• ウォーターサーバー百科事典

ウォーターサーバーのメリット・デメリットとは?利用に向いている方の特徴もご紹介

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

水道水よりも断然おいしく、ペットボトルの水を購入する手間も省けるウォーターサーバー。その利便性からオフィスだけではなく、自宅でもウォーターサーバーを利用したいと考える方が増えています。一方、ウォーターサーバーの設置場所や価格(コスト)面の不安から、契約に踏み切れないでいる方も少なくないはずです。ウォーターサーバーを利用する際は、そのメリットとデメリットをよく検討した上で契約するようにしましょう。

そこで今回は、ウォーターサーバーを設置するメリットとデメリット、利用に向いている方の特徴などをご紹介します。ぜひご参考にしてください。

ウォーターサーバーを設置するメリット

まず、ウォーターサーバーを利用するメリットをいくつか見ていきましょう。

水道水では味わえない水を飲める

ウォーターサーバーの水は、残留塩素などの混入が心配される水道水はもちろんのこと、市販されるペットボトルの水のおいしさとは明らかな違いがあります。
ウォーターサーバーのお水は、いつでもおいしく衛生的な状態で飲むための工夫が施されているため、工場で出荷されたときの状態をそのまま味わうことができます。

中でも、RO水を採用するメーカーのウォーターサーバーは、赤ちゃんのいるご家庭でも安心して利用できるとして、高い支持を受けています。
RO水は、水道水あるいは天然水に含まれる不純物を除去した「純水に近い水」です。実際にご家庭に供給される際は、ミネラル成分を加えて飲みやすい味に調整されるため、安心感のあるおいしい水をいつも飲むことができます。

冷水・温水をすぐに準備できる

冷水・温水機能を搭載したウォーターサーバーがあれば、冷水・温水をすぐに準備でき、お茶やコーヒーを手軽に作ることができます。ペットボトルの水をやかんや電気ケトルに入れて沸騰させる手間が省けるので、朝の忙しい時間にも大活躍です。

赤ちゃんのミルク・離乳食作りが楽になる

ウォーターサーバーがあれば、赤ちゃんのミルク・離乳食作りも楽になります。

赤ちゃんがミルクを欲しがったとき、ペットボトルの水をやかんや電気ケトルに入れて沸騰させるとなると時間がかかってしまいます。多いときはこれを1日に7〜8回繰り返さなければなりませんし、お湯ができるまでの間、赤ちゃんだけでなくママ・パパもストレスを感じてしまうでしょう。
その点、ウォーターサーバーがあればスピーディーにお湯を準備することができます。これによりミルクを楽に作れるほか、完成までにかかる時間を短縮できるので、ストレスを感じるリスクを低減できます。

くわえて、ウォーターサーバーは離乳食作りにも活用できます。
たとえば、お湯で溶くタイプの離乳食を作る場合は、ウォーターサーバーの温水を必要な分量だけ加えて混ぜれば完成します。お湯を沸かす必要がないため、楽に離乳食を用意できます。
また、ウォーターサーバーの水には塩素が含まれていないので、離乳食の風味を阻害する心配もありません。

玄関先まで水を配達してくれる

ペットボトルの水は、ストックがなくなる度に買い出しに行かなければならず、女性や車を運転しない方にとっては大変な負担になります。その点、ウォーターサーバーで使う水は、メーカーから配達されるシステムになっているため、水を買いに行って運ぶという手間を省くことができます。

ペットボトルのゴミの量が減る

ウォーターサーバーを利用すると、ペットボトルのゴミの量を減らすこともできます。

500mlや2Lのペットボトルの場合、1〜2日程度で飲み切ってしまうため、毎日それを飲んでいる家庭だと1週間もすれば数本分のゴミが出ます。住んでいる地域によってはペットボトルのゴミの回収が週に1回のこともあり、その場合はゴミを保管しておかなければなりません。そのため、かさばって邪魔になってしまうこともあるでしょう。

その点ウォーターサーバーなら、たとえばウォーターボトルの容量が1本あたり12Lの場合、各家庭にもよりますが大人2人でひと月に2本程度のゴミしか出ません。

くわえて、ウォーターボトルは主に「ワンウェイボトル」「リターナブルボトル」のいずれかであり、どちらもかさばる心配はないといえます。
ワンウェイボトルの場合は、水がなくなると中の空気もなくなるため、最終的には潰れてコンパクトサイズになります。ただし、空になったらプラスチックゴミとなるため、自身で処分しなければなりません。
一方で、リターナブルボトルの場合は空になるとメーカーが回収し再利用するため、そもそもゴミになることがありません。自らゴミとして処分する手間を省ける上に、プラスチックゴミの削減にも貢献できます。そのため、ゴミの削減という観点で考えると、プラスチックゴミがでないリターナブルボトルがおすすめです。

