• ウォーターサーバー百科事典

水道水のカルキ抜きはいつ必要?代表的な5つの方法とともにご紹介

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

水道水に含まれているカルキは身体にほとんど影響を及ぼさないので、さほど気にする必要はありません。しかし、場合によってはカルキ抜きが必要なときもあります。

そこで今回はカルキの概要をはじめ、カルキ抜きが必要な場面やその方法についてご紹介します。また、「おいしい水を飲みたい」という方に最適なウォーターサーバーの魅力も解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

殺菌作用あり!水道水に含まれている「カルキ」とは

カルキとは、塩素を含んだ塩化石灰(カルシウム質)のこと。正確には「次亜塩素酸カルシウム」という名称であり、日本の水道法では「水道水の中に0.1mg/L基準値以上のカルキ(残留塩素)を保持すること」が義務づけられています。仮にカルキ抜きされた水道水が各家庭に届けられたとすると、菌が繁殖した水を使用しなければならず、口にした場合は健康状態に影響を及ぼしてしまう恐れがあります。こうしたトラブルを未然に防ぐ目的として、水道法では「カルキを保持しなければならない」と定めているのです。

水道水の用途が関係!カルキ抜きが必要な場面

カルキが含まれていることは、きちんと消毒が行われた「安心して飲める水」である証拠。しかし水道水の用途によっては、あえてカルキ抜きをする必要があります。では、具体的にどのような場面でカルキ抜きが必要になるのでしょうか?

おいしい水を飲みたいとき

カルキ抜きが必要な場面には、まず「おいしい水を飲みたいとき」があげられます。水道水を飲んだときに「あまりおいしくない」と感じるのは、カルキが水の風味に影響を及ぼしているから。つまりカルキ抜きをすれば独特なにおいを消すことができ、クセのないおいしい水に仕上げられるのです。そのため、水道水をおいしく飲みたい場合は、カルキ抜きすることをおすすめします。

水槽用の水として使用するとき

カルキ抜きが必要な場面には、ほかにも「水槽用の水として使用するとき」があげられます。メダカや金魚、熱帯魚など、観賞用の魚を飼育する際はカルキ抜きが不可欠です。なぜなら、カルキは私たち人間にとっては無害であっても、魚にとっては有害だからです。仮にカルキ抜きをしていない水道水をそのまま使用すると、魚の体内にカルキが入り込み細胞を破壊してしまう恐れがあります。

さらに、カルキ抜きをしていない水道水は魚だけでなく、水中に生息するバクテリアにも影響を及ぼします。バクテリアは水中の有害物質を分解する微生物であり、魚にとって快適な環境を作る役割を担っています。そんなバクテリアにまで影響が及ぶと水質が悪化する上に、魚が元気に過ごせない環境になってしまうのです。

こうした点から、水道水を水槽用の水として使用する際は、カルキ抜きが欠かせないといえます。

誰でも実践できる!代表的な5つのカルキ抜きの方法

では、水道水をカルキ抜きするにはどうしたらよいのでしょうか?以下で、誰でも実践できる代表的な5つの方法をご紹介します。

水道水を煮沸する

カルキ抜きの方法としてもっともメジャーなのは「煮沸」です。煮沸時間が短いとカルキが残ってしまう可能性があるので、10分以上を目安にじっくり煮沸するようにしましょう。
また、水道水には塩素だけでなく発がん性の「トリハロメタン」が含まれている場合もあります。煮沸時間が10分だと、カルキ抜きはできますがトリハロメタンは増加する恐れがあるので、沸騰してからさらに15分以上は火にかけることが大切です。

水道水を汲み置きする

「汲み置き」も、水道水のカルキを抜く方法のひとつです。バケツに水道水を入れたら、あとは日光の当たる場所に放置するだけなので、誰でも実践しやすくなっています。カルキ抜きにかかる時間は、夏場であれば1〜2時間、曇っているときは1〜2日、冬場は1週間です。季節・気候によって所要時間が左右するので、この点は忘れず覚えておきましょう。

