• ウォーターサーバー百科事典

硬水と軟水は何が違う?それぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
硬水と軟水の違いは? メリットとデメリット

私たちが普段飲んでいる水は、その硬度によって「硬水」と「軟水」に分類されています。市販のミネラルウォーターをいろいろ飲んだとき、種類によって味が異なるのもこの分類によるものです。では、具体的に硬水と軟水では、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は、硬水と軟水の違いやそれぞれのメリット・デメリット、日本人には軟水が適している理由などについて詳しく解説します。ぜひ、ご覧ください。

水の硬度が異なる!「硬水」と「軟水」の違いについて

硬水と軟水の違いは「硬度」です。硬度というのは、水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量で、WHO(世界保健機関)が定める基準では硬度120mg以上が硬水、120mg未満が軟水とされています。では、飲用した場合にはどのような違いがあるのでしょうか。
硬水は、口当たりが重く苦みを感じます。反対に軟水は、まろやかな口当たりとさっぱりとした風味が特徴です。私たちが普段日本で飲んでいる水道水や国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水ですので、日本人には硬度の低い水のほうが合うといわれています。

・日本での一般的な分類

区分 硬度
軟水 100mg/L 未満
硬水 100mg/L 以上

・WHO(世界保健機関)での定義

区分 硬度
軟水 60mg/L 未満
中程度の硬水 60~120mg/L
硬水 120~180mg/L
非常な硬水 180mg/L 以上

地域(採水地)によって水の硬度は異なる

「ヨーロッパの水は硬水、日本の水は軟水が多い」とよくいわれますが、その違いができる要因として地質や地形があげられます。

ヨーロッパは、石灰岩が多く山から海まで傾斜のゆるやかな地形が広がっています。雨や雪はゆっくりとミネラル豊富な石灰層を通ってろ過され、ミネラル成分がたっぷり溶け込んだ硬水になります。日本は、花崗岩(かこうがん)が多い上に山から海までの傾斜がきつく起伏の激しい地形です。水の浸透が早い花崗岩を通ってろ過された雨や雪は、山から海まで流下する速度が比較的早く、ミネラル成分の浸透が少ない軟水となります。

ミネラル補給におすすめ!硬水のメリット・デメリット

硬水のメリットやデメリットには以下のようなものがあります。

硬水のメリット

硬水のメリットは、主に「ミネラルを豊富に含んでいる」「洋風の煮込み料理に適している」の2つです。

ミネラルを豊富に含んでいる

硬水には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。食事だけでは不足しがちなミネラルを水分とともに摂取できる点は、大きなメリットといえるでしょう。

洋風の煮込み料理に適している

硬水には、肉の臭みを消したり煮込んだときにアクを出やすくしたりする働きがあります。しかし、その一方で和風の旨味成分といわれる「アミノ酸」や「たんぱく質」もアクとして出てしまうため、硬水は和食の調理には適していません。これは言い換えれば、ビーフシチューをはじめとする洋風の煮込み料理には硬水が適しているということです。

さらに硬水は、煮込み料理だけでなくパスタやスープにも最適です。パスタの本場であるイタリアでは茹で水に硬水を使用しており、パスタに含まれているデンプンと硬水のミネラルが結合することによって、コシのある麺に仕上がります。硬水でスープを作った場合は、野菜を煮込むことでミネラル成分がアミノ酸と結合するため、うまみ成分をしっかりと残すことができます。

このように、料理に合わせて硬水を使用すればおいしさを最大限に引き出せます。

硬水のデメリット

硬水のデメリットには、主に「素材の風味を活かしたい料理に適さない」「スケールの付着」の2つがあげられます。

素材の風味を活かしたい料理に適さない

硬水に多く含まれているマグネシウムには独特の苦みと風味、香りがあるので、料理の味付けの邪魔になることも。そのため、紅茶やコーヒーなど香りを楽しみたい飲料や、素材の風味を活かしたい料理には適していません。

スケールの付着

約200mg/Lを超える硬度は、スケール(*)の付着を引き起こす場合があります。

*水中のカルシウムやマグネシウム(いわゆるミネラル分)が析出したもの。発生事例としては、電気ポット内、やかんの口、加湿器の口などに付着する白色のものがあげられます。

