• ウォーターサーバー百科事典

お茶(日本茶)の正しい淹れ方!ウォーターサーバーの活用方法も解説

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

日本茶はどこのご家庭でも馴染み深いお茶ですが、濃くなって渋みが強くなってしまったり、思ったよりも香りが少なくなってしまったり、上手にいれるのは意外と難しいものです。日本茶は、淹れ方ひとつで全く味わいが異なるため、おいしい日本茶を淹れる基本(水の硬度、温度、蒸らし時間など)だけでも押さえておくと、自分好みの味を楽しむことができます。

そこで今回は、日本茶に合う水の種類やおいしく淹れるポイント、ウォーターサーバーを使った淹れ方をご紹介します。また、日本茶をおいしくする蒸らし時間などもまとめているので、ぜひご覧ください。

リラックス効果が期待できる!「日本茶」とは

日本茶は香りを楽しむことはもちろんですが、どちらかというと甘くまろやかな「旨み」を楽しむお茶だといえます。

日本茶の旨み成分の素は、テアニンと呼ばれるアミノ酸です。玉露や抹茶といった高級な茶葉ほどテアニンが多く含まれています。コーヒーなど、ほかの飲み物で同量のカフェインを摂取したときに比べ、穏やかな興奮作用にとどまるといわれるのも、日本茶に含まれるテアニンのお陰なのだそうです。

さらに、テアニンには筋肉をゆるめて血管を拡張し、緊張を緩和する働きもあります。これにより、リラックス効果が期待できます。

このほか、日本茶にはカテキンも含まれており、免疫力アップや血中コレステロールの低下といった効果を得ることができます。日本茶は味や香りを楽しむだけでなく、健康食品としても重宝されている飲み物です。

軟水?硬水?日本茶に合う水の種類

日本茶に合う水の種類をご紹介する前に、まずは「硬度」について解説します。

硬度とは、水1,000ml中に含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量を示す指標です。WHO(世界保健機関)では、硬度120mg/L未満を軟水、120mg/L以上を硬水と分類しています。
このうち、日本茶の旨みをより引き出すことができるのは、硬度が低い「軟水」です。そのため、日本茶には軟水が適しています。一方で、硬水は旨みよりも香りを引き立たせる効果があるので、中国茶などの「香り」を楽しむお茶には、硬度が高めの水のほうが相性はよいといわれています。

旨み成分をたっぷり含んだおいしい日本茶を淹れるには、不純物が一切含まれない純度の高い水を選ぶのがポイントです。たとえば、「RO膜(逆浸透膜)」というろ過システムを使って作るRO水は、1000万分の1mmという小さな不純物まで除去しているので、日本茶をおいしく仕上げることができます。
アクアクララが提供するお水は、限りなく純水に近い水にミネラル成分を添加した「デザインウォーター」です。茶葉と相性のよい硬度「29.7mg/L」の軟水なので、旨みたっぷりのおいしい日本茶を味わうことができます。

なお、硬水と軟水の違いやメリット・デメリットなどについては以下の記事で詳しくまとめているので、ぜひご覧ください。

硬水と軟水は何が違う?それぞれの特徴とメリットデメリットをご紹介

押さえておこう!おいしい日本茶を淹れるポイント

おいしい日本茶を淹れるためにも、以下のポイントを押さえておきましょう。

水道水を使う場合は「カルキ抜き」をする

日本茶を淹れる際に水道水を使う場合は、カルキ抜きをするのがおすすめです。なぜなら、カルキが日本茶の風味を阻害してしまうからです。

カルキ抜きの方法はとても簡単です。
まずヤカンに水道水を入れ、ふたを開けた状態で朝まで放置します。次に、汲み置きした水道水を沸騰させます。沸騰後は弱火にし、そこからさらに3~5分程度火にかけた状態にします。これでカルキ抜きは完了です。

