• ウォーターサーバー百科事典

「沸騰」がカギ?!水道水をおいしく飲む方法とは

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
水道水をおいしくする方法はある?

水道水は、安全で清潔な水を各家庭に供給するために、塩素による消毒を行うことが法律で義務づけられています。そのため、蛇口から出る水道水には微量の塩素が残留しており、独特な臭いと味に抵抗を感じている方も少なくないでしょう。水道法に基づき、厳しい水質検査をクリアした水ですから飲用しても問題はありませんが、どうしても気になる場合は、ここに紹介する「水道水をおいしく飲む方法」を試してみてはいかがでしょうか。

水道水は沸騰させて飲むべき?得られるメリットとは

日本の水道水は塩素で殺菌されているため、「そのまま飲んでも問題ない」と言われています。とはいえ、中には衛生面への不安から、水道水を沸騰させてから飲む方もいるでしょう。
そもそも水道水を沸騰させることで得られるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

水道水を沸騰させるメリットには、まず「塩素や不純物を除去できる」という点があげられます。殺菌のために使用されている塩素は、独特なカルキ臭を放つ原因のひとつ。地域によって臭いの強さに違いはありますが、「臭いが気になって飲めない」「おいしくない」という方は少なくありません。
水道水を沸騰させれば塩素を除去でき、ひいてはカルキ臭がしなくなるため、臭いや味に違和感なく飲めるようになるのです。

また、水道水には塩素だけでなく不純物も含まれています。中でも問題視されているのが「トリハロメタン」です。トリハロメタンは塩素消毒をすることによって発生する物質で、体に悪影響を及ぼすと懸念されています。しかし、実際に各家庭へ供給されるのは「厳しい水質検査をクリアした水」なので、トリハロメタンによる影響を受けることはありません。そのため、さほど気にする必要はありませんが、どうしても心配な方は水道水を沸騰させてから飲むとよいでしょう。塩素と同じく、トリハロメタンも沸騰させることによって除去できます。

このほか、「赤ちゃんをはじめ家族全員で飲めるようになる」のもメリットのひとつです。とくに赤ちゃんは内臓機能が未熟なため、「水道水を与えるのは心配」という方も少なくありません。水道水は塩素によって殺菌されているので、そのまま飲ませても細菌感染の心配はないといえます。しかし、塩素や不純物が赤ちゃんの体に負担を与えてしまう可能性はゼロではないので、水道水を飲ませる際は念のため沸騰させるのが賢明です。そうすることで塩素や不純物を除去でき、赤ちゃんにも安心して与えられるようになります。

水道水をおいしく飲む方法

水道水が不味く感じられるのは、水に含まれる微生物や化学物質を除去するために用いた塩素が大きな原因です。水道水に残留した塩素を完全に除去するのは困難ですが、一手間加えるだけで水道水を飲みやすくすることができます。

水を沸騰させる

繰り返しになりますが、水道水を沸騰させると塩素臭を軽減させることができます。沸騰する時間が短いと、効果を得られない場合がありますので、10分以上じっくり沸騰させますが、その際空焚きには気をつけましょう。沸騰させ続ければ、塩素は空気中に蒸発していきます。沸騰させた後は、ふたをせずに熱を冷まします。

沸騰させた水道水は冷蔵庫で保存できますが、それでも早めに飲み切ることが大切です。なぜなら、沸騰により殺菌効果のある塩素が除去されたことで、時間が経つと雑菌が繁殖する可能性があるため。冷蔵庫での保存期間は2〜3日を目安とし、飲用・調理用などで早めに使い切りましょう。

このほか、沸騰させた水道水は赤ちゃん用のミルク作りにも使用できますが、沸騰直後の使用は避けなくてはなりません。水の温度が高すぎると栄養素が失われてしまう可能性があるため、ミルク作りの際は適温になるまで冷ましてから使用するようにしましょう。

水を冷やす

水は、夏場なら7~10℃、冬場なら12~15℃が最もおいしく感じる温度と言われています。蛇口から出る水道水の温度は、年平均16~17℃前後ですから、これを容器に移し冷蔵庫に入れて適度に冷やせば、だいぶ飲みやすくなります。ただし、あまり冷やしすぎると、軟水のまろやかさを感じにくくなってしまうので注意しましょう。

炭を入れる

炭には、塩素を吸着する性質があります。水道水1Lに対して100gの炭を入れて一晩寝かせておけば、臭いや独特の味を除去するだけではなく、ミネラル含有量アップも期待できます。

レモン汁を入れる

コップ一杯の水道水に対し、1~4滴のレモン汁を入れると、レモンに含まれるビタミンCが水道水に含まれる酸化物質を除去し、すっきりとして飲みやすくなります。市販のレモン汁を準備しておけば、来客時にもすぐにおいしい水を作ることができます。

アクアクララがあれば簡単においしいお水が飲める

仕事から帰った後、お風呂あがり、友人を招いてのパーティーなど、いつでも簡単においしい水が飲みたい、毎日飲むものだからこそ、不純物が含まれない安全な水を飲みたい……そんな時、アクアクララのウォーターサーバーがあれば、簡単においしいお水を飲むことができます。

不純物を除去したRO水を使用

アクアクララは、不純物を除去したRO水を使用しています。原水をRO膜(逆浸透膜)でろ過することによって1000万分の1mmという細かな不純物まで除去し、クリアで限りなく純水に近い水を実現。塩素やほかの不純物を一切含まないので沸騰させる手間を省くことができ、かつ安心して飲むことができます。

4種のミネラル成分をバランスよく配合

アクアクララでは、不純物を除去したRO水に4種のミネラル分をバランス良く配合しています。これにより、まろやかでおいしい軟水に仕上がっています。また、アクアクララのウォーターサーバーがあれば冷水・温水を手軽に用意することができるため、赤ちゃんのミルク作りも楽に行えます。

なお、アクアクララのお水に関しては以下の記事で詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

天然水ではなくRO膜(逆浸透膜)でろ過した安心安全な軟水

定期メンテナンスで衛生面も安心

アクアクララのウォーターサーバーは、定期メンテナンスによって常に衛生的な状態を保ちます。メンテナンスでは、ひとつひとつのパーツを分解し徹底的に洗浄。傷んでいるパーツがあれば交換し、新品に近い状態を保ちます。さらに、組み立て後は全体的に除菌洗浄を行い、衛生面を保つためウォーターサーバーの内部に抗菌材を挿入します。こうした作業を定期的に行うことで、清潔なウォーターサーバーをキープしているのです。

なお、定期メンテナンスについて以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ウォーターサーバーの使い方やボトル交換・お手入れ方法は?

まとめ

水道水は、身近なもので一工夫するだけで、飲みやすくおいしい水に変身させられることがわかりました。ですが、これを毎日作り続けるのはなかなか大変。手間をかけず、いつでも安全でおいしい水を飲みたいという方には、ウォーターサーバーのご利用がおすすめです。

アクアクララでは、塩素や不純物を一切含まないRO水を使用しています。4種のミネラルをバランス良く配合しているため、おいしく衛生的なお水を毎日味わうことができます。
「利用しようか悩んでいる」という方は、ぜひこの機会にアクアクララのウォーターサーバーに目を向けてみてください。