刺激が少ないのが魅力!軟水のメリット・デメリット

軟水のメリットとデメリットには以下のようなものがあります。

軟水のメリット

軟水のメリットは、主に「日本料理に適している」「肌や髪に優しい」「石鹸の泡立ちがよい」の3つです。

日本料理に適している

日本料理は素材を活かした繊細な味付けを魅力としています。軟水は基本的に無味無臭で素材のうまみ成分を引き出すので、軟水でだしを取ると料理のおいしさもいっそう引き立つはずです。日本料理や香りを楽しみたい飲み物には軟水が最適です。

肌や髪に優しい

軟水は肌や髪にも優しいので、洗顔や洗髪の際に使用するのにも適しています。反対に硬水で顔・身体・髪を洗うと、カルシウムイオンやマグネシウムイオンの影響で、肌がつっぱったり髪がパサパサしたりすることがあります。

石鹸の泡立ちがよ良い

軟水は硬水に比べて石鹸や洗剤の泡立ちがよいのが特徴です。

軟水のデメリット

軟水のデメリットには「水道管の腐食性を高める」という点があげられます。

水道管の腐食性を高める

硬度約100mg/L以下の水は、水道管に対する腐食性を高める可能性があるといわれています。

日本人には軟水が合う?その理由と硬水を飲んだ際の影響

日本人には「軟水が合う」といわれていますが、その理由をご存じでしょうか?以下で、日本人に軟水が適している理由と硬水を飲んだ際の影響を解説します。

日本人に軟水が適している理由

日本人に軟水が適している理由は、ずばり「飲み慣れているから」です。前述したように、日本の水道水はほとんどが軟水です。さらに、日本で発売されているミネラルウォーターも軟水であることが多くなっています。こうした環境により、日本人は子どものころから軟水に慣れ親しんでいるので、どちらかというと軟水のほうが適しているといわれているのです。

慣れない地で硬水を飲むのは避けるべき

日本の水道水やミネラルウォーターはほとんどが軟水ですが、国によっては「硬水が一般的」ということも。それを知らずに現地で水道水やミネラルウォーターを飲むと、お腹を下してしまう可能性があります。その理由には、主に以下の2つあげられます。

1つ目は「水あたり」です。飲み慣れた軟水から突然硬水に切り替えたことによって、体調不良を招いてしまうのです。くわえて、旅行では慣れない街や移動で疲れていることもあり、胃腸が弱まってしまうことも。その状態で硬水を飲むことにより、水あたりを引き起こしやすくなります。

2つ目は「細菌」です。日本の水道水は厳しい水質基準で管理されているため、安心して飲める水質で各家庭に届くようになっています。しかし、海外の国々と日本の水質基準が同じとは限りません。むしろ異なる基準で水道水を管理していることが多いですし、国によっては日本の基準では衛生面に不安が残る水を供給していることもあります。そのため、水道水(硬水)が身体に合わず、結果としてお腹を下すことがあるのです。

このように、軟水に慣れているからこそ硬水を飲むと体調不良を招く恐れもあるので、慣れない地で硬水を飲むのは避けるようにしましょう。

胃腸が未発達だからこそ!赤ちゃんや小さな子どもにも軟水がベスト

赤ちゃんに水を与える場合は、必ず軟水を選んでください。胃腸が未発達な赤ちゃんや小さな子どもがミネラルの含有量の多い硬水を飲むと、身体に負担がかかってしまいます。軟水はマグネシウムの含有量が少なくお腹にも優しいため、赤ちゃんや小さな子どもにも安心して与えることができます。水分補給の際に与える水分はもちろん、粉ミルクを溶かすお湯にも必ずミネラルの少ない軟水を選ぶようにしましょう。

硬水・軟水で風味が変わる!好きなほうを選んで自分好みの味わいに

料理だけでなく飲み物も、硬水・軟水のどちらを使用するかによって風味が変わってきます。以下で、お茶・コーヒー・お酒を例にその違いをご紹介します。実際に飲む際は、自分の好みに合わせて水を選んでみてください。

