パパママに知ってほしいお水のハナシ

これから赤ちゃんを迎えるご家族や
パパ・ママのためになる情報がいっぱいです。

アクアクララの
ウォーターサーバーのメリット

アクアクララが提供しているお水は、「RO膜(逆浸透膜)」という特殊なフィルターで1000万分の1mmの不純物までろ過した、限りなく純水に近いお水にミネラルを添加してつくりあげた「デザインウォーター」です。「RO膜(逆浸透膜)」でろ過することで、ウイルスや汚染物質も完全に除去されるため、ミネラルウォーターや水道水に比べて高い安全性が保持されます。味をととのえるためにミネラルを配合していますが、硬度29.7mg/Lの軟水なので、赤ちゃんのミルク作りや飲み水に安心してお使いいただけます。

アクアクララのウォーターサーバーは冷水だけでなく、ミルク作りに最適な70℃以上の温水がいつでも使えます。
わざわざお湯を沸かす必要がないので、ミルク作りにかかる時間を大幅に短縮することができます。お水のボトルは専門スタッフが自宅までお届けするので、重たい水を買って帰る必要はありません。専門スタッフによるサーバーメンテナンスも実施しているので、いつも清潔で安心なお水を赤ちゃんに飲ませてあげられます。今まさに育児に奮闘されている方は、赤ちゃんのいるご家庭に最適なアクアクララのウォーターサーバーをぜひご検討ください。

水道水を選択される際の注意点

日本の水道水は厳しい水質基準が設定されており、世界的に見ても非常に安全性の高いお水です。しかし、浄水場から各家庭へ届くまでに汚染されるリスクはゼロではありません。その理由の1つは給水管です。1980年代後半までは鉛製の水道管が使われていましたが、水道管を通る水に鉛が溶け出し、その水を連続して摂取すると健康被害の可能性があることが明らかになりました。そのため1989年(平成元年)6 月当時の厚生省は、新設の給水管には鉛溶出のない管を使用すること、現在布設されている鉛管は更新の際鉛の溶出のないものに替えるよう努力することを通知しています。しかし、現状ではまだ全ての鉛の水道管が撤去されている訳ではありません。ご自宅の水道水はどのような水道管を通っていて、どのような状態なのか気になる方は、各地域の水道局に問い合わせてみましょう。例えば横須賀市水道局は「鉛製給水管の取り替え」に関する案内や問い合わせ先をホームページで公表しています。(横須賀市場下水道局HP)また、マンションなど集合住宅の場合、集合住宅では水道水が建物内の貯水槽に貯められ、そこから各住戸に供給されます。10トンを超える容量の貯水槽は定期的な清掃や検査が義務付けられていますが、これより規模の小さい貯水槽は対象外のため、すべての貯水槽がきちんと管理されているとは言い切れません。貯水槽の状態によって水質悪化につながる恐れがあり、注意したいところです。

to pagetop