コラム記事

子育てに関する疑問や日々の暮らしに
役立つ情報をコラムにして紹介しています。

離乳食はいつから与える?目安となる
スケジュールと調理時の水について

生後しばらくは母乳やミルクだけの赤ちゃんも、成長すると離乳食を始めなければなりません。では、そのタイミングは具体的にいつごろなのでしょうか?

今回は、離乳食を始めるきっかけや成長に伴った離乳食のスケジュール例などについてご紹介します。また、離乳食に使用する食材の向き・不向きもまとめているので、ぜひご参考にしてください。

いつから与え始める?離乳食を始めるきっかけ

離乳食の開始時期の目安は、生後5〜6カ月です。しかし、赤ちゃんによって発達スピードは異なるので「生後5〜6カ月になったら必ず離乳食に変えなければならない」というわけではありません。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて始めることが大切なので、そのタイミングに迷ったときは以下のサインを判断基準にしてみましょう。

  • 首のすわりがしっかりしている
  • 支えると座ることができる
  • 食べ物に興味を示す
    (食べ物を見て口を動かす、よだれを垂らす など)
  • スプーンを口に入れても舌で押し出さない

赤ちゃんには母乳や哺乳瓶でミルクを飲むための「哺乳反射」が備わっており、これは生後5〜7カ月にかけて減少・消失していきます。しかし、もし哺乳反射が残っていると離乳食を開始してもスプーンを舌で押し出してしまい、うまく食べてもらえません。これは、離乳食を始める準備がまだ整っていないというサインなので、無理に与えるのではなく発育に合わせるようにしましょう。

参照:II 離乳編|厚生労働省

離乳食が必要な理由

離乳食を始めることは、これまで母乳やミルクしか飲めなかった赤ちゃんが食べ物を食べるための第一歩です。固さのある食べ物を少しずつ食べることによって、幼児食へとスムーズに移行できます。
このほか、離乳食は「栄養を補う」という点でも必要不可欠です。成長に伴い、母乳やミルクだけでは栄養が不足してしまうので、離乳食で補っていかなければなりません。子どもの健やかな成長を支援するためにも、離乳食は必要だといえるでしょう。

食べる練習込み!
成長に伴った離乳食のスケジュール例

離乳食は、歯の生え方や消化機能などの成長に合わせて進めていくことが大切です。以下では、月齢別に離乳食のスケジュール例をご紹介します。

生後5〜6カ月:食べ物を飲み込む練習

生後5〜6カ月は、まず食べ物に慣れさせ、飲み込むことを練習させる時期です。

離乳食を与える回数

1日1回(※離乳開始から1カ月経ったら2回に増やす)

離乳食の食べ方
授乳の目安

赤ちゃんに食べることを慣れてもらうため、様子を見ながら少しずつあげるようにしましょう。

赤ちゃんが初めて食べる食材に関しては、アレルギーがないかチェックするため1口だけあげて様子を見ます。

母乳やミルクは、赤ちゃんが欲しがるだけあげましょう。

調理の状態

すりつぶした10倍粥をあげます。慣れてきたらすりつぶした野菜や白身魚、豆腐を与え、食事のバリエーションを増やしましょう。

初めて与える食材はアレルギーの有無がわからないので、午前中にあげることが大切です。なぜなら、万が一アレルギー反応が出てもすぐに病院を受診できるため。また、1回だけではアレルギー反応の有無がわかりづらいこともあるので、2〜3日同じ食材を使った離乳食を与えて様子を見るのがベストです。

生後7〜8カ月:食べ物をつぶす練習

生後7〜8カ月は、舌と上あごを使って食べ物をつぶして食べる練習をさせる時期です。

離乳食を与える回数

1日2回

離乳食の食べ方
授乳の目安

いろいろな食べ物に挑戦するため、食品の種類を増やしましょう。

母乳は欲しがるだけ与え、ミルクは1日3回を目安にします。

調理の状態

おかゆは全がゆ(米1:水5)にします。

食品は、指でつぶせる固さ(絹どし豆腐程度)にしましょう。

食事のリズムを作るためにも、食事は決まった時間にあげるとよいでしょう。

生後9〜11カ月:固形物を食べる練習

生後9〜11カ月は、歯で食べ物を噛んで歯茎ですりつぶしながら食べる練習をする時期です。

離乳食を与える回数

1日3回

離乳食の食べ方
授乳の目安

手掴みで食べたがる場合は、自分で食べさせるようにしましょう。

母乳は欲しがるだけ与え、ミルクは1日2回を目安にします。

調理の状態

全がゆ〜おかゆに近い軟飯にします。

食品は、歯茎でつぶせる固さ(バナナ程度)にしましょう。

食材が大きい場合は、手掴みで食べられるサイズにカットします。

手掴み食べは、赤ちゃんが「自分が食べられる量」を覚えるために大切なことです。洋服や床が汚れてしまうことを懸念して親が食べさせてしまうと、成長の妨げになってしまうので注意しましょう。
子どもが手掴み食べをしたがっているときは、エプロンを使ったり床にビニールシートを敷いたりして自由にできる環境を整えることが大切です。

生後12〜18カ月:自分で食べる練習

生後12〜18カ月は、手掴み食べにくわえてスプーンやフォークを使って自分で食べる練習をする時期です。

離乳食を与える回数

1日3回(+おやつ 1〜2回)

