パパママに知ってほしいお水のハナシ

これから赤ちゃんを迎えるご家族や
パパ・ママのためになる情報がいっぱいです。

ミルクの
作り方(調乳)と飲ませ方

アクアクララのウォーターサーバーは、
温水温度が80~90℃!
だからミルク作りにも安心して
ご利用いただけます。

ミルクを作ろう!

  • STEP1
    哺乳瓶にお湯を注ぐ

    やけどに注意しながら、哺乳ビンに
    70℃以上のお湯を注ぎます。 ※粉ミルクに書かれている説明文をよく読み、
    必要な水の量と粉の量を確かめましょう。

  • STEP2
    粉ミルクを哺乳瓶に加える

    次に正確な量の粉ミルクを
    哺乳ビンのお湯に加えます。

  • STEP3
    ミルクを溶かす

    やけどに注意しながら、清潔な布などを
    使って哺乳ビンを持ち、乳首や
    キャップをつけてから粉ミルクが
    完全に混ざるようにゆっくり振るか
    回転させてよく溶かします。

  • STEP4
    ミルクを冷ます

    粉ミルクが溶けたら、流水などの
    冷却水で授乳できる温度まで冷まします。
    このとき中身を汚さないために、
    キャップより下側に冷却水を当てます。

  • STEP5
    ミルクの温度を確認する

    腕の内側に少量のミルクを垂らして、
    温度を確かめます。生暖かく感じ、
    熱くなければ大丈夫です。

これでミルクの完成です!

赤ちゃんがミルクを
飲み終えたら、ゲップをさせます。
また、調乳後2時間以内に使用しなかった
ミルクは捨てましょう。

ミルクを作る前のポイント
清潔
調乳の前には必ず手を洗いましょう。
また器具はよく洗って消毒しましょう。
正確
粉ミルクは、計量スプーンなどを使って正確に計り取りましょう。
安全
1回分ずつ調乳し、作り置きはしないように。
また、やけどに十分注意しましょう。
サーバーのお手入れ方法を確認し、フォーセット(蛇口)周辺をこまめに清掃しましょう。
ウォーターサーバーをご利用の際の
ご注意とお願い
  • ・お湯の蒸気で粉ミルクが舞い上がりますのでサーバーから離れた場所で加えてください。
  • ・スプーンが蒸気で湿ることがありますので、湿った場合はよく洗浄して乾燥させてください。
  • ・粉ミルクメーカーによっては、哺乳瓶に先に粉ミルクを入れてから、お湯を入れる場合があります。
    その場合、フォーセット(蛇口)を粉ミルクで汚さないようにご注意ください。
    また、フォーセットは熱湯に注意しながらウェットワイパーなどで毎回拭いてください。
  • ・アクアアドバンスの温水温度は85~90℃です。省エネ運転中の温水温度は70~75℃です。
    省エネ運転中に85~90℃の温水をお使いになりたい場合は、再加熱機能をご利用ください。
    アクアスリム、アクアスリムSの温水温度は80〜90℃です。
to pagetop