コラム記事

子育てに関する疑問や日々の暮らしに
役立つ情報をコラムにして紹介しています。

【赤ちゃんがいる家庭向け】湯冷ましとは?
活用シーンと作り方をご紹介

赤ちゃんの水分補給に最適な「湯冷まし」。初めて子育てをする方の中には、「湯冷ましとはどのようなものなのか」「どうやって作るのか」と疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、湯冷ましの必要性や活躍シーン、作り方についてご紹介します。ぜひご覧ください。

湯冷ましとは?
その必要性を把握しよう

湯冷ましとは、沸騰させたお湯を冷ました水のこと。作るのに手間と時間がかかるので、「赤ちゃんに水道水をそのまま与えてはいけないの?」と疑問に感じる方もいるでしょう。
結論からいうと、赤ちゃんに水道水を飲ませても問題ありません。ただし、水道水には殺菌作用のある塩素が含まれています。塩素は水の味や風味を落とすだけでなく、人によっては肌トラブルを引き起こす原因にもなり得ます。こうした点から「絶対に安心」とは断言できないので、赤ちゃんに水道水を与える場合は沸騰させて塩素を除去する(=湯冷ましにする)のが無難です。

ミネラルウォーターはそのまま与えても大丈夫?

ミネラルウォーターには塩素が含まれていないので、そのまま与えても問題ありません。
ただし、硬度が高い硬水のミネラルウォーターは避けるようにしましょう。なぜなら、赤ちゃんはまだ内臓機能が未熟なため、カルシウムやマグネシウムが多く含まれた硬水を飲むと腎臓に負担がかかり、消化不良を招く恐れがあるからです。ミネラルウォーターを与える際は、カルシウムやマグネシウムの含有量が少ない「軟水」を選ぶようにしましょう。

参照:避難生活で母子に生じる健康問題を予防するための栄養・食生活について|厚生労働省

赤ちゃんを守る!
湯冷ましが活躍する3つのシーン

では、湯冷ましはどのようなときに活用すればよいのでしょうか? 以下では、湯冷ましが活躍する3つのシーンをご紹介します。

1.赤ちゃん用のミルクを作るとき

赤ちゃん用のミルク作りで使用する粉乳には、「E.Sakazakii(エンテロバクター・サカザキ)」という菌が存在している可能性があります。万が一この菌が赤ちゃんの口に入ってしまうと、腸炎や髄膜炎(ずいまくえん)などの疾患を引き起こす恐れがあるので注意しなければなりません。
E.Sakazakiiは「70°C以上のお湯で消失する」といわれています。そのため、赤ちゃん用のミルクは70°C以上のお湯で作ることが大切です。

赤ちゃん用のミルクを作るとき、もうひとつ注意すべきことがあります。それは、「お湯の温度が高すぎてもいけない」ということです。70°C以上のお湯であればE.Sakazakiiを消失できますが、同時にミルクに含まれる栄養成分まで失われてしまう可能性があります。そうなると、赤ちゃんに十分な栄養を与えることができなくなるので、ミルク作りに高温のお湯を使用しないことが大切です。

実際にミルクを作る際は、まず80~90°Cのお湯で粉乳を溶かします。このとき、お湯は哺乳瓶いっぱいに入れないことが大切です。粉が溶ける分の量に留め、その後湯冷ましを入れてミルクの温度を下げるようにしましょう。このほか、70〜75°C程度の湯冷ましを哺乳瓶いっぱいに入れて作る方法もあります。

なお、赤ちゃんにミルクを飲ませる際は人肌の温度(35〜37°C)にしないといけないので、最終的には哺乳瓶を水道水で冷やし、ミルクの温度を十分に下げるようにしましょう。

参照

乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン|厚生労働省

育児用調製粉乳中のEnterobacter sakazakiiに関するQ&A(仮訳)|厚生労働省

粉ミルクの作り方|農林水産省

2.赤ちゃんの水分補給のとき

赤ちゃんの水分補給といえば母乳やミルクが中心ですが、湯冷ましを与えるのも適切です。ただし、熱いまま与えてしまうとやけどする恐れがあるので、必ず人肌の温度に冷ますようにしましょう。

赤ちゃんに水を与えるタイミングは?

