• ウォーターサーバー百科事典

ウォーターサーバーなら白湯作りが簡単!作り方や効果について

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

飲むことで身体によい働きをもたらすといわれている「白湯」。ウォーターサーバーを活用すれば、手間隙かけることなく作ることができます。

そこで今回は、ウォーターサーバーで白湯を作る方法やウォーターサーバーを活用するメリットなどをご紹介します。また、白湯を飲むおすすめのタイミングと飲む際のベストな量も解説しているので、ぜひご参考にしてください。

そもそも白湯とは?

白湯とは、水を沸騰させて50℃程度の温度にまで冷ました飲み物です。白湯を飲むメリットと一般的な作り方は以下のとおりです。

白湯を飲むメリット

白湯を飲むことには、「冷え性を改善できる」というメリットがあります。
冷え性の主な原因は血流障害といわれていますが、冷たい水ばかり飲むことによって引き起こされることもあります。
そのため、冷え性に悩んでいるのであれば、冷たい水ではなく白湯を飲むようにするのがおすすめです。白湯を飲めば身体が内側から温まり血流がよくなるため、冷え性の改善効果が期待できます。

このほか、「デトックス効果やダイエット効果が期待できる」ことも白湯を飲むメリットです。
白湯を飲むことによって内臓が温まり、内臓機能が活性化することで、体内の老廃物が排出されやすくなります。これはむくみの改善・予防につながるため、ボディラインをすっきり見せることができるのです。

なお、白湯を飲むメリットは以下の記事で詳しくご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

白湯の知られざる効果とは?!作り方・飲み方とあわせてご紹介

一般的な白湯の作り方

水道水で白湯を作る場合は、まずやかんに水道水を入れて火にかけます。このとき、水道水は必要量よりも少し多めに入れるようにしましょう。なぜなら、水道水には塩素と有害なトリハロメタンが含まれており、トリハロメタンを除去するには沸騰してから10〜15分以上沸かし続ける必要があるからです。沸騰時間が長いと水道水が蒸発して量が減るので、多めに入れておくのがおすすめです。
なお、煮沸時間が短いとトリハロメタンが増加する恐れがあるので、「面倒だから」といって時間を短縮しないようにしましょう。

水道水を十分に沸騰させたら、50℃程度の温度にまで冷まして完成です。

手軽に作れる!ウォーターサーバーで白湯を作る方法

ウォーターサーバーを使えば、白湯をより簡単に作ることができます。具体的には、温水を注いだあと50℃程度の温度になるまで冷めるのを待つだけです。一般的にウォーターサーバーの温水の温度は80〜90℃といわれています。そのため、50℃程度の温度になるまで多少時間がかかりますが、水を沸騰させる必要がないので、やかんを使って作る場合に比べて短時間で完成します。

もし「冷ます時間がない」という場合は、温水と冷水を混ぜるとよいでしょう。コップの中に温水を8割程度注ぎ、冷水を加えて温度を調整します。これにより、50℃程度の温度になるまで冷ます必要がありません。

白湯作りにウォーターサーバーを活用するメリット

ウォーターサーバーで白湯を作るメリットは、以下のとおりです。

白湯作りの手間が省ける

ウォーターサーバーを活用すれば、白湯作りの手間を省けます。

やかんを使って白湯を作る場合は、前述したように、水を沸騰させたあとトリハロメタンを除去するためさらに10〜15分以上沸かし続けなければなりません。また、そのあと50℃程度の温度になるまで冷めるのを待つ必要もあります。

その点、ウォーターサーバーならお湯をすぐに準備できます。くわえて、ウォーターサーバーの水には塩素とトリハロメタンが含まれていません。そのため、温水を注いだあとは50℃程度の温度になるまで冷めるのを待つだけです。冷ます時間がないときは冷水を加えることで、すぐに50℃程度の温度に調整できます。

おいしい水で白湯を作れる

ウォーターサーバーで使用されている水は、主に「天然水」と「RO水」の2種類です。

天然水 RO水
特定の水源から採水した水。採水場所によって味を左右するミネラル成分の種類や量が異なるため、その水ならではの味を楽しめる。 RO膜(逆浸透膜)を使ったろ過システムによって、原水に含まれる塩素やトリハロメタンなどの不純物を除去した水。ほかの不純物と一緒にミネラル成分も除去されますが、多くのメーカーでは不純物を除去したあとにミネラル成分を配合しているので、メーカーによって違う味を楽しめる。

利用するメーカーによって採用している水の種類は異なりますが、衛生に配慮しているのはもちろん、味も整えられているので、白湯も一段とおいしく作ることができます。

白湯を飲むのが習慣化しやすい

ウォーターサーバーを活用すれば、白湯を飲むのが習慣化しやすくなります。
たとえば時間がないとき、ウォーターサーバーがあればお湯を注ぐだけで白湯が作れます。冷水を加えて温度調整をすれば、50℃程度の温度になるまで冷めるのを待つ必要もありません。やかんを使う場合に比べて手軽に白湯を作れるため、無理なく習慣化することができます。

ウォーターサーバーの利用ならアクアクララがおすすめ!

白湯作りにウォーターサーバーを活用するなら、アクアクララがおすすめです。

アクアクララでは、RO水を採用しています。RO膜(逆浸透膜)を使ったろ過システムで水道水に含まれる不純物を除去しているため、取水したお湯を再び沸かすことなく白湯として飲むことができます。これにより、白湯作りにかかる時間と手間を省くことができます。

さらにアクアクララでは、ウォーターサーバーのお水に4種類のミネラル成分をバランスよく配合しています。そのため、おいしいお水で白湯を作ることができます。

「白湯作りの手間を省きたい」「おいしい水で白湯を作りたい」という方は、アクアクララのウォーターサーバーの利用をぜひ検討してみてください。

天然水ではなくRO膜(逆浸透膜)でろ過した安心安全な軟水

【おまけ】白湯はいつ飲めばよい?飲む量は?

最後に、白湯を飲むベストなタイミングと、飲む際のベストな量をご紹介します。

飲むタイミング

白湯を飲むベストなタイミングは、朝起きたときと夜眠る前です。

私たちは寝ている間にたくさんの汗をかいており、それに伴って体内の水分が失われています。失われた水分を補うためにも、朝起きたときに白湯を飲むとよいでしょう。
夜眠る前に白湯を飲むのがよい理由は、寝つきがよくなるからです。白湯には、神経を鎮めてくれるリラックス効果があるといわれています。そのため、夜眠る前に白湯を飲めば快適な睡眠を得ることができるでしょう。

飲む量

飲む白湯の量は、1日あたり800ml程度に留めておくことが大切です。
白湯を飲むことには「冷え性を改善できる」「デトックス効果やダイエット効果が期待できる」といったメリットがありますが、飲み過ぎると白湯のデトックス効果によって腸内に必要な栄養まで流れてしまう可能性があります。そのため、白湯の飲み過ぎには十分注意しましょう。

まとめ

白湯を飲むと身体の内側から温まるので、冷え性の改善効果が期待できます。また、内臓が温まることで内臓機能が活性化し、デトックス効果やダイエット効果も期待できるでしょう。
このように、白湯は私たちの身体によい働きをもたらすので、積極的に飲むのがおすすめです。

ウォーターサーバーを活用すれば、水を沸騰させることなく、温水を注ぐだけで白湯を作ることができます。白湯作りを楽にしたい方は、ぜひウォーターサーバーを活用してみてください。