• ウォーターサーバー百科事典

フレーバーウォーターとは?その魅力とおすすめレシピをご紹介

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

昨今、注目を集めている「フレーバーウォーター」。自分好みの味に作り上げることができるほか、健康にもよいため、生活に取り入れている方が増えつつあります。
そんなフレーバーウォーターをさらにおいしく仕上げるには、水にこだわることが大切です。

そこで今回は、フレーバーウォーターの概要をはじめ、その魅力やレシピなどについてご紹介します。また、フレーバーウォーター作りにウォーターサーバーの利用がおすすめの理由も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

素材の風味が醍醐味!フレーバーウォーターとは

フレーバーウォーターとは、水に果物や野菜、ハーブ、スパイスなどを加えて、香り・風味づけをした飲料品のことを指します。一般的に販売されているジュースと違って無色透明なものが多く、見た目はミネラルウォーターとほとんど変わりません。味に関してはほんのり風味がする程度で、後味がすっきりしているのが特徴です。砂糖を使用しないので、「甘いものが苦手」という方も香りを楽しみながら飲むことができます。

よいことばかり!フレーバーウォーターの魅力

では、昨今注目を集めているフレーバーウォーターにはどのような魅力があるのでしょうか。以下では、フレーバーウォーターの魅力を3つ解説します。

自分好みの味に仕上げられる

フレーバーウォーターは誰でも簡単に作ることができます。使用する具材に決まりはなく、好きな果物や野菜、ハーブ、スパイスなどを入れられ、自分好みの味に仕上げられます。
また、具材の組み合わせを工夫して、さまざまなアレンジを楽しめるのもフレーバーウォーターの魅力です。その日の気分に合わせたオリジナルのフレーバーウォーターを作れるので、自作レシピを増やしていく楽しみも得られます。

おいしくて栄養補給もできる

先述したように、フレーバーウォーターは自分好みの味にできるためおいしいのはもちろんのこと、香料や砂糖などを入れずに作るので糖分を抑えた仕上がりになります。また、果物や野菜、ハーブなど、身体によいものを取り入れれば、栄養を効率よく補うことも可能。夏バテ防止効果が期待できる具材を使用したり、体を温める効果が見込める具材を使用したりと、目的に沿ったフレーバーウォーターに仕上げることもできます。

シーンを選ばずに飲める

フレーバーウォーターは基本的に無色透明なので、シーンを選ばずに飲むことができます。たとえば、職場で飲む飲料品に「色付き(ジュース)は選びづらい」と考えている方もいるかもしれません。フレーバーウォーターなら見た目が水とほとんど変わらないので、職場にも気兼ねなく持参できます。また、甘みがありジュース感覚で飲めるので、お茶や水以外を飲みたいときに最適です。

ぜひご参考に!フレーバーウォーターのレシピ3選

以下では、フレーバーウォーターのレシピを3つご紹介します。ぜひ作ってみてください。

爽快な香りが魅力!オレンジとりんごのフレーバーウォーター

(※写真はイメージです)

【材料】

  • オレンジ 1/2個(約150g)
  • りんご 1/4個
  • 水 4カップ

 

【作り方】

  1. オレンジ、りんごはともに皮をこすってよく洗う。
  2. オレンジは薄い輪切りにし、りんごは軸としんを取り除いて縦に薄切りにする。
  3. ピッチャーに材料を全て入れ、冷蔵庫で4時間~一晩おいて完成。

(飲むときは、かるくかき混ぜて。冷蔵で1~2日間保存可能。)

暑い時期にぴったり!きゅうりのフレーバーウォーター

(※写真はイメージです)

【材料】

  • きゅうり 2~3本
  • 水 約1,000cc

 

【作り方】

  1. ピーラーできゅうりの皮を筋状に3~4か所むく
  2. きゅうりを大きめの皿に乗せさらにピーラーでそいでリボン状にする
  3. ポットにきゅうりを先に入れ上から水を注ぎ冷蔵庫で2時間ほど冷やす

心身をリフレッシュ!ミントとレモンフレーバーウォーター

(※写真はイメージです)

【材料(500ml分)】

  • レモン 1/3個
  • ミント(生) 10g
  • 水 500ml

 

【作り方】

  1. レモンは5mm幅に切ります。
  2. ピッチャーにミント、1を入れ水を注ぎ、ラップをして冷蔵庫で一晩冷やします。
  3. グラスに注ぎ完成です。

フレーバーウォーターを作るなら「ウォーターサーバー」の利用が吉!

フレーバーウォーターを作る際は、ウォーターサーバーの水を使用するのがおすすめです。なぜなら、ウォーターサーバーの水は雑味のないきれいな品質であるため。果物や野菜、ハーブの香りと風味に影響を与えないため、おいしいフレーバーウォーターに仕上げることができます。

また、ウォーターサーバーを使えば、ホットのフレーバーウォーターもすぐに作れます。
電気ケトルや電気ポットを使用する場合は、お湯を沸かすまでにある程度の時間がかかってしまいます。火を使ってお湯を沸かす場合も同じく、適温になるまで待機しなければなりません。ウォーターサーバーならお湯を瞬時に用意できるので、“待つ”という煩わしさが一切ないのです。ストレスを感じることなく、手軽にホットのフレーバーウォーターを作ることができます。

フレーバーウォーター作りに役立つ!アクアクララのウォーターサーバー

アクアクララのウォーターサーバーは、フレーバーウォーター作りに大いに役立ちます。その理由には、「果物や野菜の風味を感じやすいお水」「4種のミネラルをバランスよく配合したお水」の2つがあげられます。

果物や野菜の風味を感じやすいお水

アクアクララのお水は、独自の技術である「RO膜(逆浸透膜)」でろ過したお水です。RO膜(逆浸透膜)はナノテクノロジーを駆使したシステムで、細かな不純物も徹底的に除去することが可能。それにより、雑味がなくH₂O以外をほとんど含まないクリアなお水を生み出しているのです。
つまり、お水によって果物や野菜本来の風味を損なうことがないため、アクアクララのウォーターサーバーを使用すれば「風味を感じやすいフレーバーウォーター」を作ることができます。

4種のミネラルをバランスよく配合したお水

アクアクララのお水には、4種のミネラル成分(カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム)をバランスよく配合しています。アクアクララのお水をフレーバーウォーター作りに使用すれば、果物や野菜の栄養素と合わせて、ミネラルも効率よく摂取できるのです。
そもそも、ミネラルは体内で生成することのできない栄養素であり、食事を通して摂取しなければなりません。アクアクララのお水を生活に取り入れれば、水分補給しながらミネラルを体内に取り入れることが可能です。

RO膜(逆浸透膜)でろ過しておいしさにこだわった水

まとめ

フレーバーウォーターは、おいしいだけじゃなく栄養補給にもなる飲料品です。使用する具材に決まりはないため、自分好みの味で楽しむことができます。しかし、そんなフレーバーウォーターにも注意点があります。それは「飲みすぎないこと」です。フレーバーウォーターは基本的には低カロリーなものの、飲みすぎるとカロリー過多になる可能性があります。そのため、1日に何杯も飲まないよう注意しましょう。

なお、フレーバーウォーターで使用した果物は、ヨーグルトやアイスと一緒に食べるのがおすすめです。水に浸けた分、果物の味が薄くなっている可能性がありますが、ヨーグルトやアイスに混ぜることでおいしく消費することができます。