精製水の種類を知ろう

精製水の種類を知ろう

ドラッグストアなどで一般的に販売されている精製水ですが、一口に精製水と言ってもその精製方法によって様々な種類があります。水道水やミネラルウォーターよりも純度が高く、医療器具の滅菌や工業用機械の洗浄から家庭でのスキンケアまで幅広い用途があります。

精製水の種類と特徴

精製水は、水道水を煮沸させたり、特殊なろ過装置を通したりして不純物(ミネラル成分・残留塩素・微粒な砂など)や微生物を除去(精製)した純度の高いお水です。精製方法により、以下の4種類に分類されています。

蒸留水

水道水を沸騰させた時に発生する蒸気を冷却して液体にしたものを、蒸留水と呼んでいます。水道水に含まれる電解質と一部の不純物が除去されていますが、蒸気を冷却する際に、蒸留管の内側に付着している不純物が混入してしまう場合もあります。

イオン交換水

イオン交換水は、イオン交換樹脂と呼ばれる樹脂を通し精製されたお水です。イオン交換樹脂には、水道水に含まれるナトリウム、マグネシウムなどの陽イオン、塩素や炭酸などの陰イオンを吸着する性質があります。水道水のナトリウム、マグネシウム濃度が高い(硬水であることが多い)海外では、胃腸の弱い子どもやお年寄りが、水道水をそのまま飲むと下痢などの症状を起こすことがあるため、家庭用の「純水器」が普及しています。ただし、純水器は本体のコストに加え定期的に樹脂交換が必要になる上、水の味を左右する水分中のミネラルもろ過してしまうというデメリットもあります。

超純水

イオン交換樹脂や各種フィルターなどを用いて精製された精度の高いお水を超純水と呼んでいます。純度の高いお水を必要とする半導体の製造、医療分野での研究・開発などの領域で活用されています。

RO膜水

Reverse Osmosis(逆浸透現象)と呼ばれる、ろ過方法で精製されたお水をRO膜水と呼んでいます。RO膜水は、他の精製方法では除去しきれないウィルスや金属類、放射線ヨウ素までも除去することができ、純度の高いお水として知られています。

精製水はいくつかの種類に分かれるということがおわかりいただけたでしょうか。精製水を飲んでも害はありませんが、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分も除去されているため、決しておいしいとは言えません。

アクアクララはRO膜水にミネラルをプラスしたデザインウォーター

アクアクララは、安全性の高いRO膜水にミネラル成分をバランス良く加え、日本人が好む味に調整されています。体に優しく安全なお水ですから、赤ちゃんのミルク作りにもおすすめです。専用ボトルに密閉されたお水は、未開封の状態で180日間保存できるので震災対策の備蓄水としてもおすすめです。

このように精製水の他にも、私たちの生活に欠かせないお水には、様々な種類があります。特に飲料水は安全で確かな品質なもの、そして毎日体に取り入れるものだからこそ、おいしさにもこだわって選びたいですね。

お申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

商品やサービスを
もっと詳しく知りたい

アクアクララについて

0120-331-626

営業時間:平日9:00~17:30

当社はプライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。
アクアクララウォーターボトル
エコマークを取得いたしました
当社は、JDSA
(日本宅配水&サーバー協会)
の正会員です。

scroll to pagetop