• ウォーターサーバー百科事典

ウォーターサーバーをレンタルしておいしいお水を毎日味わおう!

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

ウォーターサーバーは一般的にレンタルで利用されており、メーカーによってレンタル料の有無は異なります。レンタル料が無料の場合は月々の費用を抑えられるものの、無料だからこそ「機能性が心配」「解約しづらいのでは?」と不安を感じる方もいるかもしれません。

そこで今回は、ウォーターサーバーの「レンタル」と「購入」の違いをはじめ、無料レンタルに関する気になること、レンタル料以外で発生する費用などについてご紹介します。ウォーターサーバーの利用を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

ウォーターサーバーの「レンタル」と「購入」の違いとは?

ウォーターサーバーを利用するにあたり、「レンタルと購入、どちらがよいのかわからない」と悩むこともあるかもしれません。

そもそもレンタルは、ウォーターサーバーのメーカーから本体を借り、水を配達してもらう方法です。これに対し、購入はウォーターサーバー本体を買い取り利用する方法です。これら2つの主な違いは「利用するにあたり支払う費用」だといえます。

メーカーによって料金は異なりますが、レンタルの場合、月々の支払いは1,000円程度が相場のようです。これに対し、購入の場合は数万円以上の費用が発生するため、初期費用が高額になってしまいます。とはいえ、購入したあとは「レンタル料」が発生しないので、長く利用する場合はお得になることもあるでしょう。

上述したことからわかるように、ウォーターサーバーのレンタルと購入は「費用面」で大きな違いがあります。そのため、どちらが自分に適しているかを考えて選ぶことが大切です。

レンタル?購入?ウォーターサーバーの主な利用方法

ウォーターサーバーは、レンタルでの利用が主流となっています。

本体を購入すると費用が高額になりますが、レンタルであれば初期費用を大幅に抑えることが可能です。また、ウォーターサーバーのレンタルには、「無料」と「有料(月々の支払いが必要)」の2つのパターンがあります。無料か有料かはメーカーによって異なりますが、たとえ有料であっても高額な費用がかかることはありません。そのため、ウォーターサーバーはレンタルで利用する方が多いのです。

レンタルが選ばれている理由には、修理代・メンテナンス費用が抑えられることもあげられます。
たとえば、ウォーターサーバー本体をメンテナンスしようとしたとします。このとき、レンタルであれば「無料保証期間」を設けていたり、月々の支払いにメンテナンス料が含まれていたりするので、大きな出費はほとんどありません。一方で、購入の場合はメンテナンスにかかる費用を全額自己負担する必要があります。こうした点から、費用を抑えられるレンタルを利用する方が多いといえます。

疑問を解消しよう!ウォーターサーバーの無料レンタルに関する気になること

前述したように、ウォーターサーバーは無料でレンタルすることもできます。しかし、無料だと「何か裏があるのではないか」と不安に感じる方も少なくありません。そこで、以下ではウォーターサーバーの無料レンタルに関する気になる疑問について解説します。

無料レンタルできるウォーターサーバーは壊れやすいの?

無料レンタルできるウォーターサーバーは壊れやすい、ということは決してはありません。
そもそも、なぜ無料でレンタルできるのかというと、注文ノルマ(「月に◯本以上の水を購入する」などの条件)を設けていたり、水代に送料やレンタル料が含まれていたりするためです。「ウォーターサーバーそのものが劣化しているから無料」ということは一切ないので、正しく使用していれば、長く使い続けられるといえます。

無料レンタルだと故障やメンテナンスは対応してもらえないの?

