コラム記事

子育てに関する疑問や日々の暮らしに
役立つ情報をコラムにして紹介しています。

【妊婦さん×飲み物】水分補給が重要な理由と
OK・NGな種類を解説

妊娠中、水分不足に陥ってしまうと赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、子どもを授かったら、積極的に水分補給することが大切です。
とはいえ、水分補給のためなら何でも飲んでよいというわけではないので、飲み物には十分配慮する必要があります。

そこで今回は、妊婦さんにおける水分補給の重要性をはじめ、避けるべき飲み物・おすすめの飲み物についてご紹介します。安心してマタニティライフを送るためにも、ぜひご覧ください。

妊婦さんはこまめな水分補給が必須!
その理由とは

妊娠したら普段以上に水分補給しなくてはなりません。その理由は以下のとおりです。

赤ちゃんに栄養を届けるため

妊娠すると血液量が1.5倍に増えますが、これは赤ちゃんに栄養と酸素をしっかり届けるためです。しかし血液量が増えても血流が悪いと、栄養と酸素が赤ちゃんにまで届かなくなってしまいます。
そこで重要なのが水分補給です。こまめに水分を摂ることで、トイレに行く回数が増加しスムーズに老廃物を排出でき、結果として血液がサラサラになります。これにより、赤ちゃんに十分な栄養と酸素を届けられるようになるのです。

このほか、水分不足は閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)を引き起こす可能性もあります。閉塞性動脈硬化症は、足の血管が細くなったり詰まったりする病気です。発症すると血流が悪くなるので、この場合も赤ちゃんに栄養と酸素を届けづらくなってしまいます。
積極的に水分を摂れば閉塞性動脈硬化症の発症リスクを緩和できるため、妊娠したらこれまで以上にこまめな水分補給を心がけることが大切です。

参照

水は1日どれくらい飲めば良いか|健康長寿ネット

循環器病と妊娠・出産|国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス

閉塞性動脈硬化症|国立循環器病研究センター病院

良質な羊水を作り出すため

羊水は、お腹の中にいる赤ちゃんにとって大きな役割を持っています。外部からの衝撃を吸収して赤ちゃんを守るほか、羊水を飲んだり出したりして呼吸の練習をしているのです。

妊娠週数が進むと赤ちゃんの腎臓が発達し、飲んだ羊水は尿として排出されます。通常なら尿は臍帯(さいたい)を通して排出されるので、羊水を汚すことはありません。しかし、赤ちゃんが低酸素状態などになると、便が出て羊水が汚れてしまうことがあるのです(=羊水混濁)。
羊水混濁が続くと、口や喉の中が汚れた羊水で埋まった状態で赤ちゃんが生まれる場合があります。そのまま肺呼吸が始まると、胎便を含んだ羊水が気管支や一部の肺胞に詰まり、呼吸障害を引き起こす可能性があり非常に危険です。そのため、羊水は常にきれいな状態で保つ必要があるのです。

赤ちゃんが低酸素状態になる原因は主に血流の低下であり、これは前述のとおりこまめな水分補給で改善できる場合があります。つまり、こまめな水分補給を心がけていれば羊水混濁を防ぎやすくなるということ。そのため、妊娠中は積極的に水分を摂る必要があるといえます。

参照:病気・予防接種|公益財団法人 母子衛生研究会

身体の水分不足を予防するため

妊娠すると、羊水量の増加や脂肪の蓄積などにより基礎代謝量が増えます。また、体重増加によって安静時代謝量(安静にしているときのエネルギー消費量)も多くなるといわれています。そのため、妊娠前に比べると代謝量が増え、汗をかきやすくなります。
汗は体温を一定に保つために働くので、発汗自体は決して悪いことではありません。しかし、汗をかくことで体内の水分が失われるため、その分を水分補給で補う必要が出てくるのです。

このほか、妊婦さんは汗だけでなく、つわりによっても体内の水分が失われます。とくに、暑い時期につわりが重なってしまうと、汗も相まって水分不足に拍車がかかる危険性があります。そのため、夏場はこまめな水分補給をより強く意識しましょう。

参照

やさしい栄養教室 成人期〔I〕-母性栄養-|J-STAGE

Ⅴ運動の基礎科学 運動と健康のかかわり|厚生労働省

運動の良い汗と悪い汗|健康長寿ネット

便秘になるのを防ぐため

妊娠初期は、妊娠の継続をサポートする黄体ホルモンが腸管の動きを弱めるので、便秘を引き起こしやすくなります。また、妊娠中期以降も子宮が大きくなって腸が圧迫されることにより、便秘に悩まされる可能性があります。
仮に、便秘になってしまった場合は腹痛や嘔吐といった症状が現れます。嘔吐は脱水症状を引き起こす要因のひとつなので、便秘は未然に防がなければなりません。

