1. ウォーターサーバー・宅配水
  2. ウォーターサーバーで変わるライフスタイル
  3. 美と健康
  4. 熱中症対策の水分補給のポイント - お水の温度にも気を付けよう

熱中症対策の水分補給のポイント - お水の温度にも気を付けよう

熱中症対策の水分補給のポイント - お水の温度にも気を付けよう

高温多湿の日本の夏には、昔から暑熱による障害が多く発生しています。以前は暑熱作業の職場での熱中症が多くみられましたが、ヒートアイランド現象や地球温暖化の影響で熱ストレスが増大し、最近では日常生活においても発生が増加していると指摘されています。みなさんはお水を飲む際、温度には気を付けていますか? キンキンに冷やしたお水が好きな方や、常温のお水、さらには温かい白湯が好みの方もいらっしゃると思います。お水は、温度によって身体への負担や吸収速度、味わいも違ってくるため、体調や気分に応じて違った温度のお水を味わうのも、ウォーターサーバーならではの楽しみ方ではないでしょうか。ここでは、熱中症についての基礎知識やお水の温度による効果の違い、それぞれの飲み方についてご紹介します。

熱中症とは?仕組みと症状について

熱中症を引き起こす要因は、「環境」「からだ」「行動」によるものが考えられます。

  • 「環境」の要因-気温が高い、湿度が高い、締め切った屋内など
  • 「からだ」の要因-高齢者や乳幼児、肥満の方、二日酔いや寝不足といった体調不良など
  • 「行動」の要因-激しい筋肉運動、長時間の屋外作業、水分補給できない状況など

症状としては、軽症では立ちくらみや筋肉のこむら返り。中等症になると、全身の倦怠感や脱力、頭痛、吐き気、下痢等が見られ、最重症になると高体温に加え意識障害と発汗停止が主に見られます。

熱中症の予防・対策方法

熱中症は命に関わる病気ですが、適切な予防法を知っていれば防ぐことができます。日常生活での予防には、脱水と体温の上昇を抑えることが基本ですので、「暑さを避ける」「こまめな水分補給」「暑さに備えた体作り」が大切です。

(1)暑さを避けましょう
暑い日は決して無理はせず、涼しい場所に避難するなどして適宜休憩をとるようにしましょう。室内で涼しく過ごす工夫としては、窓から射し込む日光を遮り、我慢せずに冷房や扇風機を利用することや、夕方に打ち水をするのも効果的です。
衣服は、ゆったりしていて衣服の中や体の表面に風をとおし、体から出る熱と汗をできるだけ早く逃がせるものが好ましいです。外出の際には日傘や帽子も活用してください。

(2)こまめに水分補給を
体温を下げるためにはしっかりと汗をかくことがとても重要です。汗の原料は血液中の水分や塩分ですから、汗で失った水分や塩分を適切に補給する必要があります。たくさん汗をかいた場合は、スポーツドリンクや塩あめなどで塩分補給してください。
暑い日には、知らず知らずにじわじわと汗をかいていますので、活動に関わらずにこまめな水分補給が必要になります。暑い場所に行く前から水分を補給しておくことも大切です。

(3)暑さに備えた体作り
熱中症は、体がまだ暑さに慣れていない梅雨の合間に突然気温が上がった日や、梅雨明け後に急に蒸し暑くなった日などによく起こります。暑い日が続くと、体がしだいに暑さに慣れて(暑熱順化)暑さに強くなりますが、体の適応は気候の変化より遅れて起こります。日頃からウォーキング等で汗をかく習慣を身につけて暑さに慣れていれば、夏の暑さにも対抗しやすくなり熱中症にもかかりにくくなります。

その他にも、それぞれの体力や体調を考慮した行動をすることや、集団活動の場ではお互いに注意するように心がける。また、いざという時に救急搬送できる医療機関を調べたり、熱中症発生時の連絡先、対処フローを作っておくことも必要です。

温度にも気をつけよう!飲料水の温度による効果の違い

飲料水の温度を、冷水、常温、温水に分けてそれぞれの特徴をあげてみましょう。

冷水【5~15℃】

冷蔵庫で冷やしていたり、冷水器から出たりするお水で、夏場に飲むとおいしいと感じる温度のお水です。夏場や激しいスポーツで汗をかいた際などには、冷たいお水を飲むようにしましょう。しかし体温が下がったり、胃腸への刺激や負担が大きかったりする温度でもあるので、飲みすぎには注意してください。