水道水を長時間沸騰させ続けるとミネラル成分が失われてしまうので、火にかけすぎないよう注意しましょう。

なお、水道水のカルキ抜きについては以下の記事でご紹介しているので、ぜひあわせてご確認ください。

水道水のカルキ抜きはいつ必要?代表的な5つの方法とともにご紹介

ミネラルウォーターを使う場合は「国内産」を選ぶ

日本茶を淹れる際にミネラルウォーターを使用する場合は、国内産を選ぶことが大切です。
外国産のミネラルウォーターは硬水であることが多く、日本茶を淹れる際に使用すると苦み・渋み・旨みのバランスが崩れてしまいます。その点、国内産のミネラルウォーターは日本茶に適した軟水であることが多いので、おいしい日本茶に仕上げることができます。

なお、日本茶に適した水の硬度は30〜80mg/Lです。国内産のミネラルウォーターを選ぶ際も、ラベルに表示されている硬度を確認してから購入しましょう。

手順をご紹介!ウォーターサーバーで日本茶を淹れよう

日本茶は水道水やミネラルウォーターのほか、ウォーターサーバーの水でも淹れることができます。
ウォーターサーバーを使ったおいしい日本茶の淹れ方は、以下のとおりです。

1.お湯で急須を温める

まず急須にウォーターサーバーのお湯を入れて、急須を温めます。急須を温めることによってお茶が冷めてしまうのを防ぐことができ、日本茶の旨みを引き出しやすくなります。

2.湯呑みにお湯を注ぎ適温に冷ます

次に、急須のお湯を湯呑みに注ぎ、適温に冷まします。日本茶をおいしく淹れるには温度管理が重要なので、「適温にまで冷ますのが面倒」といってこの工程を飛ばさないようにしましょう。
なお、緑茶の一種である煎茶をおいしく淹れる温度は、70〜80℃といわれています。

3.急須に日本茶葉を入れる

お湯を適温に冷ましたら、次は急須に日本茶葉を入れます。茶葉の適量は1人あたり60cc(約2g程度)といわれているので、お茶の種類や人数に合わせた量を入れるとよいでしょう。

4.湯呑みで冷ましたお湯を急須に入れる

続いて、湯呑みで冷ましたお湯を急須に入れ、30秒〜2分ほど待ちます。なお、蒸らし時間については後ほど詳しくご紹介します。

5.完成した日本茶を湯呑みに注ぐ

最後に、完成した日本茶を湯呑みに注ぎます。このとき「廻し注ぎ(まわしつぎ)」と呼ばれる注ぎ方を意識すると、日本茶をおいしく淹れることができます。
たとえば、湯呑みが3つあったら「1つ目・2つ目・3つ目」の順番で少しずつ均等に注いだあと、今度は「3つ目・2つ目・1つ目」の順で注ぎ、それを繰り返します。これにより、日本茶の量・味を均一にしやすくなります。

絶対に外せないステップ!「蒸らし」について

お湯の温度と並んで重要なのが、茶葉の成分を抽出するための「蒸らし」です。蒸らしによって茶葉が開きお湯に成分が溶け出すので、茶葉の種類に合わせてきちんと蒸らし時間を取りましょう。

日本茶の中でも、香りを楽しむ煎茶などは30秒~1分ほどでもよいですが、玉露など旨みを楽しむ高級茶葉を使うときは少し長めに2分ほど蒸らすと、おいしさを最大限に引き出すことができます
また、茶葉の成分を抽出している間(蒸らし時間)に急須をゆすってしまう方がいますが、ゆすると余計な渋みが出てしまうので、お湯を注いだら静かに待ちましょう。

あわせてチェックしよう!日本茶に関するQ&A

日本茶に関する理解をより深めるため、以下のQ&Aも押さえておきましょう。

お湯の温度で味が変わるってホント?

