• ウォーターサーバー百科事典

水が味を左右する?!インスタントコーヒーをおいしく作るコツ

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

インスタントコーヒーとは、コーヒー豆を焙煎し、そこから抽出した液を乾燥させて粉末状にしたインスタント食品。お湯を注ぐだけで簡単にコーヒーを作れるのが特徴です。
その一方で、インスタントコーヒーには「コーヒー本来の風味を引き出すことが難しい」という弱点も。ただし、水にこだわれば風味豊かなコーヒーに仕上げることができます。

そこで今回は、インスタントコーヒーのメリットをはじめ、インスタントならではの悩みやおいしく入れるためのコツについてご紹介します。ぜひ、チェックしてみてください。

手軽さがうれしい!インスタントコーヒーのメリット

インスタントコーヒーのメリットには、主に以下の3つがあります。

手間なくコーヒーを作れる

インスタントコーヒーのメリットには、まず「手間なくコーヒーを作れる」という点があげられます。お湯を注ぐだけであっという間にコーヒーが完成するため、飲みたいと思ったタイミングにすぐ用意できます。また、忙しい朝にもサッと作れるので、学校・仕事前にコーヒーを飲んで活力をつけることもできます。時間をかけることなくコーヒーを作れる点は、まさにインスタントコーヒーの最大のメリットです。

コストパフォーマンスに優れている

インスタントコーヒーには、「コストパフォーマンスに優れている」というメリットもあります。たとえば、缶コーヒーの場合は1本100円程度の費用がかかりますが、インスタントコーヒーなら一杯数十円程度に抑えることができます。また、コーヒーを作るにあたり購入するのはインスタントコーヒーだけでよく専用の器具は必要ないため、最小限の費用でコーヒーを味わえます。

ゴミがほとんど出ない

このほか「ゴミがほとんど出ない」という点も、インスタントコーヒーのメリットのひとつです。前述のとおり、インスタントコーヒーを作るにあたり専用の器具は不要であり、たとえばペーパーフィルターを用意する必要がありません。仮にペーパーフィルターを使うとなるとコーヒーを作るたびにゴミが出てしまいますが、インスタントコーヒーの場合はそのゴミを一切出さないので、片付けの手間を省きつつ環境へも配慮しながらコーヒーを味わえます。

心当たりある?インスタントコーヒーならではの悩み

インスタントコーヒーは、手軽に飲めてコストパフォーマンスにも優れていますが、その一方で「コーヒー本来の風味を満足に味わえない」という弱点もあります。「風味にこだわりはなく、眠気覚ましとしてコーヒーを飲みたい」という方にとってはさほど気にならないかもしれませんが、コーヒー好きな方にとっては大きな悩みになる可能性があります。

自宅で作れるコーヒーには、インスタントコーヒー以外にもレギュラーコーヒーがあります。レギュラーコーヒーとは、コーヒー炒り豆もしくはコーヒー炒り豆を挽いた粉のこと。これを使用してコーヒーを作るには専用の器具で抽出作業を行う必要があり、この一手間がコーヒー本来の風味を引き出します。そのため「レギュラーコーヒーのほうがよい」と考える方もいますが、中には器具をセットしたり抽出に時間がかかったりすることに慣れていない方も。とくに忙しいときはコーヒー作りに時間をかけていられないため、風味に満足できていなくてもインスタントコーヒーを選ぶ方は少なくありません。

そうなると、気になるのは「インスタントコーヒーでコーヒー本来の風味を味わうことは不可能なのか?」という点です。実は、入れ方次第では風味を引き立たせることができます。

ひと手間が風味を変える!インスタントコーヒーをおいしく入れるコツ

インスタントコーヒーをおいしく入れるコツは、以下のとおりです。

好みに合わせて水を使い分ける

インスタントコーヒーをおいしく入れるためには、「好みに合わせて水を使い分ける」ことが大切です。そもそも、水には「軟水」と「硬水」の2種類があります。この2つは硬度に違いがあり、それぞれで口当たりや風味が異なります。軟水はまろやかな口当たりでさっぱりした風味、これに対し硬水は口当たりが重くほんのり苦味があるのが特徴です。

