• ウォーターサーバー百科事典

脱水症状に要注意!主な原因から予防法まで解説

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

体内の水分が不足すると脱水症状を引き起こしやすくなり、最悪な場合は命に関わる危険性もあります。そのため、毎日の生活でしっかりと水分をとっていかなければなりません。では、脱水症状を防ぐにはどのタイミングで水を飲むのがよいのでしょうか。

今回は、脱水症状の主な原因や症状をはじめ、注意すべきタイミング、予防法をご紹介します。また、脱水症予防におすすめなアクアクララのウォーターサーバーについても解説しているので、ぜひご覧ください。

水分不足が招く危険な脱水症状とは?

そもそも脱水症状とは、「体内にある体液が不足した状態」を示します。体液といっても水だけではなく、ミネラルやタンパク質などで構成されており、これらが不足することで体が脱水症状を引き起こします。

主な原因

脱水症状の原因のひとつに、「水分の摂取量が不足していること」があげられます。とくにご高齢の方は、口渇中枢(こうかつちゅうすう)の感受性の低下により喉の渇きに気づきにくくなります。そのため、水分の摂取量が不足し喉の渇きを感じたときには、すでに脱水症状を引き起こしていることがあるのです。

また、加齢によって食欲が減退し、食事からの水分を摂取できないだけでなく、飲み物を口にすることも少なくなってしまいます。さらに、夜間のトイレを気にして水分を控えるご高齢の方も少なくありません。その結果、体内の水分量が不足し、脱水症状を引き起こしやすくなってしまうのです。

このほか、「水分の喪失量の増加」も脱水症状の原因と考えられています。一般的には、下痢や嘔吐、病気などが水分の喪失量の増加につながるといわれています。ただし、ご高齢の方の場合はこれらの原因に加えて「基礎代謝量の減少」によっても失われる水分量が増えてしまいます。また、高齢になると筋肉や皮下組織の備蓄水分量も減少するので、病気に関係なく脱水症状を引き起こしやすくなってしまうのです。

ご高齢の方だけでなく小児も「水分の喪失量の増加」が原因で脱水症状を招きやすくなります。とくに乳児の場合、腎臓が未発達のため尿の量が多くなるのに加えて、呼気や皮膚から失われる水分量も大人に比べると多いといわれています。下痢や嘔吐などの症状が出てしまうとさらに水分量が失われてしまうため、脱水症状を招きやすくなってしまいます。

具体的な症状

脱水症状の具体的な内容は、「どの程度の脱水症か」で異なります。

軽症の場合は、「喉が渇く」「めまい」「食欲減退」「尿量の減少」「大量に汗をかく」などの症状が現れることがほとんど。症状が中等度の場合は、「皮膚の紅潮化」「全身の脱力感」「手足の震え」「ふらつき」「頭痛」「呼吸困難」などが引き起こされます。軽症のときとは異なり汗は出ませんが、だからといって脱水症ではないと自己判断しないよう注意しましょう。そして重症の場合は、「失神」「目の前が暗くなる」「筋痙攣」「飲み込むのが困難になる」などの症状が現れます。

脱水症状を招きやすい?注意すべきタイミング

脱水症状を招きやすいタイミングには、主に「日常生活」「スポーツ時」「夏場・冬場」の3つがあげられます。

日常生活

日常生活の中でもとくに注意したいタイミングが「就寝時」です。私たちは寝ている間も大量の汗をかきます。それにより、体内の水分が失われてしまい、脱水症状を招く危険性があるのです。
また、「入浴時」も注意したいタイミングのひとつです。就寝時と同じく、入浴時も大量の汗をかくため体内の水分が失われやすく、脱水症状を招いてしまうことがあります。

このほか「飲酒後」も脱水症状を招きやすいタイミングになるので、注意しなければなりません。なぜなら、アルコールには利尿作用があるからです。たとえば、ビールを10本飲んだ場合の尿の排出量は、ビール11本分に相当するといわれています。つまり、飲酒後は利尿作用により尿の排出量が多くなってしまうということ。そのため、飲酒後はアルコール以外の飲料で水分補給をしないと、脱水症状を招きやすくなります。

スポーツ時

スポーツ時は普段よりも汗をかきやすいため、体内の水分が多く失われます。気温が高いときはもちろん、気温の低いときや屋内でのスポーツであっても汗はかいてしまうもの。そのため、水分補給を怠ってしまうと、脱水症状を引き起こしやすくなります。