日本茶を淹れるお湯の温度でも、お茶の味が変わります。

高温のお湯を使って淹れると渋みの素であるタンニンがよく溶け出すので、渋みの強い味わいになります。逆に温度が低いお湯を使って淹れると、旨みが強くなります。これは、旨みの素になるテアニンが、温度の低いお湯のほうがより抽出されやすくなるためといわれています。

日本茶の種類によってお湯の最適な温度は違う?

日本茶を淹れるときのお湯の温度が高いほど、渋みが強くなり香りも豊かになります。そのため、煎茶などの香りを楽しむ日本茶は、80℃くらいの高温がよいといわれています。
一方で玉露などの高級茶葉は、煎茶と比べて旨み成分の量が比較的多いので、50℃程度の少しぬるめのお湯で淹れると、茶葉本来の旨みを引き出しやすくなります。

おいしい日本茶を手軽に楽しめる!ウォーターサーバーのすすめ

アクアクララのウォーターサーバーがあれば、いつでもおいしい日本茶を味わうことができます。

アクアクララが提供するお水は、硬度・温度ともに茶葉の成分を存分に引き出すのに適しています。茶葉の成分を最も引き出すとされる80~90℃の温水を、ボタンひとつで準備できます。水道水をヤカンに入れて沸騰させる手間も、適温まで冷ます手間も不要です。少しぬるめのお湯が欲しいときでも、温水に冷水を加えるだけであっという間に調整できます。

日本茶は、心と身体をリラックスさせる効果以外にも、さまざまな健康効果があることで知られています。アクアクララのウォーターサーバーがあれば、日本茶の魅力をいつでも存分に味わうことができます。お湯を沸かす手間なく、おいしい日本茶を淹れることができるので急な来客にも慌てません。一度使い始めたら、きっと手放せないアイテムになるはずです。

水出し専用の日本茶・コーヒーも楽に用意できる

また、ウォーターサーバーがあれば、水出し専用の日本茶・コーヒーも楽に用意できます。

1.ポットに茶葉・コーヒーパックを入れる

日本茶を飲む際は、水1Lに対し10~15gほどの日本茶葉を入れます。
コーヒーを飲む際は、水1Lに対し100gほどのコーヒー豆を用意し、それを茶葉を入れるパックに詰めてポットに入れます。

2.ポットに水と氷を入れる

次に、ポットに氷を入れウォーターサーバーの水を注ぎます。

3.冷蔵庫で冷やす

最後に、冷蔵庫で冷やし完成です。

水出しの日本茶は、1〜2時間ほど冷蔵庫で冷やします。茶葉は開ききらなければ何度でも使えるので、水を継ぎ足していくとよいでしょう。
水出しのコーヒーは、8時間ほど冷蔵庫で冷やします。使用したコーヒー豆入りのパックを入れたままにしておくと雑味が出る可能性があるので、十分に抽出できたら取り出すようにしましょう。

まとめ

日本人に馴染み深い日本茶は、水や温度、蒸らし時間により味が変わるお茶です。そのため、おいしい日本茶に仕上げるには、正しい淹れ方を押さえておくことが大切です。ぜひ、今回ご紹介した内容をご参考にしてください。

仮に、「おいしい日本茶を手軽に淹れたい」という場合は、アクアクララのウォーターサーバーを使うのがおすすめです。
アクアクララでは、「RO膜(逆浸透膜)」というろ過システムを使って不純物を取り除いたRO水を採用しています。さらに、4種のミネラル成分(カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム)をバランスよく添加しているので、おいしいお水に仕上がっています。
くわえて、アクアクララのお水は「硬度29.7mg/L」の軟水なので、日本茶を淹れるのにおすすめです。

アクアクララのウォーターサーバーがあれば、適温のお湯をスムーズに準備できるので、手間を省きながらおいしい日本茶を淹れることができます。まだ試したことがない方は、ぜひこの機会にアクアクララのウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか。

天然水ではなくRO膜(逆浸透膜)でろ過した安心安全な軟水

おいしいお水が誕生するまで