「無料レンタルの場合、故障やメンテナンスはどうなるのか?」と疑問に感じている方もいるでしょう。結論からいうと、メーカーによって対応の可否は異なります。

故障に関しては、適切な利用をしていたのにも関わらず壊れてしまった場合に限り、対応してくれるメーカーがほとんどです。ただし、メーカーによっては追加費用がかかることもあるため、料金についてあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

メンテナンスに関しては、1〜3年に1度メンテナンス済みのウォーターサーバーと交換してくれるメーカーもあれば、そもそもメンテナンスに対応していないメーカーもあります。また、「クリーン機能搭載の製品に関してはメンテナンスを実施していない」などと、使用する製品でメンテナンスの対応可否が異なるメーカーもあるので、あらかじめ詳細を確認しておく必要があります。
とはいえ、基本的には無料レンタルであってもメンテナンスに対応してもらえるところが多くなっています。そのため、「無料だから対応してもらえない」ということはほとんどありませんが、メンテナンスを実施する際は別途費用がかかる場合がありますので注意してください。

解約はいつでもできるの?

無料レンタルだと当面の間は解約できず、「長く使い続けなくてはいけないのでは?」と考える方もいますが、これは有料レンタルでも同じことがいえます。基本的に、ウォーターサーバーのレンタルには「最低利用年数」が設けられているもの。メーカーによって最低利用年数は異なりますが、定められた年数を利用しなかった場合は解約金が発生します。そのため、「無料だから」ということはないのです。ウォーターサーバーをレンタルする際は、あらかじめ最低利用年数や解約金について確認しておきましょう。

レンタル料のほかにもある!ウォーターサーバーの費用一覧

ウォーターサーバーを利用する際、必要となる費用はレンタル料だけではありません。たとえレンタル料が無料であっても、ランニングコストが発生します。そこで、実際にどのような費用が必要になるのか、以下にてご紹介します。

まず、ウォーターサーバーを利用するには「電気代」がかかります。というのも、ウォーターサーバーの最大の特徴は、手軽に温水・冷水が使用できること。機能を活かすには電源をONにしておく必要があるため、毎月平均で600~1,000円ほどの電気代がかかるのです。
なお、「電気代を節約しよう」と考えて電源をOFFにすると、衛生状態を保てなくなってしまいます。そのため、ウォーターサーバーの電源は決して切ってはいけません。もし電気代を節約したいのであれば、省エネ機能が搭載されたウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。

ウォーターサーバーの利用にかかる費用には「水代」もあります。利用するメーカーによって水代は異なりますし、注文するボトル数によっても金額は変わってきます。そのため、具体的な費用についてはあらかじめメーカーに確認してみましょう。

このほか「保守・メンテナンス代」も必要です。毎月発生するものではありませんが、ウォーターサーバーを安心して利用するためには、定期的に保守・メンテナンスを実施することが大切です。
なお、保守・メンテナンス代についてもメーカーによって費用は異なるため、前もって確認しておくようにしましょう。

ウォーターサーバーにかかる費用は?ランニングコストにも注意しよう

レンタル料はなし!アクアクララのウォーターサーバーのすすめ

アクアクララでは、ウォーターサーバーのレンタル料をいただいていません。毎月1,100~3,300円の「あんしんサポート料」をいただいており、これには「ボトル宅配料」「ウォーターサーバーの定期メンテナンス」「故障対応などの品質管理」などの費用を含んでいます。予想外の追加費用が発生することがないので、費用面を気にせずウォーターサーバーをお使いいただけます。

料金 ウォーターサーバーのスペックと価格・水の値段

まとめ

ウォーターサーバーは「レンタル」と「購入」の2つから選ぶことができ、一般的に多く利用されているのはレンタルです。レンタルであれば初期費用を大幅に抑えることができるため、「費用をあまりかけずにウォーターサーバーを利用したい」と考える方におすすめといえます。
レンタル料が無料であれば、さらに初期費用を抑えることができます。ただし、注文ノルマが設けられていることもあるので、前もって確認しておくことが大切です。

アクアクララのウォーターサーバーは、レンタル料がかからないうえに、注文ノルマも設けていません。またお水は定期購入ではないので、好きなタイミングでご注文いただけます。
ウォーターサーバーの導入に悩んでいる方は、この機会にぜひアクアクララの利用を検討してみてはいかがでしょうか。