そこで大切なのが水分補給です。水には便を柔らかくする働きがあるため、水分を摂ることで排便が容易になります。

参照

便秘と食事|e-ヘルスネット

栄養士|独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センター

何でもよいわけじゃない!
避けるべき2つの飲み物

妊娠するとこまめな水分補給が欠かせませんが、「飲み物は何でもよい」というわけではありません。とくに、以下の2つの飲み物は避けるようにしましょう。

1.カフェインを含む飲料

コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲料は鉄分の吸収を妨げる可能性があるので、妊婦さんが飲むのは望ましくありません。もし「コーヒーや紅茶が飲みたい」ということがあれば、そのときはノンカフェインを選ぶのがおすすめです。

2.アルコール飲料

アルコール飲料は赤ちゃんの身体や脳に影響を及ぼす可能性があるので、妊婦さんは飲まないよう注意する必要があります。どうしても飲みたくなったときは、ノンアルコールを選びましょう。

参照

妊娠中・産後のママのための食事BOOK|日本総研

妊婦中の飲み物は何を飲んだらいいの?妊娠中に飲んで良いものや避けたほうがいいものなどを紹介【医師監修】|ヒロクリニック 新型出生前診断

妊婦さんは覚えておこう!
とくにおすすめの飲み物

反対に、妊婦さんにおすすめの飲み物には以下の4つがあります。

1.牛乳

牛乳には、赤ちゃんの骨や歯を形成するカルシウムが多く含まれています。カルシウムは妊婦さんがとくに意識して摂取したい栄養素のひとつなので、日頃から牛乳を飲むよう心がけましょう。
なお、「牛乳が苦手」という場合は飲むのではなく、料理に使用するのがおすすめです。

参照:妊婦中の飲み物は何を飲んだらいいの?妊娠中に飲んで良いものや避けたほうがいいものなどを紹介【医師監修】|ヒロクリニック 新型出生前診断

2.ハーブティー

香りや味わいでリラックスでき、かつノンカフェインのハーブティーを妊娠中に飲んでいる方は少なくありません。一言で「ハーブティー」といってもさまざまな種類がありますが、中でもおすすめなのはジンジャーティー(しょうが湯)です。しょうがには身体を温めて血流をよくする働きがあるので、冷え性で悩んでいる妊婦さんにおすすめといえます。ただし、飲み過ぎには注意が必要です。

注意点として、ハーブティーの中には妊婦さんには向かない種類もあります。たとえば、カモミール、センナ、ラズベリー、マテ、マリーゴールドがその代表例です。
ハーブティーは種類が多く、飲んでも問題ない種類かどうかの判断が難しいので、前もって担当医に相談するようにしましょう。

参照:妊娠中のハーブ製品*1の自己判断による摂取に注意して下さい|国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所

3.水

水にはカフェインや糖分など余分なものが含まれていないので、妊婦さんの水分補給に適しているといえます。
ただし、冷水だと身体を冷やしてしまうので、常温もしくは白湯を飲むのがおすすめです。

妊婦さんも安心して飲める!
アクアクララのお水

前述のとおり、妊婦さんの飲み物には「水」が適していますが、もちろん衛生的なものでなければなりません。そこでおすすめなのが、アクアクララのお水です。

アクアクララでは、原水をRO膜(逆浸透膜)でろ過し不純物を除去したクリアなお水を採用しています。衛生的なお水なので、妊婦さんをはじめとするすべての人が安心して飲むことができます。
さらに、アクアクララでは4種のミネラル(カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム)をバランスよく配合し、日本人が飲みやすいとされる「硬度29.7mg/L」の軟水に仕上げています。妊娠中に必要なミネラルも補える点から、アクアクララのお水はまさに妊婦さんにおすすめといえます。

ぜひこの機会に、アクアクララのウォーターサーバーの利用をご検討ください。

関連リンク:天然水ではなくRO膜(逆浸透膜)でろ過した安心安全な軟水

まとめ

妊娠前は好きな飲み物を自由に飲めましたが、妊娠するとそうはいきません。妊婦さんはお腹の中の赤ちゃんを健やかに育てるため、飲み物にも気をつけなくてはならないのです。
今回ご紹介した「妊婦さんが避けるべき飲み物」「妊婦さんにおすすめの飲み物」を参考に、水分補給するようにしましょう。

なお、アクアクララのウォーターサーバーでは、ミネラル成分を含んだお水を採用しています。1000万分の1mmという細かな不純物も除去しているので、安心して飲むことができます。ぜひこの機会に利用してみてください。