パパママに知ってほしいお水のハナシ

これから赤ちゃんを迎えるご家族や
パパ・ママのためになる情報がいっぱいです。

ミルク作りに適したお水

市販の粉ミルクには、赤ちゃんの成長に必要なミネラルが十分含まれています。日本の粉ミルクは、水道水で溶いたときに母乳に近くなるようにミネラルが配合されていますので、ミルクを作る事に適しています。ただ水道水で作る際は、お水を一度沸騰させたものを利用するようにしましょう。硬水を使うとミネラルが過剰な状態となるため、消化器が未発達な赤ちゃんの体に負担がかかる可能性があります。ミネラルウォーターでミルクを作る時は、必ずミネラルが少ない軟水のお水を選んでください。アクアクララのお水は赤ちゃんにも負担をかけない軟水なので、ミルク作りに安心して利用できます。

粉ミルクを熱いお湯で溶かす理由

粉ミルクは完全に無菌の状態というわけではありません。ごく微量ですが、開封後ミルクを作る際や、作ったあとのミルクに「サカザキ菌」や「サルモネラ菌」が混入する恐れがあります。どちらの菌も乾燥した粉ミルクの中で増える事はありませんが生存することは可能です。赤ちゃんにとって危険な菌を殺菌する必要があるので、粉ミルクは必ず70°C以上のお湯で溶かしてください。ただ沸騰直後の100°C近い温度で調乳するとミルクに含まれる熱に弱い成分が減少する事があるので、少し時間を置いてから使うようにしましょう。また、作ってから2時間以上経過したミルクや飲み残したミルクは、もったいないからと使いまわしたりせず、必ず捨てるようにしましょう。

to pagetop