常温のお水【20~35℃】

いわゆる「湯冷まし」と言われる温度のお水で、冷たくも温かくもないぬるいお水です。飲んだ時の感覚はあまり良くないかもしれませんが、胃腸への刺激が少なく、体温もほとんど奪われません。吸収速度は冷水に比べると劣るものの、身体への負荷も少ないため普段の水分補給に適しています。薬を飲む際なども常温のお水を使うと良いでしょう。

温水【60~80℃】

白湯と呼ばれる温かい温度のお湯です。常温と同じく胃腸への刺激や負担が少なく、体内へ吸収される速度も比較的ゆっくりです。体温を上げる効果があるため、リラックスしたい時や就寝前などに飲むと効果的です。夏場でもエアコンの温度が低くて寒い時は温水を飲むようにしましょう。

スポーツ時に飲むお水の最適な温度

スポーツ時は激しい運動とともに大量の汗をかき、短い時間で急速に体内の水分が奪われます。また夏場の屋外での運動は、脱水症状の他、体温が上がりすぎる熱中症の危険もあります。冷たいお水(5~15℃)を飲むことによって体温が下がり、熱中症予防にも効果が期待できると言えるでしょう。風呂上がりにも冷たいお水がおすすめです。

朝起きた際に飲むお水の最適な温度

朝、起きがけに飲むお水は、温度に関わらず様々な効果をもたらしてくれます。特に常温のお水は、胃酸を薄める効果が期待されるので、食べ過ぎ、ストレスなどが原因で吐き気や胸焼け感がある場合は、常温のお水を飲んでみることをおすすめします。

寝る前に飲むお水の最適な温度

就寝前には、身体や内臓を休める準備をしなければいけません。冷たいお水は刺激が強く身体を冷やしてしまうので避け、常温か温水を飲むようにしてください。冬場などは体温を少し上げておくと、眠りにつきやすいと言われています。就寝前は、温水を飲むことで身体を温めながらリラックスすると良いでしょう。

おいしいお水の温度

一般的に日本人がおいしいと感じるお水の温度は、5~15℃と言われています。特に喉が渇いている時は、冷たいお水がよりおいしく感じられるはずです。0℃近くまで冷やした氷水は舌がマヒしてしまい、おいしさをあまり感じられません。
また身体への負担も大きく、一気に飲むと頭が痛くなることがあるので、冷やし過ぎには注意しましょう。冷蔵庫で冷やしたお水は5℃程度ですが、場所によってはもう少し下がってしまうこともあります。冷蔵庫から出してしばらく置いておくか、野菜室で冷やすのもおすすめです。また、冷蔵庫から出して保冷瓶に入れておけば、5~15℃で保たれるので便利です。

こまめに水分補給をしよう

お水の温度に気を付けながら水分補給をすることも大切ですが、食事の前後や起床、就寝前後など決まった時間に限らず、こまめに水分補給することも大切です。熱中症の予防の項でも触れましたが、こまめな水分補給を習慣づけることは健康を保つのにとても重要なことです。
私達の身体は、成人男性の場合その約60%が水分で構成されています。このうち、たった5%が失われただけで脱水症や熱中症などの症状が現れ、さらに10%、20%と失われる量が増えていくと最悪の場合死に至る恐れがあります。 最も恐ろしいのは、私達の身体は水分が失われていくことをなかなか自覚できないことです。「喉が渇いた」と感じた時には、既に脱水症状を引き起こしているケースも少なくないため、喉の渇きを感じる前から、こまめに水分を補給するよう心掛けましょう。
このように、水分補給をする際でも、水温によって身体への負荷や吸収速度に差が出ます。そのため、コンディションやシーンによってお水の温度を変えることが大切です。上記を参考にしながら、お水の温度にも気を遣ってみてはいかがでしょうか。

出典:
環境省熱中症予防情報サイト

キャンペーン情報

キャンペーン一覧を見る

ウォーターサーバーのお申込みや体験について

まずは無料で
試してみる

無料お試し詳細

特典付き!
今すぐ申込む

新規申込み詳細

送料無料!
資料を申込む

資料請求

scroll to pagetop