、さらに血液は90%が水分でできています。水分の不足は血液に直結する部分が多く、こまめな水分補給は血液をサラサラにし、代謝を高めて冷え性予防に効果的と言えるでしょう。

冬場は温かいお水とお茶で水分補給

冬場に冷たいお水を飲むと体を冷やしてしまう原因になります。温かいお水やお茶で水分補給をしましょう。アクアクララのウォーターサーバーならボタン1つで80~90℃のお湯が出るので、すぐに温かい飲み物が飲めて便利です。生姜湯やハチミツ湯なども体が暖まるのでおすすめです。ただし、コーヒーなどカフェインが多いものは利尿作用が働くため飲み過ぎには注意しましょう。

このように冬場は脱水症状になりやすく、夏場と変わらず水分補給が大切と言えます。単にお水やお湯を飲むだけですが、風邪やインフルエンザ、冷え性の予防などメリットが大きいので、今からでもこまめに水分補給を心がけるようにしましょう。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop