パパママに知ってほしいお水のハナシ

これから赤ちゃんを迎えるご家族や
パパ・ママのためになる情報がいっぱいです。

親子でいっしょに
知って学ぼう!

エコカー、エコバック、エコポイントなど、私たちの暮らしには「エコ」という言葉があふれています。では、ここで問題です。「エコ」とは、何という言葉の略で、どういう意味があるのでしょうか?
知らない、という人はこの機会にぜひ「エコ」について一緒に学びましょう!!

エコって、なに?

エコという言葉は、「エコロジー」と「エコノミー」の2つの言葉が由来になっています。エコロジーは環境に配慮しているということ、エコノミーは経済のことをいいますが、環境と経済?といってもちょっと分かりづらいですよね。
では、もう少し分かりやすくいうと、エコとは「環境にやさしいこと」「地球にやさしいこと」。
たとえば、普段の生活の中で少し気をつければできる身近なエコもいろいろあります。

エコな行動いくつやってる?

親子でエコクイズにチャレンジ

クイズは全部で4問。それぞれ正解だと思うものを選んでチェックしましょう!

1年間に販売されたペットボトルは、重さにすると62万6千トン!
地上最大の動物アフリカゾウの重さが5〜7トンなので、なんと約10万頭分にもなるんですよ。(1頭6トンで計算)

こんなにたくさんのペットボトルは、みんなが飲み終わった後どうなるのでしょうか?

世界では今、約800万トンものプラスチックごみが海に流れ込み、このままでは2050年には魚の量より多くなってしまうといわれています。しかも、このプラスチックごみが原因で、海ガメやクジラ、イルカたちが傷ついているという報告もたくさん出ています。

サンゴはとっても繊細なので、汚れた海では生きていくことができません。つまり、沖縄の海など、サンゴがすんでいる海はきれいな海ということになります。

ところでみなさんは、サンゴが植物ではなく、動物だって知ってましたか?

アクアクララのリターナブルボトルは、繰り返し使えるエコなボトル。ペットボトルのごみを減らせるだけでなく、ボトルを届けるための段ボールごみも出ないので、環境にとってもやさしいんですよ。

to pagetop