お茶

お茶の場合は、種類によって水の種類を変えるのがおすすめです。

たとえば、日本茶を入れる際は軟水を使用するのが吉。お茶の成分がしっかりと抽出されるので、うまみ・苦味・渋味がバランスよく出て、お茶本来の風味を最大限に楽しめます。ただし、硬度が10mg/L以下の軟水は、苦味と渋味を強く感じるようになるので日本茶にはあまりおすすめできません。おいしい日本茶にするには、硬度50~80mg/L程度の軟水を使用するようにしましょう。

緑茶を入れる際は、硬水を使用するのがおすすめです。とくに硬度300mg/Lの硬水は相性がよいといわれています。なぜなら、硬水にはミネラルが豊富に含まれており、そのひとつであるカルシウムが緑茶に含まれる「シュウ酸」と結合することによって渋味が和らぐからです。これにより、緑茶がまろやかな味に変化して飲みやすくなります。

このように、お茶は使う水によって味が異なるので、種類に合った水を使用するようにしましょう。

コーヒー

コーヒーは、硬水・軟水のどちらを使用するかで風味が変わります。

軟水で入れた場合、軟水本来のまろやかな甘さを感じられる上に、コーヒーの酸味が際立つ仕上がりになります。まろやかな口当たりでコクが感じられるコーヒーを味わいたい方におすすめです。
硬水で入れた場合は、酸味が打ち消されて苦味が際立つ仕上がりになります。硬度が高ければ高いほど苦味が際立つので、深みを感じられるコーヒーを味わいたい方におすすめです。

このように水の種類でコーヒーの風味は変化するので、「酸味」と「苦味」のどちらを味わいたいかで使い分けるのがおすすめです。

お酒

お酒と一言でいっても種類があるので、ここでは焼酎とウイスキーを例に解説します。

焼酎を軟水で割った場合は、焼酎の原料である芋や麦の味・甘さが引き立つ仕上がりになります。また、口当たりがまろやかで飲みやすくなるのも特徴です。
焼酎を硬水で割った場合は、ピリッとした感覚を楽しめる仕上がりになります。そのため、人によっては飲みづらさを感じるかもしれませんが、甘さのある食事を合わせるとおいしく飲めます。

ウイスキーを軟水で割った場合は、口当たりがなめらかでさっぱりとした風味を楽しめます。その一方で、ウイスキーを硬水で割った場合は味の深みが増し、ウイスキーの風味が強くなります。

お酒を飲む際もコーヒー同様、どのような味わいを楽しみたいかを考慮して使用する水を選ぶようにしましょう。

ミネラル配合の軟水を使用!アクアクララのウォーターサーバー

「おいしい水が飲みたい」「軟水を使って料理・飲み物を作りたい」という方には、アクアクララのウォーターサーバーがおすすめです。

アクアクララでは、RO膜(逆浸透膜)でろ過した「RO水」を採用しています。限りなく純水に近い水であり、水道水と違って不純物はほとんど含まれていません。また、ろ過後は4種のミネラルをバランスよく配合しているので、おいしい軟水に仕上がっています。

前述したように、軟水はほとんどの料理に適しており、お茶・コーヒー・お酒にも最適です。アクアクララのウォーターサーバーがあれば軟水をすぐに用意できるので、水を購入する手間も省けるでしょう。「手軽においしい軟水を用意したい」という方は、この機会にアクアクララのウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか。

なお、アクアクララのお水については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

天然水ではなくRO膜(逆浸透膜)でろ過した安心安全な軟水

おいしいお水が誕生するまで

まとめ

水は、カルシウムとマグネシウムの含有量を表す硬度によって「硬水」「軟水」に分かれ、それぞれで口当たりや風味は異なります。どちらか一方が優れているというわけではありませんが、日本人には軟水が適しているといわれています。とくに、胃腸が弱い赤ちゃんには硬水が負担になることもあるので、軟水を選ぶようにしましょう。

アクアクララのお水は、RO膜(逆浸透膜)でろ過して不純物を徹底的に除去した29.7mg/Lの軟水です。赤ちゃんの飲料水やミルク作りに適しているほか、ご高齢の方やペットの飲料水としても活用できます。「おいしい軟水を毎日飲みたい」という方は、ぜひこの機会にアクアクララのウォーターサーバーの利用をご検討ください。