水道水に炭を入れる

水道水をカルキ抜きする際は「炭」を使うのも有効です。炭には浄化作用があるので、カルキのほかトリハロメタンも除去できます。また、水道水に炭を入れると炭に含まれるミネラルが溶け出すため、ミネラルウォーターのような仕上がりになります。

炭を使用してカルキ抜きする際は、水道水に炭を入れ(1Lあたり150g)冷蔵庫で12時間保管するのが一般的です。「少しでも早く浄化したい」という場合は、直射日光に当たる場所で放置するのが吉。そうすると冷蔵庫で保管したときの半分、6時間でカルキ抜きを行えます。なお、炭は洗ったのち煮沸し乾燥させてから水道水に入れるようにしましょう。

水道水にレモンを入れる

カルキ抜きの方法には「水道水にレモンを入れる」というものもあります。レモンに含まれるビタミンCが塩素と結合し「酸化ビタミンC」に変わることで、カルキを除去することができるのです。
レモンを使ってカルキ抜きする場合は、輪切りにしたレモンをそのまま入れる、もしくは市販で購入できるレモン果汁を垂らす(コップ1杯あたり1滴)必要があります。いずれにせよカルキ抜きに時間がかからないので、「水を早く飲みたい(使いたい)」という方にはこの方法がおすすめです。

市販のカルキ抜き剤を使用する

このほか「市販のカルキ抜き剤」を使用するのも一案です。カルキ抜き剤は、大きく分けて「固形状塩素中和剤(ハイポ)」と「液体塩素中和剤」の2種類。固形状塩素中和剤は氷砂糖のような見た目をしており、比較的リーズナブルな価格で購入できます。液体塩素中和剤は、固形状塩素中和剤に比べて中和の精度が高いのでカルキ抜きに最適です。ただし、これらのカルキ抜き剤は飲料水用ではなく、それ以外の水用(たとえば水槽の水など)なので、カルキ抜きした後の水は決して飲まないようにしましょう。

おいしい水を飲みたい!そのときはウォーターサーバーの利用が吉

「カルキ抜きの手間なくおいしい水を飲みたい」という場合は、ウォーターサーバーを利用するのがおすすめです。ウォーターサーバーの水ならカルキ抜きする必要がないので、いつでもすぐにおいしい水を味わえます。また冷水・温水の両方をすぐに用意できるので、使い勝手も抜群です。

アクアクララでは、原水を独自技術「RO膜(逆浸透膜)」でろ過し、1000万分の1mmという小さな不純物も除去した「RO水」を採用しています。もちろんカルキは含まれていないので、お水の風味にクセを感じることはありません。さらに、アクアクララの水には4種のミネラルをバランスよく配合しています。日本人の味覚に合ったお水に仕上がっているので、おいしさを求める方はアクアクララのウォーターサーバーをぜひご利用ください。

なお、アクアクララのお水がおいしい理由は以下の記事で詳しくご紹介しています。ぜひあわせてチェックしてみてください。

天然水ではなくRO膜(逆浸透膜)でろ過した安心安全な軟水

おいしいお水が誕生するまで

まとめ

水道水に含まれるカルキは身体に影響を及ぼさないので、特別気にする必要はありません。しかしカルキが含まれていることで、水道水に苦手意識を持っている方もいるでしょう。そのときは、今回ご紹介した5つの方法でカルキ抜きをしてみてください。煮沸したりレモンを入れたりと手間なく実践できる方法もあるので、誰でも気軽にカルキなしのおいしい水に仕上げられます。

それでも、もし「もっと手軽においしい水を飲みたい」という場合は、ウォーターサーバーの利用がおすすめです。アクアクララでは、カルキや不純物が一切含まれていない衛生的なお水を使用しています。そのため、いつでもすぐにおいしいお水を味わえます。「毎日飲むからこそ水にこだわりたい」という方は、ぜひこの機会にアクアクララのウォーターサーバーの利用をご検討ください。

なお、水道水の概要やミネラルウォーターとの違いについては、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

ミネラルウォーターと水道水は何が違う?どちらが安全?