災害時も安心

万が一、災害時に水道水の供給がストップしてしまった場合にも、ウォーターサーバーの水があれば、水道水の復旧を待つことなく飲料水を確保できます。また災害時は、ペットボトルの水もあっという間に売り切れてしまう可能性があるため、備蓄水としてウォーターサーバーの水をストックしておくと慌てずに済みます。

ウォーターサーバーを設置するデメリット

一方、ウォーターサーバーを導入することでいくつかの懸念点もあります。しっかりと理解しておきましょう。

ランニングコストがかかる

ウォーターサーバーを導入すると、水代とウォーターサーバーレンタル料金に加え、ウォーターサーバーを稼働させるために必要な電気代を毎月負担するようになります。
たとえば、1カ月あたり12L入りのウォーターボトルを4本使用する場合、電気代やレンタル料金、水代など、すべてのランニングコストを合計すると6,000円前後の費用がかかる場合があります。利用するメーカーや消費する水の量などによって費用は異なりますが、ペットボトルの水を購入するよりも割高になってしまう可能性もありますので、飲用のみに使用するなど、家計に合った使い方の工夫も必要です。

定期的なメンテナンスが必要

機能が充実していても、メンテナンスを怠ると衛生面の観点から安心してウォーターサーバーを使用することができなくなります。普段行うお手入れはもちろんのこと、専門業者にも定期的にメンテナンスを依頼するとよいでしょう。定期メンテナンスをメーカーで行ってくれるウォーターサーバーなら、管理をお任せできるので安心です。

なお、メンテナンスに関しては対応していないメーカーもあります。この場合、無償もしくは有償でウォーターサーバー本体の交換が必要です。

設置場所の確保が必要

ウォーターサーバーは、おおむね「A4サイズのノートが2冊おけるスペースと電源があれば設置可能」といわれているものの、高さもあります。そのため、横幅・奥行きだけでなく高さも含め十分な設置スペースが必要です。くわえて、直射日光が当たらず高温多湿を避けられる場所、そしてウォーターサーバー本体を安定して置ける場所など、設置場所にもさまざまな条件があります。これらの条件をクリアしており、かつ十分な設置スペースを確保できなければ、ウォーターサーバーを利用することはできません。

とはいえ、昨今は卓上タイプや幅を取らないスリムタイプのウォーターサーバーもあるので、それを選べば限られたスペースにも設置することができます。

ボトル交換にある程度の力が必要

ウォーターボトルの容量は、1本あたり12Lが一般的です。仮にウォーターサーバー本体の上にウォーターボトルをセットする「上置きタイプ」だと、12kg分の水を上まで持ち上げなければなりません。そのため、あまり力がない女性やご高齢の方だと持ち上げられず、ウォーターボトルの交換に苦労する可能性があります。

もしそういった不安がある方は、7Lのウォーターボトルを採用しているメーカーの利用がおすすめです。7Lであれば比較的軽く、女性やご高齢の方も交換がしやすくなるので、メーカーが取り扱っているウォーターボトルの容量もよく確認しましょう。

このほか、ウォーターサーバーにはウォーターボトルを下にセットする「下置きタイプ」もあります。ウォーターボトルを上まで持ち上げる必要がないので、どなたでも無理なく交換することができます。

メリットが多いウォーターサーバー!どのような方におすすめ?

では、どのような方がウォーターサーバーの利用に適しているのでしょうか? 以下で、ウォーターサーバーの利用に向いている方の特徴をご紹介します。

おいしい水を飲みたい方

おいしい水を飲みたいという方は、ウォーターサーバーの利用に向いています。

水道水には消毒のための塩素が含まれているため、安心して飲むことができます。しかし、その分カルキ臭を感じることがあり、それにより水本来の風味が損なわれることも。そのため、人によっては「水道水を飲むのが苦手」ということもあります。

