パパママに知ってほしいお水のハナシ

これから赤ちゃんを迎えるご家族や
パパ・ママのためになる情報がいっぱいです。

赤ちゃんのお水はいつから?

赤ちゃんがいらっしゃる方は、お子様の日々の成長を楽しみながらも、これはしていいのかな?あれは大丈夫かな? と、絶えず疑問や不安に直面されていることでしょう。中でも、赤ちゃんの水分補給やミルク作りの場面で悩む方が少なくないようです。いつからお水を飲ませていいのか、ミルク作りにどんなお水が安心なのか、初めての子育てではわからないものですよね。そこで、お水のエキスパートであるアクアクララが、赤ちゃんのお水にまつわる様々な疑問にお答えします。子育てに日々奮闘するお母さんやお父さんに参考にしていただければ幸いです。

赤ちゃんにお水はいつから飲ませる?

赤ちゃんは産まれてからしばらくの間母乳かミルクしか飲まないので、ほかに水分を摂らなくていいのか、脱水状態になったりしないのか、お母さんは心配になるかもしれません。かと言って、母乳やミルク以外に、いつから何を飲ませたらいいか分からない方も多いでしょう。基本的に赤ちゃんは母乳かミルクで水分補給できているので、離乳食が始まるまではほかの水分を摂る必要がありません。ただし、夏の暑い日やお風呂上がり、激しく動いたり泣いたりしたあとなどは、脱水症状にならないよう母乳かミルクで水分補給させてあげましょう。ミルクを飲む量が少なく水分が足りていないと感じる場合は、かかりつけの小児科の先生に相談することをおすすめします。生後5~6ヶ月頃になり離乳食が始まると母乳やミルクを飲む量が減るので、ほかの飲み物で水分補給させる必要があります。

赤ちゃんに飲ませるのはどんなお水?

赤ちゃんに飲ませるお水は、軟水のミネラルウォーターや赤ちゃん用のミネラルウォーターがおすすめです。硬水のミネラルウォーターだと赤ちゃんの体に負担がかかるので避けましょう。軟水のミネラルウォーターを飲ませる場合は加熱殺菌済みのものを選ぶようにしましょう。アクアクララのウォーターサーバーなら冷水・温水を混ぜればすぐ白湯にして飲ませられるので便利です。カフェインを含まない麦茶も赤ちゃんに飲ませられますが、大人が飲む麦茶だと濃いので薄めてあげるか、市販されているベビー用の麦茶を与えましょう。果汁100%のジュースや一般のイオン飲料も赤ちゃんの体に負担が大きいので避けてください。

一番安価ですぐ手に入る水道水を利用したいという方は、水道水を10分ほど沸騰させるとカルキやトリハロメタンが除去され、より安全な状態にする事ができます。トリハロメタンは沸騰直後は水中濃度が上昇するので、火を止めずにそのまま沸騰させ続けましょう。火を止めたあとは、人肌に冷ましてから飲ませてあげてください。また、味がしなくて飲みにくいからと言って、お水にハチミツを混ぜて飲ませるのは厳禁です。免疫力の低い赤ちゃんがハチミツを食べると、ハチミツに含まれるボツリヌス菌が増殖し、乳児ボツリヌス症を発症する危険があります。

to pagetop