1. ウォーターサーバー・宅配水
  2. ウォーターサーバー比較一覧
  3. ウォーターサーバーの辞典
  4. ウォーターサーバーを置くならどこがいい?設置場所について


ウォーターサーバーを置くならどこがいい?設置場所について

ウォーターサーバーを長く安心して使用するには、衛生面や安全面に配慮した場所に設置することが大切です。一度設置してしまうと、場所を変更するのがなかなか難しくなるので、あらかじめウォーターサーバーを設置するのに適したスペースを確保しておくようにしましょう。
ここでは、ウォーターサーバーの設置場所を決める際に注意したいこと、どんな場所に置くのが適しているのかなどをご説明します。

ウォーターサーバーの大きさ

ウォーターサーバーの大きさは、床に直接設置する床置きタイプの場合、幅、奥行き共に30cm前後、高さが1m前後のものが一般的です。ただし、ウォーターサーバーの上部にウォーターボトルを挿入していない時の寸法が表示されている場合もあるため、実際にウォーターボトルを装着した時の寸法を確認しておくことが大切です。
卓上タイプの場合、床置きタイプと幅、奥行きの寸法はほとんど変わりないものの、全体の高さは床置きタイプの半分程度になります。床置きタイプを設置するスペースを十分に確保できない場所では、コンパクトな卓上タイプを選ぶのが良いでしょう。
ウォーターサーバーのデザインにひかれて決めた場合、実際に設置する際にスペースが足りない、ということも考えられるので、ウォーターサーバーの大きさは事前に確認するようにしましょう。

実際に設置する際は、ウォーターサーバーの大きさに加え、背面や両側面に隙間を設ける必要があります。背面は、壁から10cm以上の隙間を設けます。ウォーターサーバーには、お水の温度を常に一定に保つため冷蔵庫と同様のコンプレッサーが内蔵されているので、背面を塞いでしまうと放熱が正常に働かない恐れがあります。

また、両側面は3cm程度離し、壁や家具に触れて振動音が発生するのを防ぎます。上部には、50cm程度の空間が必要となります。これは、フタを空けてボトルを収納するタイプの場合、スムーズに交換するために必要になるスペースです。

設置に向く場所、向かない場所

ウォーターサーバーは原則室内で使用するようにしましょう。ウォーターサーバーの置き場所としては、キッチンテーブルの上やキッチンの入り口、ダイニング、リビングなどが一般的です。ウォーターサーバーは置く場所によってそれぞれのメリットがあります。

キッチンにウォーターサーバーを置く場合

下ゆでにお湯が欲しい時、ダシやスープに使うお湯など、料理の際には頻繁にお湯を使います。ウォーターサーバーがあれば適温のお湯がすぐに用意できますので、手軽に時短が実現します。キッチンスペースに余裕のないお宅では、小型の卓上で使えるウォーターサーバーを選ぶなどご自宅に合ったウォーターサーバーを選んでください。

リビングにウォーターサーバーを置く場合

リビングにウォーターサーバーがあれば、おもてなしの準備もぐっとスマートになります。話の途中でお湯が沸いたか確かめにキッチンへ、などと中座する必要もなくなります。ウォーターサーバーがリビングにあるとお客様の目に入りやすくなりますので、ご自宅のリビング空間に馴染むカラーやデザインを選ばれることをおすすめします。

寝室にウォーターサーバーを置く場合

寝つきを良くして熟睡するためには、寝る前に水分補給をすることが大切です。水分が足りないと寝つきが悪くなり睡眠中に脱水状態になってしまいます。さらに就寝中に人はコップ一杯以上の汗をかくと言われており、朝には水分不足の状態になってしまいます。脱水状態にならないよう寝室のすぐに手の届く範囲にウォーターサーバーを置き、寝る前と朝起きてすぐにコップ一杯のお水を必ず飲むようにすると良いです。

置き場所の注意ポイント

ウォーターサーバーの置き場所選びでは、いくつか気にかけていただきたい注意ポイントがあります。

▶コンセント(電源) ウォーターサーバーは、基本的に電源プラグをコンセントに繋いだままで使用しますので、コンセントが近くにあるかどうかを確認してください。延長コードを使用して設置された場合、万が一水漏れしてしまった場合に漏電、感電等の危険性がありますので使用は避けてください。

▶日光・湿度 室内でも、直射日光が当たる場所や熱を発するものの近くへの設置は避けてください。また湿度が高い場所、ホコリがたまりやすい不衛生な場所も設置場所として不適切です。これらの場所では、雑菌が繁殖しやすくなりお水の品質にも悪影響を及ぼす可能性があります。

▶床の安定感と周辺環境 ウォーターサーバーは平らで安定した場所への設置が必要です。畳の上など不安定な場所、平らでない場所への設置は、かたむいたり騒音・振動の原因となります。また壊れやすいものや高価なものの近く、電化製品の上や周辺への設置は、事故や故障の原因となる可能性があるため避けましょう。

▶音 ウォーターサーバーの中には稼働している時の振動や音が気になる製品もあります。特に、ボトルが下置きタイプのウォーターサーバーは、ポンプ(コンプレッサー)を使って水を汲み上げている為、ボトルが上置きのウォーターサーバーに比べて音や振動が感じられるかもしれません。最近では、静音性に優れたウォーターサーバーも販売されていますが、元々音が響きやすい場所や、何も敷いていないフローリングなどには設置しないのが原則です。

▶スペース(余裕のある空間) 実際に設置する際は、ウォーターサーバーの放熱を妨げないために背面は壁から10cm以上、壁や家具に触れて振動音が発生するのを防ぐために両側面は壁から3cm程度の隙間を設けてください。またボトルを上部に挿入する上置きタイプの場合、上部に50cm程度の空間が必要です。一方、ボトルを下部に収納する下置きタイプの場合は、ウォーターサーバー自体が比較的大きくなってしまうことが多い事と、ボトルをウォーターサーバー内に収納する扉を開閉する為のスペースが必要なため、奥行き、横幅ともに余裕がある場所を選ぶ必要があります。

アクアクララのこだわり

アクアクララのウォーターサーバーはA4サイズ2枚分

アクアクララのウォーターサーバーは、「A4サイズ」2枚分あれば設置することができます。コンパクトなので、置く場所を選びません。
また、全てのウォーターサーバーに対応できるボトルサイズを2つ(12Lと7L)ご用意していますので、お客さまの利用シーンにあわせてお水の量もお選びいただけます。

防振、静音設計

アクアクララのウォーターサーバーは、コンプレッサーの稼働音を小さくするため、ウォーターサーバー内部に防振ゴムを採用。稼働音ができるだけ外に漏れないようにする他、外装パネルに音や振動が伝わらないよう工夫が施されています。
また専用の防振トレイを装備すれば、フローリングに直接ウォーターサーバーを設置しても音が漏れることはありません。

設置から動作確認まで無料で対応

一般的なワンウェイボトルタイプのサービスでは、お客様自身がウォーターサーバーの設置・返却を行うことが多いですが、アクアクララでは専門スタッフ(アクアクララポーター)が設置サービスを実施しています。
届いた時、返品や交換する時もスタッフがサポートしてくれるので、女性やお年寄りの方でも安心して利用できます。

キャンペーン情報

キャンペーン一覧を見る

ウォーターサーバーのお申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

送料無料!
資料を申込む

資料請求

scroll to pagetop