コラム記事

子育てに関する疑問や日々の暮らしに
役立つ情報をコラムにして紹介しています。

【助産師監修】赤ちゃんが麦茶を飲める
時期はいつから?

生まれたばかりの赤ちゃんが最初に口にするものといえば、ママの母乳やミルク。では、次に赤ちゃんが飲むものはなんでしょうか?「麦茶」を選ぶ方が多いかもしれません。多くの薬局では赤ちゃん用の麦茶が売られていますし、子どもから大人まで、日々の水分補給として身近な飲み物です。

この記事では、赤ちゃんに麦茶を与え始める時期や、おすすめの麦茶、麦茶の飲ませ方や保存方法など、麦茶に関する情報をまとめています。ぜひチェックしてみてください。

赤ちゃんに麦茶を飲ませることはできる?

「麦茶にはカフェインが入っている」と思っている方も少なくないでしょう。実は、麦茶にカフェインは含まれていません。麦茶のパッケージに"ノンカフェイン"や"カフェインゼロ"と記載があるものもありますが、実はどの麦茶を選んでもノンカフェインなのです。そのため、麦茶は赤ちゃんの水分補給にぴったりの飲み物といえます。

では、生後何カ月になれば、赤ちゃんに麦茶を飲ませても大丈夫なのでしょうか?

麦茶を飲ませることができる時期

基本的には、生後1カ月ごろから麦茶を飲ませて問題ありません。ただし、麦茶は栄養補給にはならないため、生後5~6カ月ごろまでの赤ちゃんには、あえて麦茶をあげる必要はないとされています。離乳食を始めるタイミングで麦茶を取り入れていくのもよいでしょう。

赤ちゃんに麦茶を飲ませるメリット

赤ちゃんはたくさん汗をかきます。汗をたくさんかいたときに汗と一緒に失われるのがミネラル。麦茶にはミネラルが豊富に含まれているので、水分とミネラル補給にぴったりなのです。

ほかにも、離乳食を食べたあとには歯に汚れが付着するので、食後に麦茶を飲ませれば汚れをさっと落とすことができます。ただし、汚れがきれいに落ちるわけではないのでしっかりとした歯磨きケアが必要です。

麦茶を飲ませるときの注意点

赤ちゃんが下痢になっているときは、脱水症状になりやすくなるので、水分補給を気にかけてあげましょう。水分補給に麦茶を与えるのもよいですが、下痢をしているときは栄養も一緒に排出されてしまうため、母乳やミルクでの栄養補給も忘れずに。

赤ちゃん用の麦茶の紹介

赤ちゃん用品店やドラッグストアなどで売られている赤ちゃん用の麦茶には、さまざまな種類があります。

ティーバッグタイプ

大人用の麦茶にもよくあるティーバッグタイプは、一度にたくさんの量が作れるのがうれしいポイント。赤ちゃんだけでなく家族全員で麦茶を飲む家庭にもおすすめです。煮出し時間が長いと味が濃くなってしまうので、濃さを調整して飲ませるとよいでしょう。

ティーバッグタイプには水出し・煮出しの2種類があります。日本の水道水は、世界的に見ても安全でそのまま飲んでも大丈夫とされていますが、健康に影響しない濃度の残留塩素でも気になるという方も少なくなく、煮出しタイプにするのが一般的です。10分以上沸騰させれば、水道水の中の残留塩素などを除去できるといわれていますので、目安にしましょう。

粉末タイプ

水やお湯に粉を溶かして作る粉末タイプの麦茶もあります。作れる量は少なめですが、1回分ずつ少量で作ることができるので衛生面においても安心です。まだたくさん飲めない月齢の赤ちゃんにおすすめです。

冷たい水に溶けるものが多いですが、冷たい水は赤ちゃんの胃腸に負担をかけてしまうこともあるので、水で溶かしたい場合は水道水をそのまま使うのではなく、沸騰させたお湯を冷ました「湯ざまし」を使うとよいでしょう。

ペットボトルや紙パックタイプ

薄めたり煮出したりせず、そのままあげることができるペットボトルや紙パックのタイプは、外出時にとても便利です。

特に紙パックタイプは、ストロー飲みができるようになった赤ちゃんであればそのまま飲むことができるので、赤ちゃん用の水筒を忘れてしまったときなどにも安心です。

ウォーターサーバーで麦茶を作るメリット

赤ちゃん用の麦茶を作る場合、先述の通り、水道水を沸騰させて残留塩素を飛ばし、冷ますとよいです。しかし、ウォーターサーバーのお水には残留塩素が含まれていないので、そのまま水出しすることができて手軽です。粉末の場合には混ぜるだけで大丈夫なので、さらに便利でしょう。アクアクララのウォーターサーバーであれば、厳しい検査基準を通過したRO水なので、残量塩素などの心配をしなくて済みます。