赤ちゃんに湯冷ましをはじめとする水を与えるタイミングには、「寝起き」「外出後」「沐浴後」「食事のとき」「汗をかいたとき」などがあります。
このほか、「おしっこの量が減ったとき」「唇が乾燥しているとき」は水分が不足しているサインなので、積極的に水を与えるようにしましょう。

3.赤ちゃんが便秘になったとき

便秘を引き起こす原因のひとつに、水分不足があげられます。言い換えれば、便秘を改善・予防するにはこまめな水分補給が欠かせないということです。そのため、赤ちゃんの便秘に悩んでいるときにも、湯冷ましを与えることをおすすめします。体内に水分を取り入れることで便が柔らかくなり、排泄を促せる可能性があります。

参照:避難生活で母子に生じる健康問題を予防するための栄養・食生活について|厚生労働省

押さえておこう!
一般的な湯冷ましの作り方

一般的な湯冷ましの作り方は以下のとおりです。

  • 1.やかんや鍋に水を入れ、フタを開けたまま強火で沸騰させる
  • 2.沸騰したら、さらにそこから15分以上煮沸する
  • 3.15分以上煮沸したら、お湯が人肌の温度になるまで冷ます

2のステップで15分以上煮沸する理由は、有害物質の「トリハロメタン」を消失させるためです。
水道水にはトリハロメタンが含まれている可能性があり、その量は沸騰直後に増加します。しかし、煮沸を続ければトリハロメタンは消失するので、15分以上火にかけることが必要になるのです。

参照:種々の加熱条件下における水道水中の残留塩素,トリハロメタン,2-メチルイソボルネオールの濃度変化|J-STAGE

電気ケトル・電気ポットを使用してもよい?

湯冷ましを作る際に、電気ケトル・電気ポットを使用するのは望ましくありません。なぜなら、設定された温度に達すると煮沸が止まってしまうため。塩素やトリハロメタンが除去されず残ってしまう可能性があるので、湯冷ましを作る際はやかんや鍋を使うようにしましょう。

湯冷ましを入れる容器はどんなものがよい?

湯冷ましを入れる容器には、「耐熱性があるもの」「お手入れしやすい構造のもの」「衛生的に使用できるもの」を選ぶのがおすすめ。パッキンのない魔法瓶がその一例です。

湯冷ましを入れるのに向いていない容器には、まず「飲み口にパッキンが付いたもの」があげられます。パッキン付きの場合、パッキン部分に菌や汚れが付着しやすく、お手入れが不十分だと衛生面に問題が生じてしまいます。そのため、湯冷まし用の容器には不向きといえます。
このほか、「ペットボトル」も避けるべき容器のひとつ。お湯を入れると素材が溶ける可能性がある上にお手入れもしづらいので、使用を控えるようにしましょう。

便利で簡単!
ウォーターサーバーで湯冷ましを作ろう

ウォーターサーバーがあれば、簡単に湯冷ましを作ることができます。ほとんどのウォーターサーバーには温水・冷水機能が搭載されているので、温水・冷水を混ぜ合わせるだけで簡単に適温の湯冷ましが完成するのです。さらに、ウォーターサーバーの水には塩素やトリハロメタンなどの不純物が含まれていないため、安心して赤ちゃんに与えることができます。
ただし、ボトルの差し込み口や注ぎ口を常に清潔に保たなければならないので、こまめなお手入れを欠かさず行うことが大切です。

アクアクララのウォーターサーバーでは、原水をRO膜(逆浸透膜)でろ過した「RO水」を採用しています。塩素やトリハロメタンはもちろん、1000万分の1mmの細かな不純物も除去しているので、赤ちゃんに安心して与えることができます。
さらに、アクアクララのお水には4種のミネラルをバランスよく配合しています。日本人が飲み慣れた硬度29.7mg/Lの軟水に仕上がっているので、赤ちゃんの湯冷ましとしてはもちろん、ペットを含む家族全員の飲料水としても最適です。

「赤ちゃん用の湯冷ましだからこそ水にこだわりたい」という方は、ぜひアクアクララのウォーターサーバーをご利用ください。

まとめ

湯冷ましは、赤ちゃんに与える飲み物として最適です。作り方はそこまで難しくありませんが、水道水を沸騰し作る場合は塩素やトリハロメタンを除去しなければなりません。安心して赤ちゃんに湯冷ましを与えるためにも、今回ご紹介した作り方を押さえておきましょう。

もし水道水を使うことに不安を感じているなら、ウォーターサーバーを利用するのがおすすめです。
たとえばアクアクララのウォーターサーバーでは、塩素やトリハロメタンなどの不純物が含まれていないRO水を採用しています。くわえて、内臓機能が未熟な赤ちゃんでも飲める軟水に仕上がっているので、安心して湯冷ましを作ることができるでしょう。

湯冷まし作りに使う水にこだわりたい方は、ぜひアクアクララのウォーターサーバーに目を向けてみてください。子育て家族に安心の「子育てアクアプラン」なら、家計にうれしいお得な価格でウォーターサーバーをご利用いただけます。ぜひこの機会に利用をご検討ください。

関連リンク:子育て家族に嬉しいお得な「子育てアクアプラン」