パパママに知ってほしいお水のハナシ

これから赤ちゃんを迎えるご家族や
パパ・ママのためになる情報がいっぱいです。

ミルク作りに適したお水とは?
ウォーターサーバーは
使ってもいい?

市販の粉ミルクには、赤ちゃんの成長に必要なミネラルが十分含まれています。日本の粉ミルクは、水道水で溶いたときに母乳に近くなるようにミネラルが配合されていますので、ミルクを作る事に適しています。ただ水道水で作る際は、お水を一度完全に沸騰させたものを利用するようにしましょう。また、硬水を使うとミネラルが過剰な状態となるため、消化器が未発達な赤ちゃんの体に負担がかかる可能性があります。ミネラルウォーターでミルクを作る時は、必ずミネラルが少ない軟水のお水を選んでください。アクアクララのお水は赤ちゃんにも負担をかけない軟水なので、ミルク作りに安心して利用できます。

粉ミルクを熱いお湯で溶かす理由

粉ミルクは完全に無菌の状態というわけではありません。ごく微量ですが、開封後ミルクを作る際や、作ったあとのミルクに「サカザキ菌」や「サルモネラ菌」が混入する恐れがあります。どちらの菌も乾燥した粉ミルクの中で増える事はありませんが生存することは可能です。赤ちゃんにとって危険な菌を殺菌する必要があるので、粉ミルクは必ず70°C以上のお湯で溶かしてください。ただ沸騰直後の100°C近い温度で調乳するとミルクに含まれる熱に弱い成分が減少する事があるので、少し時間を置いてから使うようにしましょう。また、作ってから2時間以上経過したミルクや飲み残したミルクは、もったいないからと使いまわしたりせず、必ず捨てるようにしましょう。

ミルク作りにはウォーターサーバーの
お水がおすすめ

ウォーターサーバーの大きなメリットは、その利便性です。粉ミルクを作る際に、お水を一度完全に沸騰させ、冷ましてからミルクを作るのは手間がかかります。
その点ウォーターサーバーなら温水と冷水で好みに合わせて温度調整できるので、簡単にミルクに適した温度のお湯をつくることができます。 お水のボトルも宅配で家まで届くため、買い物に行って重いお水を持ち帰らなくて済むというのもおすすめポイントです。 ウォーターサーバーのお水は大きく分けて「天然水」と「RO水(純水)」があります。WHOの基準では硬度60mg/L未満のお水が軟水とされているため、天然水を選ぶ際には確認するようにしましょう。ただし、温泉水は軟水表示でもナトリウム(塩分)が多いものがあるため注意してください。 「どの天然水を選んでよいかわからない」「安全性にこだわりたい」という場合には、RO水(純水)もおすすめです。RO水は、RO膜(逆浸透膜)を用いて、お水のミネラルだけでなく、雑菌やウイルスなども取り除いたより安全性の高い水と言えます。
RO水にはミネラルを加えて天然水の味わいに近づけた種類もあります。もちろん、ミネラルを加えたといっても軟水の範囲なので、赤ちゃんの粉ミルクにも安心して使えます。 まとめると、ミルク作りにウォーターサーバーをおすすめするポイントは以下の3つです。

  • 1. 使いたいときにすぐ適温のお湯が作れる
  • 2. 重い水を買いに行かなくてすむ
  • 3. 美味しい水/安全性の高い水が簡単に手に入る

【 監修者コメント 】
ミルク作りに便利なウォーターサーバーですが、安全に使い続けるために導入したらメンテナンスは欠かさないようにしましょう。定期メンテナンスや、自動洗浄機能がついた種類もありますが、基本的には自分で手入れをする部分が必ずあります。説明書に書かれているので、自分でも定期的に掃除をするようにしてください。状態が悪いまま放っておくと、目に見えない部分にもカビなどが生える場合があるので、説明書をよく確認し、定期的に掃除をするようにしましょう。 監修者鶴田 雅人(アクアソムリエ)日本アクアソムリエ協会認定、アクアソムリエマイスター・公認講師。水の味の違いに興味を持ち、味の違いはミネラルの差ということを知り、資格を取得。以来、国内外のミネラルウォーターを飲み比べている。日本テレビ系列「月曜から夜ふかし」、フジテレビ系列「99人の壁」などのメディアに出演。

to pagetop