関連記事:天然水ではなくRO水のウォーターサーバーを選んだ理由

赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方

赤ちゃんに初めて麦茶をあげるときは、まずスプーンひとさじの量から始めましょう。様子をみつつ、徐々に飲ませる量を増やしていきます。
離乳食を始めたばかりの生後5~6カ月の赤ちゃんは、まだストローでうまく吸うことができないため、しばらくはスプーンや哺乳瓶で飲ませるとよいでしょう。

麦茶の量と温度

赤ちゃんの飲み物が冷たすぎたり、熱すぎたりするのはよくありません。煮出した麦茶であれば、湯冷ましを加えるなどして人肌の温度(40°C程度)に調節してあげましょう。ウォーターサーバーの水ならば、そのまま使えて便利です。

使用容器

離乳食スタート前の赤ちゃんに麦茶を与えるときは、哺乳瓶に入れてあげるのがよいでしょう。完全母乳で育てている場合は、初めのうちは戸惑ってしまうかもしれません。そのときは離乳食用のスプーンであげてみてください。

タイミング

赤ちゃんは入浴時やお出かけ後にたくさん汗をかきます。赤ちゃんの髪の毛を触って湿っている、体が熱いと感じたときには、麦茶を与えて水分とミネラルを補給してあげるとよいでしょう。ただし、離乳食スタート前の赤ちゃんには、母乳からの栄養摂取が重要になるため麦茶での水分補給をさせすぎないようにしましょう。

大人用の麦茶を与えるときのポイント

大人用の麦茶は赤ちゃん用のものと比べて濃くなっています。初めのうちは5〜6倍、慣れてきたら2〜3倍と、薄めて与えるようにしましょう。その場合、水道水が冷たい場合は、湯冷ましやウォーターサーバーの水を使うとよいです。
市販の赤ちゃん用の麦茶は、赤ちゃん用に調整されているため薄めずそのままあげて問題ありません。

赤ちゃん用の麦茶の保存方法

赤ちゃんにあげる麦茶を保存するときには、以下のことに注意しましょう。

保存期間

麦茶には、緑茶などに含まれるカテキンのような抗菌作用のある成分が含まれていません。傷みやすいので、なるべく作った当日に飲み切るようにしましょう。もし飲み切れなかった場合は、大人が飲む用にしてもよいです。

保存容器

麦茶の保存容器は清潔なものを使いましょう。また、常温での保存は傷みが早くなるため、必ず冷蔵庫で保存してください。

赤ちゃんの麦茶に関するよくある質問

ここからは、赤ちゃんに麦茶を飲ませる場合に、よくある疑問について解説します。

麦茶を冷凍保存できる?

せっかく作った麦茶ですので、できれば長く保存したいもの。
麦茶は、離乳食のおかゆのように冷凍できるのでしょうか?答えは「YES」です。
冷蔵保存だと2日ほどで飲み切る必要がありますが、冷凍した麦茶であれば、だいたい1週間は保存が可能だといわれています。

アレルギーの心配は?

麦茶は大麦から作られているため、小麦アレルギーとは直接関係ないとされています。しかしアレルギー反応が必ずしも起こらないというわけではありません。小麦アレルギーがある場合には、事前に医師に相談するほうがよいです。

初めて赤ちゃんに麦茶をあげるときは、スプーンひとさじから始めて、様子をみながら量を増やしていきましょう。

まとめ

赤ちゃんの水分補給にぴったりな「麦茶」。カフェインも含まれておらず、家族みんなで飲めてうれいしいですね。離乳食が始まる生後5カ月〜6カ月頃までは、母乳やミルクを飲んでいれば麦茶をあげなくても大丈夫。赤ちゃんとママ、パパのペースで麦茶にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

監修者望月 里恵(助産師)

美大卒業、大手印刷会社でアートディレクターを経験後、命の誕生に魅せられ助産師になる。産科勤務を経て2020年にリエ助産院開業。母乳相談や育児相談、各種教室運営を行うかたわら、年間300件の乳児訪問を行う。オンライン妊娠出産育児サークル「うみそだてcafé」では妊娠期から利用できる、つながりの場を提供している。プライベートでは二児の母。