その点、ウォーターサーバーに使われている水は天然水やRO水です。自然の味を楽しみたい方には天然水がおすすめです。
RO水は残留塩素やほかの不純物を除去した純水に近い水で、RO水を取り扱うほとんどのメーカーでは不純物を除去したのちミネラル成分を加えることでおいしい水に仕上げています。おいしい水を毎日手軽に味わえるため、水の味にこだわりたい方におすすめです。

お湯を使用する頻度が高い方

お湯を使用する頻度が高い方も、ウォーターサーバーの利用に向いています。

たとえば、温かい飲み物を作るためによくお湯を沸かしているとします。このとき、ウォーターサーバーがあればお湯をすぐに準備できるため、温かいお茶やコーヒーを手軽に作ることができます。
また、赤ちゃんがいる家庭であれば、ミルク・離乳食作りのためにお湯を何度も使用するでしょう。ウォーターサーバーがあればお湯がすぐに出る分、ミルク・離乳食を与えたいタイミングですぐに作ることができるため、赤ちゃんを待たせる心配がありません。

さらに、ウォーターサーバーの温水は、カップラーメンやインスタントの味噌汁作りに使用することもできます。これらをよく作る方もお湯を使う頻度が高くなるので、利用に適していると考えられます。

ペットボトルの水を頻繁に購入する方

ペットボトルの水を頻繁に購入する方も、ウォーターサーバーの利用に向いています。

コンビニやスーパーなどでペットボトルの水を購入する場合、ほかの買い物も合わせると荷物が重くなります。また、重い荷物を自宅まで持ち帰らなければならないので、労力も手間もかかるでしょう。

その点、ウォーターサーバーなら自宅までウォーターボトルを配達してくれるため、水を買いに行く必要がありません。普段からペットボトルの水を購入しているのであれば、利用を検討してみてもよいかもしれません。

アクアクララのウォーターサーバーならではのメリット

「どのメーカーのウォーターサーバーを利用すればよいのかわからない」とお悩みの方には、アクアクララがおすすめです。
以下では、アクアクララのウォーターサーバーを利用するメリットを3つピックアップしてご紹介します。

注文ノルマがない

注文ノルマとは、「1カ月に最低◯本の水を注文する」という条件のことです。メーカーによって注文ノルマの内容は異なり、たとえば「1カ月に最低2本以上」と定めているメーカーもあれば、「3カ月に最低6本以上」と定めているメーカーもあります。
注文ノルマは必ず守らなければならない条件なので、仮にウォーターボトル内の水が残っていたとしても、注文ノルマを満たせていないのであれば水を追加で注文しなければなりません。もし注文ノルマを果たせなかった場合は、事務手数料など別途費用を支払う必要があります。

アクアクララでは、この注文ノルマを設けていません。水が必要なときに注文するシステムを採用しているため、「水を消費しきれずストックが溜まってしまった」という事態を防ぐことができます。

なお、お水の注文がない期間もあんしんサポート料は発生します。

ご利用システムについて|よくある質問

定期メンテナンスを実施している

アクアクララでは、ウォーターサーバーを安心してご使用いただけるよう定期メンテナンスを実施しています。

メンテナンスでは、まずウォーターサーバー本体を分解し、細かいパーツを一つひとつ丁寧に洗浄します。傷んでいるパーツがあれば、新しいパーツと交換します。
すべてのパーツをきれいにしたのち組み立て直したら、動作に異常がないかチェックします。最後に内部・外部ともに除菌洗浄を行い、抗菌材を挿入したら、お客さまの自宅に配達して完了です。

なお、メンテナンスは自社基準の「洗浄メンテナンス資格」を取得した専任のスタッフが対応します。

ウォーターサーバーの使い方やボトル交換・お手入れ方法は?

チャイルドロックを標準装備している

アクアクララのウォーターサーバーは、チャイルドロックを標準装備しています。
チャイルドロックとは、万が一子どもが温水フォーセットを触ったとしても温水が出てこないようロックできる機能のことです。子どもがやけどするリスクを抑えられるため、安心してご使用いただけます。

安心・安全への取り組みと品質管理

まとめ

ウォーターサーバーには、「おいしい水が飲める」「冷水・温水をすぐに準備できる」「赤ちゃんのミルク・離乳食作りが楽になる」「玄関先まで水を配達してくれる」「ペットボトルのゴミが減る」「備蓄水として使用できる」など、さまざまなメリットがあります。自宅にウォーターサーバーが1台あればより快適な生活を送れるため、この機会にぜひ利用してみてはいかがでしょうか?