軟水を用いてインスタントコーヒーを作った場合は、まろやかな口当たりで酸味が引き立ったコーヒーに仕上がります。一方、硬水を用いてインスタントコーヒーを作った場合は、酸味が打ち消され苦味が際立ちます。そのため、コーヒー作りに使用する水は「酸味を味わいたいか」「苦味を感じたいか」、どちらを重視するかで決めるのがおすすめです。

先に粉を水で溶かす

インスタントコーヒーをおいしく入れるコツには、「先に粉を水で溶かす」というものもあります。

インスタントコーヒーに含まれる成分のひとつである「デンプン」には、お湯をかけると表面が固まる性質があります。そのため、インスタントコーヒーに直接お湯を注ぐとダマになって粉っぽさが残り、コーヒー本来の風味が損なわれやすくなるのです。その点、水であればデンプンが固まるのを防げるので、ダマになるのを防ぎつつコーヒー本来の味や香りを引き出すことができます。

コーヒーを作るときは先に粉を水で溶かし、後からお湯を注ぐようにしましょう。

粉を乾煎りする

「粉を乾煎りする」という点も、インスタントコーヒーをおいしく入れるコツのひとつです。焦げ付きにくいテフロン加工のフライパンを使って粉を乾煎りすることで、インスタントコーヒーの香ばしさをさらにアップさせることができます。
粉を乾煎りするときは、色が少し変わったところでストップするのがポイント。乾煎りをしすぎると粉が焦げやすくなり、風味に影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。

なお、この記事ではインスタントコーヒーをおいしく入れるコツについてご紹介しましたが、ほかの記事では「ペーパードリップ式のコーヒーの入れ方」について解説しています。ぜひご覧ください。

美味しいコーヒーの入れ方

おいしい水でコーヒー作り!ウォーターサーバーを使おう

インスタントコーヒーをより手軽においしく作りたい場合は、ウォーターサーバーの利用がおすすめです。ほとんどのウォーターサーバーには「温水・冷水機能」が搭載されているため、お湯をすぐに準備することができます。インスタントコーヒーを作るタイミングでお湯を沸かさなくてもよいので、より手軽にコーヒーを楽しめます。

このほか、ウォーターサーバーで使用されている水は「衛生的でおいしい水」です。不純物を除去した水のため雑味がなく、コーヒーの風味を損ねてしまう心配がありません。さらに、ウォーターサーバーの水は軟水であることがほとんどです。前述したように、軟水を使ってインスタントコーヒーを作ると、まろやかな口当たりで酸味が引き立ったコーヒーが完成します。そのため、コーヒーの酸味を味わいたい方にはとくにウォーターサーバーの利用が適しているといえます。

なお、アクアクララのお水は硬度「29.7mg/L」の軟水です。原水をRO膜(逆浸透膜)でろ過して不純物を除去した後、4種のミネラル成分を配合しています。衛生的なだけでなく風味にもこだわった水に仕上がっているため、インスタントコーヒー作りに最適なほか、お水そのものもおいしく味わうことができます。

おいしいお水が誕生するまで

まとめ

インスタントコーヒーは、お湯を注ぐだけで簡単に作れる上にコストパフォーマンスにも優れています。そのため多くの方に重宝されていますが、コーヒー本来の風味を満足に味わえないという弱点もあります。レギュラーコーヒーに比べるとコーヒー本来の風味が落ちてしまいますが、水や入れ方にこだわることでおいしく仕上げることができます。「おいしいインスタントコーヒーを毎日飲みたい」という方は、まずは水から変えてみてはいかがでしょうか?

アクアクララでは、インスタントコーヒーの酸味が引き立つ「軟水」を採用しています。まろやかな口当たりで飲みやすく仕上げられるため、毎日おいしいコーヒーを味わうことができます。また、ウォーターサーバーは温水・冷水ともに使用できるため、お湯を沸かす必要もありません。インスタントコーヒーをより手軽においしく味わいたい方は、ぜひこの機会にアクアクララのウォーターサーバーをご利用ください。