夏場・冬場

夏場・冬場も脱水症状を招きやすくなります。

夏場は、気温や湿気によって汗をかきやすく、体内の水分が多く失われがちです。そのため、夏場に脱水症状を引き起こしてしまう方は少なくありません。
一方で、冬場は「乾燥」が原因で脱水症状を引き起こしやすくなります。私たち人間は、汗や尿以外にも皮膚からの水分蒸発によって体内の水分を排出しています。冬場は、乾燥によって「水分蒸発がしやすい状態」になってしまうので、脱水症状を引き起こしやすくなるのです。

さらに、冬場に脱水症状を招いてしまう原因には「喉の渇きを感じづらくなってしまうこと」もあげられます。「喉が渇いてから水を飲む」というケースが多くなり、知らずのうちに脱水症状を引き起こしやすい状態を作ってしまうのです。脱水症状というと「夏場に起こるもの」というイメージがあるかもしれませんが、冬場も十分注意しなければなりません。

脱水症状を引き起こさない!日常生活で取り入れたい予防法

では、脱水症状を引き起こさないためにはどうすればよいのでしょうか。以下では、日常生活で取り入れたい3つの予防法をご紹介します。

こまめに水分補給をする

脱水症状を予防するには「こまめな水分補給」が欠かせません。一度にたくさんの水を飲むのではなく、定期的に水分補給をするようにしましょう。たとえば、水分が不足しやすい「起床時」「スポーツの前後」「入浴前後」「飲酒後」「就寝前」の水分補給は必須といえます。また、「喉が渇く前」に水分補給をするのもポイントです。

好きな飲み物を飲む

脱水症状を予防するには「好きな飲み物を飲む」のも効果的です。とくにご高齢の方や小さい子どもの場合、気分によっては水分補給をしないこともあります。それでは予防するどころか脱水症状を助長してしまうため、好きな飲み物で水分補給を促すようにしましょう。ただし、糖分の多い飲み物に関しては飲みすぎないよう注意が必要です。

部屋を適温に保つ

「部屋を適温に保つこと」も脱水症状の予防法のひとつです。とくに夏場は気温が高く汗をかきやすいので、窓を開けて扇風機を使用したり冷房をつけたりして室温調整をするようにしましょう。また、日が落ち気温が下がる夜間も脱水症状を起こす危険性はゼロではありません。そのため、就寝時の室温調整にも十分配慮しましょう。

冬場は、先述したように乾燥が原因で脱水症状を招いてしまうので、湿度を保つことが大切です。たとえば、加湿器を使用したり濡らしたタオルを干したりすることで乾燥を防げます。

脱水症状の予防に最適!アクアクララのお水で手軽に水分補給

脱水症予防として「おいしい水の確保」「水分補給のしやすさ」にこだわるなら、アクアクララのウォーターサーバーの利用がおすすめです。

ミネラル成分をバランスよく配合したお水

アクアクララで使用しているお水は、カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウムの4種のミネラル成分をバランスよく配合した軟水です。お水の硬度は29.7mg/Lとなっており、口当たりがまろやかで日本人が「飲みやすい」と感じる仕上がりになっています。そのため「おいしい水で水分補給したい」という方には、とくにアクアクララのウォーターサーバーがおすすめです。

天然水ではなくRO膜(逆浸透膜)でろ過した安心安全な軟水

温水・冷水でおいしいお水が手軽に味わえる

アクアクララのウォーターサーバーなら、温水・冷水の両方を瞬時に出せます。たとえば、寒い冬の時期には「温かい飲み物を飲みたい」と思うことも少なくありません。ヤカンや電気ケトル、電気ポットなどでお湯を沸かすとなると、待ち時間が発生しますし手間もかかってしまいます。その点、アクアクララのウォーターサーバーならすぐに温水を用意できます。「飲みたい」と思ったときにすぐ飲めるので、スムーズな水分補給ができるのです。

ウォーターサーバーはなぜお湯が出る?その温度は?仕組みとお湯の使い方

まとめ

脱水症状は、誰もが引き起こす可能性のある危険な状態です。とくに、ご高齢の方や小さい子どもは脱水症状を招きやすいため、こまめに水分補給を行うことが大切です。また、過ごす環境も脱水症状を招く要因になるので、今回ご紹介した予防法をぜひ参考にしてみてください。

なお、アクアクララのウォーターサーバーを利用することは、脱水症状の予防に効果的です。すぐにおいしいお水を飲める環境が整うため水分補給がしやすくなり、効率よく脱水症状を防ぐことができます。この機会にぜひ利用をご検討ください。