離乳食の食べ方
授乳の目安

食事が少量なので、エネルギーや栄養を補うためおやつを与えます。

母乳は欲しがるだけ与え、ミルクは子どもの成長に応じてあげるようにしましょう。

調理の状態

ある程度しっかり噛めるようになるので、軟飯〜ご飯にします。

食品は、煮込みハンバーグ程度の固さにしましょう。

生後12〜18カ月になると、大人とほぼ同じ食事を食べることができます。ただし、味の濃いものや辛いものを与えるのは避けるようにしましょう。

参照:離乳食スケジュール|厚生労働省

何でもOKじゃない!
食材の向き・不向きを知ろう

離乳食に使用する食材はどれでもよい、というわけではありません。そのため、あらかじめ食材の向き・不向きを押さえておくようにしましょう。

離乳食に向いている食材

離乳食に向いている食材は以下のとおりです。

  • 食パン
  • ほうれん草
  • 人参
  • 大根
  • なす
  • トマト
  • きゅうり
  • かぼちゃ
  • 玉ねぎ
  • とうもろこし
  • じゃがいも
  • さつまいも
  • りんご
  • いちご
  • バナナ
  • みかん
  • しらす
  • かれい
  • たい
  • 卵黄
  • そうめん
  • うどん
  • 豆腐

上記は、生後5〜6カ月の赤ちゃんに与える離乳食にも使える食材です。赤ちゃんの月齢に合わせて、すりつぶしたり細かくカットしたりして使用しましょう。

離乳食に向かない食材

離乳食に向かない食材には、まず「はちみつ」があります。
はちみつを1歳未満の赤ちゃんに与えることは禁止されており、万が一口にすると乳児ボツリヌス症を発症する恐れがあります。乳児ボツリヌス症を引き起こすと便秘や哺乳力の低下などの症状が現れ、場合によっては元気に活動できなくなってしまいます。そのため、1歳未満の赤ちゃんには絶対にはちみつを与えないようにしましょう。

また、生モノである「刺身」も細菌が原因で食中毒を引き起こす恐れがあるので、離乳食に使用するのは危険です。

離乳食に向かない食材は、ほかにもいくつかあります。「絶対に食べさせてはいけない」というわけではありませんが、あげる際には十分な注意が必要です。

アレルギーの原因になる食材 ピーナッツ、そば、マンゴー、パイナップル
喉に詰まる可能性がある食材 もち、こんにゃく、かまぼこ、ちくわ
辛み・刺激が強い食材 ソース、こしょう、にんにく、しょうが、カレー粉
糖分・塩分が多く含まれている食材 ベーコン、マヨネーズ、ケチャップ、菓子パン
消化がしづらい食材 きのこ類、玄米、雑穀米、ごぼう

食材だけでなく、飲料品にも注意しなければなりません。刺激を与える「炭酸水」「烏龍茶」「緑茶」、糖分が多く含まれている「果汁100%ジュース」などは赤ちゃんには向いていないので、避けるようにしましょう。

参照

ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから。|厚生労働省

赤ちゃんを守るために|農林水産省

軟水がベスト!
離乳食の調理に使う水について

では、離乳食の調理に使う水には何を選べばよいのでしょうか?

水道水を使用しても問題はない

離乳食を調理する際は、水道水を使用しても問題ありません。日本の水道水は厚生労働省が定めた水質基準の検査項目をクリアしており衛生的なため、赤ちゃんに与えても支障はきたさないのです。
ただし、水道管や貯水槽に問題がある可能性はゼロではないので、その点には注意が必要です。

参照:水質基準項目と基準値(51項目)|厚生労働省

なるべく軟水を使用すべき

水は、カルシウム・マグネシウムの含有量によって2種類に分類されます。含有量が多い場合は「硬水」、含有量が少ない場合は「軟水」となり、赤ちゃんの離乳食に使う水には後者が適しています。なぜなら、赤ちゃんは消化器官がまだ未熟なため、カルシウム・マグネシウムが多い水を飲ませてしまうと腎臓に負担がかかるからです。消化不良を招く恐れもあるので、離乳食に使う水は軟水が望ましいといえます。

参照:授乳・離乳の支援ガイド|厚生労働省

離乳食の調理に最適!
アクアクララのお水

離乳食に使う水は水道水でも問題ありませんが、地域によっては硬水の可能性があります。確実に軟水を使用するためにも、この機会にアクアクララのウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか。

アクアクララのお水は、RO膜(逆浸透膜)でろ過したRO水です。水に含まれる不純物を徹底的に除去しているので、赤ちゃんだけでなく家族全員が安心して飲むことができます。
さらに、アクアクララのお水は硬度29.7mg/Lの軟水です。原水をRO膜(逆浸透膜)でろ過した後に4種のミネラル成分(カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム)をバランスよく配合しているので、赤ちゃんの腎臓に負担をかける心配がありません。離乳食だけでなく、赤ちゃんのミルク作りや水分補給としても最適です。

関連リンク:天然水ではなくRO膜(逆浸透膜)でろ過した安心安全な軟水

まとめ

離乳食は、赤ちゃんの成長に合わせて始めることが大切です。「首すわり」「哺乳反射の減少・消失」などのサインを見逃さないようにしましょう。
離乳食を始めるときは使用する食材はもちろんのこと、水にも気をつけなくてはなりません。もし離乳食に向かない食材や水を与えてしまうと体調不良を招く恐れがあるので、確認してから使用することが重要です。

アクアクララでは、赤ちゃんの腎臓に負担をかけない軟水を採用しています。離乳食作りやミルク作り、飲み水としても安心して使用できるので「使う水に悩んでいる」という方は、ぜひアクアクララのウォーターサーバーの利用を検討してみてください。

なお、アクアクララでは子育て家族を応援する「子育てアクアプラン」をご用意しています。家計にうれしいお得な価格でウォーターサーバーをご利用いただけるので、ぜひこの機会にご利用ください。

関連リンク:子育て家族に嬉しいお得な「子育てアクアプラン」