• ウォーターサーバー百科事典

二日酔いの緩和には水分補給が必須!その理由とまだある対策法とは

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

お酒を飲むことが好きな方であれば、一度は「二日酔い」を経験したことがあるのではないでしょうか?頭がズキズキしたり吐き気がしたりと二日酔いにはつらい症状が伴うため、誰もが「二日酔いにはなりたくない」と考えるもの。二日酔いの緩和には水分補給がよいといわれているので、飲酒中はもちろん、飲酒前後も積極的に水を飲むようにしましょう。

今回は、二日酔いの原因や対策方法についてご紹介します。また、二日酔い対策に役立つウォーターサーバーについてもご紹介しているので、ぜひご覧ください。

楽しいひと時から一転!二日酔いの原因とは

二日酔いの原因は「お酒の飲み過ぎ」といわれていますが、「なぜお酒を飲み過ぎると二日酔いを引き起こすのか」というメカニズムまでは解明されていません。ただし、「二日酔いには、“アセトアルデヒド”が影響しているのではないか?」と推測はされています。

アセトアルデヒドとは、エタノールが肝臓で酸化された際に発生する有害物質です。お酒を飲むと、アルコールは胃や小腸に吸収されて血液に溶け込み、そこから肝臓に送られて分解されます。アセトアルデヒドが発生するのはこのタイミングであり、その後酢酸へと分解され、水や炭酸ガスとなって体外に排出されます。

しかし身体が脱水状態にあると、アセトアルデヒドをスムーズに排出することができなくなります。そのため、普段から水分をあまり飲まなかったり飲酒前の水分補給を怠ったりした場合は、二日酔いを引き起こしやすくなるのです。またお酒を飲むと利尿作用が働き、普段よりも尿量が多くなって脱水状態に陥りやすくなります。その結果、より尿からアセトアルデヒドを排出できなくなり、二日酔いを起こしやすくなるのです。

水分補給が緩和のカギ!二日酔いの対策方法

上述の原因を踏まえると、二日酔いを対策するには「水分補給」が不可欠だということがわかります。そこで以下にて、飲酒中・飲酒後の水分補給のコツをご紹介します。

【飲酒中】チェイサー・和らぎ水を飲む

まず、飲酒中はチェイサー・和らぎ水を積極的に飲むようにしましょう。チェイサーとはお酒の合間に飲む水のことを指し、和らぎ水とは日本酒の合間に飲む水のことを指します。どちらもアルコール濃度を薄める働きがあるため、酔うスピードを抑えられる上に飲み過ぎや脱水状態を防ぐこともでき、二日酔い対策に最適です。

【飲酒中】スープ系の料理を食べる

チェイサー・和らぎ水を飲むこと以外でも、飲酒中に水分補給を行うことができます。たとえば、スープ系の料理を積極的に食べるのが一案です。ほかの料理に比べて水分を多く摂取できるため、自然と水分補給ができます。スープ系の料理とチェイサー・和らぎ水を組み合わせて、効率的に二日酔いを対策しましょう。

【飲酒後】水を飲む

二日酔いを対策するには、飲酒後に水を飲むことも欠かせません。上述のように、アルコールには利尿作用があるため、お酒を飲むと尿量が増えて脱水を引き起こしやすくなります。身体が脱水状態になると体内のアセトアルデヒドをスムーズに排出できなくなり、それが二日酔いを引き起こす原因となってしまいます。そのため、二日酔い対策として飲酒後も積極的に水を飲むようにしましょう。

ほかにもある!二日酔いを対策するポイント

二日酔いを対策するポイントは、水分補給だけではありません。ほかにも「お腹を満たす」「飲み過ぎないようにする」「ビタミン類を摂取する」の3つがあげられます。

【飲酒前】お腹を満たす

二日酔いの対策として、飲酒前にお腹を満たすことも大切です。なぜなら、空腹時はアルコールを分解する「NAD」という酵素が不足している状態のため。つまり、空腹のまま飲酒するとアルコールをスムーズに分解できず、二日酔いを引き起こしやすくなるのです。NADはお腹を満たせば増やすことができるため、飲酒前に食事を摂ることは二日酔い対策に効果的といえます。

【飲酒中】飲み過ぎないようにする

二日酔いを対策するには、当然ですが飲み過ぎないようにすることも大切です。お酒の飲み過ぎが二日酔いの原因であることは明白なので、過剰に飲むのは避けるようにしましょう。
なお、飲酒による身体への影響は「お酒の量」ではなく「アルコールの量」で変わってきます。たとえば、500mlのビールのアルコール度数は5%、350mlのチューハイのアルコール度数は7%です。「チューハイのほうがお酒の量が少ないから大丈夫」とたくさん飲んでしまうと二日酔いを引き起こしやすくなるため、度数に応じて飲む量を抑えるようにしましょう。

【飲酒後】ビタミン類を摂取する

飲酒後にビタミン類を摂取することも、二日酔いを対策するポイントのひとつです。お酒を飲むと、アルコールを分解するためにビタミン類が消費されます。もちろん、適量のお酒であれば体内にあるビタミン類で問題なくアルコールの分解を進められますが、過剰に飲酒してしまうとのちにビタミン類が不足してアルコールの分解が進まなくなってしまうのです。飲酒後にビタミン類を摂取すれば再びアルコールを分解できるようになるため、二日酔いを防ぎやすくなります。

おいしい水で二日酔い知らずに!ウォーターサーバーの利用

二日酔いを防止するなら、ウォーターサーバーの利用がおすすめです。ウォーターサーバーがあればチェイサー・和らぎ水をすぐに準備できる上に、いつでも気軽に水分補給ができるため、効率よく二日酔いを防止することができます。

アクアクララでは、原水をRO膜(逆浸透膜)でろ過した後に4種のミネラルをバランスよく配合したお水を採用しています。そのため、まろやかな口当たりでおいしい軟水に仕上がっています。「おいしい水で二日酔いを防止したい」という方は、この機会にアクアクララのウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか?

おいしいお水が誕生するまで

お酒に合う水とは?ウォーターサーバーで変わる家飲みの質と時間

まとめ

二日酔いの原因には「アセトアルデヒド」が影響しているといわれています。お酒を飲むと体内にアセトアルデヒドが発生しますが、スムーズに分解されれば尿として排出されるので二日酔いになる心配はありません。しかし、身体が脱水状態になるとアセトアルデヒドが体内に残ったままになるため、二日酔いを引き起こしやすくなります。アセトアルデヒドをスムーズに排出するためにも、飲酒中はもちろん、飲酒前後の水分補給を心がけることが大切です。

アクアクララでは、RO膜(逆浸透膜)のろ過システムで原水を限りなく純水に近づけたのち、4種のミネラルをバランスよく配合したお水を採用しています。独特な風味のないおいしいお水に仕上がっているため、お酒を飲むときだけに限らず毎日の水分補給にも最適です。
「おいしい水で二日酔いを対策したい」という方は、この機会にぜひアクアクララのウォーターサーバーをご利用ください。